夏の参院選に向け、各党のスポーツ選手やOBの擁立ラッシュが続いている。

 知名度が高く清新な印象が「即戦力」になると見て、無党派層の票獲得を期待しているためだ。

 民主党は五輪メダリストを3人そろえた。10日に発表された柔道の谷亮子氏(34)と、元体操選手の池谷幸雄氏(39)を比例選に、競輪選手の長塚智広氏(31)を茨城選挙区から、擁立する。

 プロ野球界からも引っ張りだこだ。自民党は、比例選で読売巨人軍前監督の堀内恒夫氏(62)、秋田選挙区には近鉄、巨人などで活躍した石井浩郎氏(45)を立てた。たちあがれ日本も、元巨人の中畑清氏(56)を比例選で擁立する方針だ。国民新党はプロレスラーの西村修氏(38)を比例選候補として公認した。

 スポーツ選手などの候補者がいないみんなの党の渡辺代表は10日、「アジェンダ(政策課題)のもとに集まった覚悟の集団というのが最低条件だ」と語り、けん制した。

「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
国外移設も…民主6議員、サイパンなど視察へ(読売新聞)
【科学】鉄より強いプラスチック開発(産経新聞)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)