2018年02月06日

テーピング 股関節

腱鞘炎とは、手や指の腱の付近に炎症がおきる事である。
手や指以外にも、時には腕全体に慢性的な痛みや倦怠感を結びつく事も有る。
腱鞘炎は、関節等を使いすぎた時に生じる為、キーボードをよく使用する人が苦しめられる病気である。

具体的な症状は、手・指・腕が動作しにくくなり、だるい感覚がする。
また、痺れたり、痛くなったり、腫れてくる事も有る。
殊更に手のひら、甲、指をぎゅーっとプッシュしてみたり、曲げ伸ばしをした時に、痛みを実感する事も有る。

また、興味ないうちに重傷に成る事が有る。
なぜなら、症状が重くなると、血行が悪くなってしまい、神経が麻痺して痛みを感じなくなるからである。
痛みを感じはじめたら、すぐに治療をしよう。

但しテーピングには問題点は何種類か有る。
スポーツ中にはテーピングが緩みやすい為、効果が持続出きない。緩んだケースの場合には、そのたびに巻き直さなくてはいけない。
これ以外に、長時間使用していると不潔であるし、皮膚炎を起こしてしまう事も有る。

またテーピングをする事で、変形してしまった親指も、いくらか回復する事が可能である。
完璧に元通りの形に治す事は出きないが、あるレベル回復させ、指に力が入るように成る。
根気が必要な治療であるが、曲がった指が回復して観た目も良くなる。
また、親指としての機能ももどるのである。
その為、力つよく歩く事が出きるようになり、体が落ち着いてくるのだ。
そして、変形がこれ以上進展するのを防ぐのである。





k67ri165vd0i at 13:00|Permalink 日記