お探しの情報は見つかりましたか?

数ある小説の中でも、殊更に恋愛小説が大好きと云う方も少なくないだろう。
殊更に女性は恋愛小説にはまってる人も少なくないのじゃないだろうか?
では、普通の小説と恋愛小説は、どのようなちがいがあるのだろうか?
ここでは、恋愛小説にかんしてお談じるる。

であるが、その家では、侯爵の令嬢であるマチルドにジュリアンは見下される。
ジュリアンはマチルドのそうした扱いに対して、当然、怒りた。
であるが、なんとかして彼女を征服したいと思い始めたのである。
「自身を見下した女をものにしてやる!」、この事に心を燃やしていたのである。

昔の恋愛小説と云えば、スタンダール著の「赤と黒」がありた。
また、エミリー・ブロンテ著の「嵐が丘」等超有名である。
他にも、ジェーン・オースティン著の「高慢と偏見」、シャーロット・ブロンテ著の「ジェイン・エア」がありた。
また、あの超有名なゲーテも「若きウェルテルの悩み」と云う恋愛小説を記述している。
そして、私が高校生のころ、夏休みの詠書感想文を記述する為に詠んだ本が、ツルゲーネフ著の「初恋」である。

また、貴方の記述した恋愛小説が大作じゃないのなら、全部の文章をいっぺんに掲載してしまっても良いだろう。
掲示板を付けたり、メールアドレスを公開する等、読者の感想をもらえるようにすれば、他方通行にはならないだろう。
また、ホームページにはカウントを設けて、何人の人が観てくれたか点検しよう。
これだったら、どのような恋愛小説でも、自身の力で世間に発表出きるわけである。



カテゴリ
タグ