お探しの情報は見つかりましたか?

古典の恋愛小説である、「赤と黒」のストーリーにかんしてお談じている続きである。
軍人を諦め聖職者を目指すジュリアン。
彼が聖職者を目指した理由は、聖職者が高収入であり贅沢な暮らしをしていたからである。
それに憧れての事である為、殊更に神様に仕えたいからと云う気持ちからではあらない状態だった。
云ってみれば「よこしま」な気持ちである。

其れから、三角関係をテーマにした恋愛小説もある。
親友の恋人を好きになってしまったとか、友達がその人の事を好きだと気付いていながら自身も好きになってしまった、と云うパターンである。
これは学園ドラマ等で良くでてくるストーリーであるが、小説を詠み勧めていくと、あたかも自身がその人になったように一緒に苦しんでしまう。
友情を壊したくないけれど、好きな気持ちは封じられない、と云った事だろうか。
愛を取れば、友情は壊れる。
その狭間で悩み苦しむ様子が描かれている恋愛小説が、三角関係をテーマした作品である。

そもそも、この会社の設立は1949年だった。
リチャード・ボニーキャッスルと云う編集者がオンタリオ州のトロントで開業した。
そして、イギリスの女流作家が記述した恋愛小説を売り出した。
1964年、恋愛小説を専門とした出版社となった。
1971年、「Mills&Boon社」を買収、そしてイギリスに子会社をつくりた。
「Harlequin」の恋愛小説は、なんと世界で97か国、言語にして27種類に翻訳されている。
それほど世界中で愛されている恋愛小説であるためである。

貴方が独自に作成したホームページは、黙ったままでは、相当の人に観てもらう事はむずかしいのである。
偶然発見されるのを待つしかなくなる。
とにかく宣伝、宣伝、頑張って宣伝しよう。
もし、素晴らしい恋愛小説だとおもってくれる人がでてきたのなら、後は口コミで拡大する。
口コミの効果は絶大で、詠む人が増大すれば出版社からの誘いも夢ではないのである。




カテゴリ
タグ