お探しの情報は見つかりましたか?

そして、赤と黒、これは、カジノ等で観るルーレットの色でもあると云われている。
ジュリアンのギャンブル的な人生を例えていると云う事である。
であるが、肝心の作者自身は題名の由来にかんしては、談じていないそうであるから、どれも詠んだ側が勝手に考慮した由来だろう。

恋愛小説は大昔から実在し、古典のおける恋愛小説で超有名な作品も何種類かある
スタンダールの作品である「赤と黒」と云う作品、皆さんも名前もしくは名称だけは聴いた事があるだろう。
内容は興味ないけれど、どこかで聴いた事がある、このような方も少なくないだろう。

であるが、私のような主婦が趣味で記述した恋愛小説はどうだろうか?
自身の作品が良いのか悪いのかも分かる事が出きない。
友達に見せるには恥ずかしいし、全然興味ない人の意見を聴いてみたい、そう思いるよね?

また、近年では、恋愛小説だけではなく、男性向けのサスペンス小説を出版したり、歴史小説を収録したりとちがうレーベルも大繰り拡大させている。
ハーレクインロマンスの殆どは、キャリアウーマンが恋愛したり、仕事で成就したりする内容で、どちらかと云えば娯楽的な本に為ってる。



カテゴリ
タグ