お探しの情報は見つかりましたか?

貴方の記述した恋愛小説が、もし売れればラッキーである。
であるが、初期投資が大きいだけに、売れなかったケースの場合の危険度も大きいのである。
無名の作家の本がヒットするのは、そうそうある事ではあらないから、あまり待望は出きない。
勿論、借金までして本を出すほど、娯楽にお金は使用出きないからだ。

海外にその会社がないと思いきや、日本にも会社が在り、海外の本社が100%出資している。
株式会社ハーレクインと云う会社は、東京の千代田区に在り、翻訳小説を出版したり販売したりと事業を大繰り拡大させている。

昔の恋愛小説と云えば、スタンダール著の「赤と黒」がありた。
また、エミリー・ブロンテ著の「嵐が丘」等超有名である。
他にも、ジェーン・オースティン著の「高慢と偏見」、シャーロット・ブロンテ著の「ジェイン・エア」がありた。
また、あの超有名なゲーテも「若きウェルテルの悩み」と云う恋愛小説を記述している。
そして、私が高校生のころ、夏休みの詠書感想文を記述する為に詠んだ本が、ツルゲーネフ著の「初恋」である。

その人を愛しているのに友達の振りをして付き合ったり、思いを心に留めて置いたりと、辛い日常を送る。
片思いのつらさに成るのだろうが、普通の人よりずっと苦しんでいるのだと思いる。
同じ悩みをもつ人は、勿論、これらの本に共感するだろうし、また、ノーマルな人も、性同一性障害の人にはこういう苦悩がある事を把握出きるわけである。
ニューハーフの超有名人もおのれからの経験を元に、自伝を記述したり、恋愛小説を記述したりしている人もいるから、興味のある人は詠んでみてはどうだろうか。



カテゴリ
タグ