付き合っていた彼が他の女性と浮気をしていた、夫が会社で不倫をしていた等と云った事実を気付いた時、大抵の人はショックを受けると共に凄い怒りをおぼえると思いる。
カーッと頭にきて、勢いで自身から別れを告げる事もあるだろう。
しかしよく考慮すると寂しいし悔しいし、やっぱり復縁したい、と云う依頼も、時に探偵会社には入ってくるのだ。

しかしここで復縁の為に捨てた自身の夢や、留めた趣味等を大げさに相手に伝達しない事が肝心である。
怪しむ余地もなく自身の癖を直す事や趣味をガマンして捨て去る事はたいへんな努力が必要だったと思いるが、それを伝達してしまうと恩着せがましく取られて逆効果である。
またもう1度やり直したい気持ちが溢れて「あの頃のように・・・・・・」と云う言葉を使用してしまう人もいるが、別れた理由に拠っては「あの頃の」嫌なイメージが思い出されてしまうかも知れないので注意が必要である。

一つ目は、仕事帰りに駅でばったり会うシチュエーションである。
相手の乗ってる電車が理解出きたら、同じ電車の別車両に乗り込み、駅に着いたら1度電車を降りてホームから相手のいる車両へ乗る。
偶然、同じ電車ではち合わせた設定となる。

もう1つ、確認しておきたいのは、本人を甘やかす親の実在である。
浪費癖がある人は、お金に困ったら親に頼れば良いと甘く考慮している事がある。
復縁が可能かどうか決断する際に、本人の更生と併せて親の実在も一つの決断材料となる。



カテゴリ
タグ