お探しの情報は見つかりましたか?

貴方の記述した恋愛小説が、もし売れればラッキーである。
であるが、初期投資が大きいだけに、売れなかったケースの場合の危険度も大きいのである。
無名の作家の本がヒットするのは、そうそうある事ではあらないから、あまり待望は出きない。
勿論、借金までして本を出すほど、娯楽にお金は使用出きないからだ。

2人で一緒にいると、毒舌を出す度に、キャロルに云われるから、主人公も少しずつ、毒舌を直して足を運ぶ。
たまに、彼女を傷つけるような事を云って、怒られたり、泣かせたり、その度に反省するようになった。
であるが、こうしたぎこちない恋愛を観ていると、本当に彼は恋愛小説家なのかと疑惑たくなる。
物書きはそのイメージとはかけ離れているケースの場合が少なくないと聴くが、恋愛小説家は恋愛には不向きだと云う良い例だろう。
何だか恋愛のエキスパートのような気がするのに、おかしいのである。

ホームページ、また、ブログもそうであるが、自身のホームページを立ち上げて、恋愛小説をアップしたら次にやる事がある。
それは、そのページが相当の人にみられるように試行錯誤、宣伝をする事である。
例を挙げると、検索用にタグを入れたり、友達のホームページにリンクしてもらったりすると良いだろう。
もしくは、恋愛小説が好きな人々が集まるホームページの掲示板で宣伝しても良いと思いる。

「叶わぬ恋」とは、誰かを好きになったが、その人は結婚している、他に好きな人がいる、等、自身の想いが叶わないときである。
片思いと一言で云ってしまえばそれまでであるが、複雑で切ない心情が描かれた作品には感情移入する人も少なくないだろう。



カテゴリ
タグ