参院本会議での代理投票問題の責任を取って議員辞職した自民党の若林正俊元農水相(75)は2日午前、国会内で記者会見し、「青木幹雄前参院議員会長がすぐ戻ってくると思って投票ボタンを押した。魔が差したとしかいいようがない。許されざる行為だ。申し訳ありませんでした」と陳謝した。

  [フォト]青木氏の机に手を伸ばす若林氏

 若林氏は3月31日の参院本会議で、NHK予算案の採決の際、席をはずしていた隣席の青木氏の「賛成」ボタンを押していた。本会議では高校無償化法案など10法案の採決が行われた。若林氏はすべて「代理投票」したことを明らかにした上で「青木氏から全く依頼はなかった」と語った。

 議会制民主主義の根幹を揺るがす前代未聞の不祥事だけに、若林氏は議員辞職願を2日午前に江田五月参院議長に提出。その後の本会議で許可された。

【関連記事】
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相

新党5人で発足方針=与謝野氏ら、5日に準備会合(時事通信)
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有(産経新聞)
<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山(産経新聞)
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ-スーツケース遺体事件(時事通信)