2020年06月の記事一覧

ドゥロンの日記へようこそ!

月別アーカイブ:2020年06月

  • 日記

    皆さんは恋愛小説がお好きであろうか?「小説は好きだが恋愛小説は詠まない」と云う人もいれば、逆に「小説はあまり詠まないが恋愛小説だけは詠む」と云う方もいるだろう。小説と云うと、難しくてとっつきにくい感覚がするが、どちらかと云うと恋愛小説のほうが、親しみ易いのかも知れ

    記事を読む

  • 日記

    ホームページのメルマガを作成する事も宣伝に成る。読者にメルマガ登録してもらい、新しい恋愛小説が記述出きたら、一斉にメールでお知らせする事も手だと思いる。連続小説の次をアップしたら、その胸をお知らせしたり、次回作品に取り掛かってる様子を気付いてもらったり、作品の

    記事を読む

  • 日記

    「恋愛小説家」と云う映画の中で、私が好きなシーンにかんしてお談じている続きである。勿論、ドレスアップとまでは行こないが彼女なりに、頑張ってお洒落をしてきたと思いる。それなのに彼女を観た瞬間、主人公は「なんで普段着なの?」みたいな事を云うのである。デートなのに、こんな

    記事を読む

  • 日記

    其れから恋愛小説で「友情が愛情へ」と変わるパターンのものもある。初めは異性の友達で、殊更に意識しないでいたけれど、あるときから、異性として意識するようになり、これが恋愛に発展するまでの事を描いた恋愛小説もある。こうしたストーリーは若い人にうけるようで、人気が出た

    記事を読む

  • 日記

    また、主人公は、病的なまでの潔癖性である。その治療にカウンセリングにとおってるほどである。自身以外の何もかもが不潔におもえる潔癖症。これでは、女性と付き合うのもたいへんだろう。と云うか女性が愛想を尽かすのも目にみえる。その年のアカデミー賞も獲得している。ジャック・

    記事を読む

  • 日記

    現状では、恋愛小説の題材で同性愛が取り上げられる事もある。勿論、同性愛だって、立派な恋愛で在り、誰にも責める資格はないのである。であるが、昔、ゲイはタブー扱いされ、堂々と陽の目を観る事はなかったように思いる。この作品の効果は、俗称、「ウェルテル効果」と呼称されているが

    記事を読む

  • 日記

    古い恋愛小説である「赤と黒」のストーリーにかんして談じている。主人公、ジュリアンはマチルドと結婚する事で、出世する。ついに軍人になれ、ジュリアンにとってこの結婚は幸せな事ばっかりだった。例を挙げると、同窓会で初恋の人と再会して恋に落ちたり、当時の恋人と再会してまた

    記事を読む

  • 日記

    古典の恋愛小説である、「赤と黒」のストーリーにかんしてお談じている続きである。軍人を諦め聖職者を目指すジュリアン。彼が聖職者を目指した理由は、聖職者が高収入であり贅沢な暮らしをしていたからである。それに憧れての事である為、殊更に神様に仕えたいからと云う気持ちから

    記事を読む

  • 日記

    一般的に恋愛物と云われる小説を「ロマンス小説」とよぶ。また、これらは「恋愛小説」と呼称されるケースの場合もある。我々は殊更に気にせず、これらの小説の事を「恋愛小説」とよんだり、時には「ロマンス小説」とよんだりする。では、これらの呼び名のちがいはどういった定義によるもの

    記事を読む

  • 日記

    そして、赤と黒、これは、カジノ等で観るルーレットの色でもあると云われている。ジュリアンのギャンブル的な人生を例えていると云う事である。であるが、肝心の作者自身は題名の由来にかんしては、談じていないそうであるから、どれも詠んだ側が勝手に考慮した由来だろう。当然、キャ

    記事を読む

  • 日記

    恋愛小説、「若きウェルテルの悩み」をご案内している続きである。さて、ウェルテルがロッテに恋をした時、ロッテはとっくに婚約していた。彼はロッテを想い、苦しみ、とうとう最後はピストルで自殺をしてしまう、と云う内容である。このストーリーは、現実にゲーテの知人が失恋したせい

    記事を読む

  • 日記

    超有名な恋愛小説である、「赤と黒」のお話をつづける。その学校でもジュリアンは頭脳を発揮し、校長であったピラール神父にその才能を買い付けてもらえる。その結果、大貴族であるラ・モル侯爵の秘書にジュリアンが推薦されたのである。これはジュリアンにとって大きなチャンスにな

    記事を読む

  • 日記

    恋愛小説、「初恋」にかんしてお談じている続きである。ツルゲーネフが記述したこの作品の舞台は、1833年。当時16歳だった主人公は、モスクワ郊外にある別荘に行き、夏の間はそこで過ごしていた。1833年と云えば、日本であると、江戸時代の終わりくらいのである。青年は、隣の別荘にやっ

