8日から14日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり2.81人で、3週連続で減少したことが19日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。佐賀を除く46都道府県で前週より減少し、すべての都道府県で流行の注意報レベルの目安となる「10」を下回った。
 1週間の受診患者は推計約15万人で、ほとんどが新型とみられる。昨夏以降の累計は約2043万人。 

【関連ニュース】
インフル脳症、285人届け出=例年の5~8倍
インフル患者、さらに減少=週推計22万人
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向

<岐阜刑務所>看守部長が同僚の金盗み懲戒(毎日新聞)
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示(時事通信)
ハイチ大地震 政府がPKO実施計画を閣議決定へ(産経新聞)
<陸上幕僚長>連隊長発言「適切でない」(毎日新聞)
普天間移設案の決定見送り=国民新(時事通信)