安全なウォーターサーバー選びの以下のポイントは、水の種類である。
現状ウォーターサーバー用で販売されている飲料水には大幅に分けて2つある。
「天然水」と「RO水」である。
「天然水」とはその名の通り天然の水、自然の恵みに拠ってもたらされた水である。

価格はおのおの12リットル入った1ボトルあたり「京の恵」が1,680円、「日田の恵」が1,890円、「富士の恵」が1,890円と為ってる。
「恵ウォーター」のすばらしいところは、汲み立ての天然水をおのおの産地から即日で活用者へ届けている事である。
その新鮮さが人気であるためである。

「RO水」とはミネラルウォーターの事だとおもってる人も少なくないと思いるが異なる。
ウォーターサーバーで使用されている「RO水」は殆どが水道水であるためである。
水道水から水に本来含有されていたミネラル分を除去して限りなく純粋に近くしたもの、これに人為的にミネラル分をプラスしたものである。
食品衛生法と云う法律で飲料水の水質基準が定められている。
ウォーターサーバーを活用する際は、この基準に合格した表示があるかどうかを点検する事が肝心である。

ウォーターサーバーのサイズは床置きタイプの為、幅30.5cm×奥35cm×高さ99cmである。
卓上タイプの為、幅27cm×奥46cm×高さ51cmと為ってる。
配送は沖縄県や島諸部等を除いて全国行ってる。
注文単位は2本からと為ってる。



カテゴリ
タグ