    記事を読む

  • 日記

    ホームページを立ち上げて、貴方の恋愛小説をアップする方法であるが、これはオリジナルに限る。当然の事であるが、誰かの作品をコピペしたものは使用出きない。それをあたかも自身が記述したように見せていたのなら、著作権を侵害する事に成るからだ。この点に気を付けて欲しい。恋

    記事を読む

  • 日記

    皆さんは恋愛小説がお好きであろうか?「小説は好きだが恋愛小説は詠まない」と云う人もいれば、逆に「小説はあまり詠まないが恋愛小説だけは詠む」と云う方もいるだろう。小説と云うと、難しくてとっつきにくい感覚がするが、どちらかと云うと恋愛小説のほうが、親しみ易いのかも知れ

    記事を読む

  • 日記

    映画、「恋愛小説家」のお話をしている続きである。キャロルは生活が苦しくても、何時もニコニコしていた。そして、主人公とは逆に何時も相手の事をおもって行動している。このようにして、全くちがう2人の恋愛だから、余計に興味深いのだろう。さて、最後にご案内する方法である。自身で

    記事を読む

  • 日記

    皆さんは恋愛小説がお好きであろうか?「小説は好きだが恋愛小説は詠まない」と云う人もいれば、逆に「小説はあまり詠まないが恋愛小説だけは詠む」と云う方もいるだろう。小説と云うと、難しくてとっつきにくい感覚がするが、どちらかと云うと恋愛小説のほうが、親しみ易いのかも知れ

    記事を読む

  • 日記

    数ある小説の中でも、殊更に恋愛小説が大好きと云う方も少なくないだろう。殊更に女性は恋愛小説にはまってる人も少なくないのじゃないだろうか?では、普通の小説と恋愛小説は、どのようなちがいがあるのだろうか?ここでは、恋愛小説にかんしてお談じるる。であるが、その家では、侯

    記事を読む

  • 日記

    貴方の記述した恋愛小説が、もし売れればラッキーである。であるが、初期投資が大きいだけに、売れなかったケースの場合の危険度も大きいのである。無名の作家の本がヒットするのは、そうそうある事ではあらないから、あまり待望は出きない。勿論、借金までして本を出すほど、娯楽にお

    記事を読む

  • 日記

    映画、「恋愛小説家」のお話をしている続きである。キャロルは生活が苦しくても、何時もニコニコしていた。そして、主人公とは逆に何時も相手の事をおもって行動している。このようにして、全くちがう2人の恋愛だから、余計に興味深いのだろう。まず、ロマンス小説とは、一般的に若い人達

    記事を読む

  • 日記

    貴方の記述した恋愛小説が、もし売れればラッキーである。であるが、初期投資が大きいだけに、売れなかったケースの場合の危険度も大きいのである。無名の作家の本がヒットするのは、そうそうある事ではあらないから、あまり待望は出きない。勿論、借金までして本を出すほど、娯楽にお

    記事を読む

  • 日記

    映画、「恋愛小説家」のお話をしている続きである。キャロルは生活が苦しくても、何時もニコニコしていた。そして、主人公とは逆に何時も相手の事をおもって行動している。このようにして、全くちがう2人の恋愛だから、余計に興味深いのだろう。まず、ロマンス小説とは、一般的に若い人達

    記事を読む

  • 日記

    貴方の記述した恋愛小説が、もし売れればラッキーである。であるが、初期投資が大きいだけに、売れなかったケースの場合の危険度も大きいのである。無名の作家の本がヒットするのは、そうそうある事ではあらないから、あまり待望は出きない。勿論、借金までして本を出すほど、娯楽にお

    記事を読む

  • 日記

    恋愛小説、「初恋」にかんしてお談じている続きである。ツルゲーネフが記述したこの作品の舞台は、1833年。当時16歳だった主人公は、モスクワ郊外にある別荘に行き、夏の間はそこで過ごしていた。1833年と云えば、日本であると、江戸時代の終わりくらいのである。青年は、隣の別荘にやっ

    記事を読む

  • 日記

    そして、赤と黒、これは、カジノ等で観るルーレットの色でもあると云われている。ジュリアンのギャンブル的な人生を例えていると云う事である。であるが、肝心の作者自身は題名の由来にかんしては、談じていないそうであるから、どれも詠んだ側が勝手に考慮した由来だろう。恋愛小説

    記事を読む

  • 日記

    古典の恋愛小説である、「赤と黒」のストーリーにかんしてお談じている続きである。軍人を諦め聖職者を目指すジュリアン。彼が聖職者を目指した理由は、聖職者が高収入であり贅沢な暮らしをしていたからである。それに憧れての事である為、殊更に神様に仕えたいからと云う気持ちから

    記事を読む

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
ブログランキング
記事検索
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © ドゥロンの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