皆さんは恋愛小説がお好きであろうか?
「小説は好きだが恋愛小説は詠まない」と云う人もいれば、逆に「小説はあまり詠まないが恋愛小説だけは詠む」と云う方もいるだろう。
小説と云うと、難しくてとっつきにくい感覚がするが、どちらかと云うと恋愛小説のほうが、親しみ易いのかも知れない。
一生一代のロマンスもあれば、その辺に転がってるような身近な恋の物語もあるだろう。

今では、テレビでもニューハーフの芸能人がおおく活動している。
自身が性同一障害である事を隠さずにオープンにしている人もおおくなった。
これは病気であるから「おかま」と云ってバカにする事は出きない。
自身がゲイだと公表している海外のミュージシャンや俳優もいる。

また、全部の恋愛の結末がハッピーエンドで完結する事から、悲しい恋に泣く必要もないのである。
主人公と一緒にロマンスを味わい、幸せな気持ちに浸る事が出きる恋愛小説が、ハーレクインロマンスと云う事に成る。

自身の怒りを殺して、相手が反省している事を把握してあげ、「もう1回チャンスをあたえた」と云う事であるからだ。
私は女性としてこの時の彼女を尊敬する。
そして、自身も他人にけなされて、腹が立った時には、彼女の真似をしている。
「あ!それ傷ついた!30秒以内に気持ちが良くなるような事を云って!」と云うようにしている。
恋愛小説家」と云う映画を観て、私なりに1番勉強になった事がこのエピソードだと思いる。



カテゴリ
タグ