金沢市二俣町のがけ下で、頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、遺体が入っていたスーツケースは22日夜から26日早朝の間に現場に捨てられた可能性が高いことが30日、第一発見者らへの取材で分かった。石川県警金沢中署捜査本部は同日午後から遺体を司法解剖し、詳しい死亡時期や死因などを調べている。
 捜査関係者によると、遺体は死ろう化しており、密閉され外気に触れない状態が長期間続いていたとみられる。
 スーツケースは付近で道路工事をしていた男性会社員(44)が見つけ、29日に通報した。 

【関連ニュース】
がけ下に頭部のない女性遺体=スーツケースに全裸で

3千万ドルの追加支援表明 岡田氏、ハイチ支援国会合で(産経新聞)
無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で-財務省(時事通信)
大型トラック正面衝突、双方の運転手死亡(読売新聞)
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)
UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)