政府は24日、国連ネパール政治派遣団(UNMIN)に派遣している陸上自衛隊の活動を7月31日まで4カ月間延長する方針を決めた。国連安全保障理事会が1月にUNMINの活動期間を延長したことに伴う措置。3月2日に実施計画を閣議決定する予定。国連平和維持活動(PKO)協力法に基づいて07年3月から非武装の軍事監視要員として陸自隊員6人を派遣し、ネパール共産党毛沢東主義派の武装解除のため、武器や兵士の監視にあたっている。期間延長は今回で5回目。【野口武則】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
南アフリカ:北朝鮮の武器密輸を摘発 国連制裁委に報告
IAEA:新議長にマレーシアのヤーコブ氏を選出
北朝鮮:国連安保理の経済制裁に不満表明 事務総長特使に
タイ:北朝鮮発の貨物機に兵器…乗員を不起訴 検察当局

自公支援の中村氏、民主系候補を破る(読売新聞)
少子高齢化、人口減少…日本経済、繁栄持続の道は(産経新聞)
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求-東京地裁(時事通信)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)