神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮は18日、強風で倒れた大イチョウの一般公開を始めた。

 八幡宮では、大イチョウの移植作業が終了したため、本殿正面の大石段の通行止めを解除。移植された幹や、残された根元部分からの芽吹きを祈る神事を行った。

 参拝客ら約1000人を前に、吉田茂穂宮司は「横たわる姿を受け入れることができず、つらい思いをしたが、一緒に再生を祈っていただきたい」と訴えた。

 仲間と一緒にウオーキングに来たという同県藤沢市の深沢孝俊さん(67)は「折に触れて参拝してきた。シンボルが消えて寂しいけれど、移植で希望が持てて良かった」と話していた。

 前日に境内に設けられた記帳所にも多くの参拝者が列を作り、約1500人が記名した。

民家全焼、4人死傷 大阪・茨木(産経新聞)
カート事故でカメラマン書類送検へ=石川遼取材のTBS下請け会社-高知県警(時事通信)
レンタル期限の神戸のパンダ、中国と交渉大詰め(読売新聞)
母親、殺人容疑で逮捕=2カ月女児揺さぶる-大阪府警(時事通信)
雑記帳 「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)