直嶋正行経済産業相は16日の閣議後会見で、政府が3月上旬にも国会に提出する予定の「地球温暖化対策基本法(仮称)」に、地球温暖化対策税(環境税)など温室効果ガス削減の具体策を書き込むことについて「無理がある」と否定的な見通しを示した。

 環境省は15日に開かれた基本法に関する関係閣僚委員会の副大臣級会合に、国内排出量取引制度や環境税の導入などを盛り込んだ素案を提出した。

 これについて直嶋経産相は「(排出量削減の)国際的な枠組みが決まらないなかで、あまり細部を議論しても仕方がない」と指摘。排出量取引制度や環境税について「国民の声は賛否両面がある。いまの時点で、具体的な内容まで決めていくのは率直に言って無理がある」とし、「基本法ではあまり踏み込んだ内容は書けないのではないか。書けば先々、(政策的に)齟齬(そご)をきたすのではないか」と述べた。

【関連記事】
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声
「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」鳩山首相
温暖化で最強ハリケーンの発生頻度2倍に上昇か
【日本の議論】エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?

<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)
頭から流血、女性ひき逃げ死…茨城・龍ヶ崎(読売新聞)
<石巻2人刺殺>17歳無職少年「元交際相手が3人刺した」(毎日新聞)
【お財布術】「確定申告」編 退職や副業…還付も(産経新聞)
<名古屋市>自民党市議員団、住民投票条例案提出へ(毎日新聞)