みなさん、こんにちは


今回は久しぶりに、マンガ以外の本を紹介したいと思う。僕はマンガが大好きなのだが、活字の本も好きなのだ。


さて、今回紹介する本のタイトルは「バッタを倒しにアフリカへ」(前野 ウルド 浩太郎 著)だ。なかなか挑戦的な題名をしているが、その名に恥じない内容となっている。


著者である前野氏はバッタを専門とする昆虫学者で、自身の夢を叶えるために単身アフリカへと乗り込む。なぜバッタを研究するのにアフリカなのかと疑問に思う人もいるだろう。僕もその一人だった。著者によると、アフリカではバッタの大群が作物を襲撃するという現象が往々にして発生しており、かなり深刻な問題とのこと。アフリカでバッタを研究するということは、現地人にとってはバッタ大量発生のメカニズムを知ることで効率のいい撃退をできるようになり、著者にとっては大好きなバッタの真理に近づくことができる。まさに win-winの関係になるのだ。


しかし、研究者として求める地で求められる要素を持ち合わせ、全て上手く行くかというとそうではない。発展途上国ひしめくアフリカにたった一人で乗り込む訳なので、当然のごとく様々な壁が立ち塞がる。それこそ環境、文化、言語など全てが障壁になる。そんな状況においても、この本では著者がドラクエの勇者のように一つずつ経験を得て、仲間を集め、前に進む様子が軽妙な文体で綴られる。この本は冒険譚のようにワクワクを与えてくれるのだ。多少のバッタの知識とともに。


色んな場所でグローバル人材がと叫ばれる世の中で、前野氏のように日本だろうがアフリカだろうが自分のやりたいことのために全力で取り組む人こそグローバルな人間なのだと痛感する。程よい刺激が欲しい方には是非この本をオススメしたい。虫嫌いでなければだが。