カードゲーム日誌

カードゲームについてのブログです。

twitter

MtG スタンダード:黒単ゾンビドレイン

アモンケットが発売され既に1ヶ月以上が経過しており、デッキの研究も進んでいるのではないでしょうか。
どんなカードを握るかは人それぞれで、そこがマジックの面白いところでもあります。
僕の場合はというと、黒単ゾンビに注目しています。
黒単は自分で作った最初の構築デッキで愛着があり、しかもゾンビとくればなんだかクリーチャーを操るウィザードぽさがまして、非常に興味をそそられてしまいます。
また、サンティアゴGPやモントリオールGPでもベスト8の結果を残し、ぐいぐい来そうな感じ。

一方で、僕はあくまでもカジュアル勢でトーナメント等は特に興味がなく、自分のデッキ作成を考えるほうに楽しみを覚えるので、今回は黒単ゾンビをベースに少し前のカードを無理やりぶち込んでみようと思います。

ひとまず、モントリオールGP Best8のデッキはこちら
戦墓の巨人に墓所破り、無情な死者、戦慄の放浪者など、ゾンビを惜しげもなくそろえています。
順番にゾンビを出していってリリアナの支配を繰り出せば戦場はゾンビまみれですね。
まさにゾンビの性質を体現しているとも言えます。

さて、こんなに素晴らしいゾンビデッキを未熟な僕が荒らしてしまうのは申し訳ないのですが、カードケースの底に眠っていたカードを引っ張り出して、ちょっと作り変えてみました。
そのデッキは以下のとおり。

・黒単
沼 17
ウェストベイルの修道院 2
亡骸のぬかるみ 1
-土地 20

戦慄の放浪者 4
墓所破り 2
ズーラポートの殺し屋 4
無情な死者 4
捕らわれの宿主 3
屑鉄場のたかり屋 2
栄光の神バントゥ 3
戦墓の巨人 4
息詰まる忌まわしきもの 4
-クリーチャー 30

闇の掌握 4
完全無視 2
-インスタント・ソーサリー 6

リリアナの支配 4
-その他 4


そもそもの構築モチベーションとしては、アモンケットで神であるのにもかかわらず注目度の低いバントゥをどうにかして使いたいというところから来ています。
バントゥは威迫、破壊不能をもっていますが、その能力により味方クリーチャーが死んで初めて戦闘に参加できるようになります。
そして、二つ目の能力に黒シンボルを含む2コストを払い、味方を1体生贄にすることで占術1と1点ドレインをすることができます。
1点ドレインと聞けば思い出すのはもちろんズーラポートの殺し屋です。
ズーラポートの殺し屋とバントゥを並べて、適当なクリーチャー、今回で言えば墓地から何度も手札・戦場に戻ってくるゾンビ君たちを生贄にささげ続けることで、ひたすら相手からライフを吸い取られるではありませんか。
さらに、息詰まる忌まわしきものもいればドローが加速してさらにうれしい。
少しずつライフを削ったあとはウェストベイルの修道院を変身させてフィニッシュが一番気持ちよいでしょう。

ゾンビカードを集める間にBFZを思い出して、ちょっと試してほしいデッキです。




ラクロジ:熱戦アシュリーデッキ

現在オルガデッキばかり使っています。
同じデッキばかり使っていると他のデッキも使いたくなるのが人の性でしょうか。
このデッキに行き着くまでに集めたカードで別のデッキを考えました。

メインカードは1弾のガッカリレア、熱戦を制する アシュリーです。
ガッカリレアのいいところは安く集まるところですね。
SPですら100円以下で入手出来ました。

熱戦を制する アシュリーはガッカリレアですが、相手がうっかりミスをすると強力な効果を発揮します。
熱戦を制する アシュリーはロジックドライブ5で相手の最もレベルの低いメンバーをストック送りにする効果を持っています。
相手がレベル1を開いていない門の上に乗せたりしたときに使ってあげると、とても残念な雰囲気になります。
他にも、全てレベル3でどのメンバーも未開放の門に乗っているときなどはいい感じになります。
ネットが発達した今、大体の人はこの事に気づいていますのであまり期待はできませんけどね。

