お探しの情報は見つかりましたか?

一般的に恋愛物と云われる小説を「ロマンス小説」とよぶ。
また、これらは「恋愛小説」と呼称されるケースの場合もある。
我々は殊更に気にせず、これらの小説の事を「恋愛小説」とよんだり、時には「ロマンス小説」とよんだりする。
では、これらの呼び名のちがいはどういった定義によるものだろうか?

であるが、侯爵がレナ―ル家に身元を照会するよう連絡を送ると、レナール婦人からジュリアンにかんしての手紙が届きた。
その内容は、「ジュリアンが出世の為に女性を踏み台にしている」と云った内容だったそうである。
この手紙のせいでジュリアンの人生は一転してしまうのだった。
侯爵はその手紙を詠んで、当然ながら激怒した。
大事な娘をこのような男にやれるかと、マチルドとの結婚を改善させた。

昭和のポップスには、「赤と黒」のような恋がしたい・・・・・・このような歌詞もあったような気がする。
こういった具合に恋愛小説の定番と云えば、昔から「赤と黒」だったのである。
日本語訳の本としては上下巻で新潮文庫から発行されている。
では、この「赤と黒」と云う作品はどのような内容だったのだろうか?
ここで簡単にご案内しよう。

こういった具合に、ロマンス小説にでてくる事が少なくない、避暑地でのひと夏の恋等、「ありがち」と云われてしまう事から、ロマンス小説は恋愛小説よりも低俗で在り、安っぽいと云うイメージがある。
勿論、ロマンス小説の中にも、素晴らしい作品がある事は否定出きない。
いくら、安っぽいと云われても、詠む人の心を把握する事が出きるのなら、それで良いのじゃないだろうか。



カテゴリ
タグ