ということで、今回作るデッキは熱戦を制する アシュリーのもう一つの効果で戦う事をメインに考えます。
熱戦アシュリーのロジックドライブでない方の効果は、大自然の掟がバトル領域に出たとき1コストでパンプ5000というものです。
大自然の掟の効果もありますので、実質プラス7000となります。
熱戦アシュリーの素のパワーは9000ですので一回使えば16k、二回使えば23kです。
相手が10kの場合、大自然の掟を一回使えば要求するプラス5kは二枚になるのでお得です。
ただし、大自然の掟を二枚使っても、一回目から要求5kは一枚しか増えませんので、あまり嬉しくない状況です。
また、大自然の掟を出すということは、自らオーラ勝負に持ち込むことになるケースもそれなりに出てくるでしょう。
相手がオーラ勝負に乗ってくる場合も考えておく必要があります。

さて、それではささっと熱戦アシュリーデッキを作ってみます。

〈熱戦アシュリーデッキ〉
・レベル4
熱戦を制する アシュリー 4
優美なる蠱惑 アシュリー 2

・レベル3
鬼の剛腕 アシュリー 4
追い払う アシュリー 2

・レベル2
雅な萌え袖 アシュリー 4
慎重なアシュリー 2

・レベル1
異なる理想 アシュリー 2
読書にふける アシュリー 4
驚きと困惑と アシュリー 4
空想少女 アシュリー 2
豊麗傾城 艶鬼 4
悠然たる ダイガ 4
岩をも砕く ダイガ 2

・戦術
お人形遊び 2

・逆理
大自然の掟 4
失楽園 4

ラクロジ:破斬重断オルガデッキ

遂にブースター3弾が発売され、徐々にカードプールも増えてきました。
僕はもともとクロエメインでデッキを組んでいたのですが、いつの間にか主力というか、ほとんどの合理体がオルガになっていました。
これもカードゲームの宿命ですね。
デッキをいじっているうちに全く別のデッキに変わってしまうのはカードゲームの常です。

オルガデッキを使うようになって一番感じるのは、「オルガ強い」よりも「グラビティスター硬い」です。
ストックを6枚消費するというのは厳しいコストですが、極めにかかってきた相手を必ず防げるというのは本当に強い。

ということで、グラビティスター4積みの破斬重断オルガデッキを作りました。

〈破斬重断オルガデッキ〉
・レベル5 (2枚)
絶望のオーバートランスオルガ 2

・レベル4 (4枚)
破斬重断 オルガ 4

・レベル3 (6枚)
浸食する闇 オルガ 2
全てを勝ち取る オルガ 2
颯爽たる オルガ 2

・レベル2 (6枚)
メリーアライアンス オルガ 4
無敗の騎馬 オルガ 2

・レベル1 (20枚)
定理者 (10枚)
堕天の誘惑 オルガ 4
卓越した戦術眼 オルガ 4
血気盛んな オルガ 2

使者 (10枚)
共に楽園を ルシフェル 4
異門への扉を開く ルシフェル 2
穏やかな時間 フィリル 4

・戦術 (4枚)
グラビティスター 4

・逆理 (8枚)
大自然の掟 4
失楽園 4

グラビティスターを使うには何よりストックが重要です。
フィリルを壁にしたり、メリーアライアンス オルガからの浸食する闇 オルガを持ってくるなどしてストックを貯めたあと、グラビティスターで相手が通したいと思っている攻撃を封じます。
そしてそのグラビティスターを使ったあとは捨て札をさほど気にすることなく破斬重断オルガを使うことができるでしょう。
これで勝てたら気持ち良さそうな流れです。
暫くこのデッキを楽しみます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