2011年08月11日

ふくらはぎ 肉離れ テーピング



膝の半月板は内部と外部に有る。
その任務としては、スムーズに膝関節の動きを補助する。
また、歩いたり、ジャンプしたりする際に、膝関節にかかる衝撃を吸収する働きが有る。
半月板損傷は、膝を強制的にひねったケースの場合や、側方からつよい力をプラスされたケースの場合等におおく生起する。
内部の半月板を損傷する割合が高いようである。

膝痛で注意する事は何種類か有る。
膝が痛む人は、正座をする事が膝痛を更に悪化させてしまう原因に成る。
正座だけでなく、横座りやお尻の下にまくらを入れたとしても、腫れや痛みを増大させてしまう。
また、しゃがんだ姿勢やポーズも良くないのだ。

ボウリングでは、テーピングは欠かす事が出きない。
その目的は、指のケガ防止と保護、そして、指穴サイズアレンジである。
テーピングは、指が痛いときや、爪がひっかかってやりづらい時、ボールの穴が指に合わないとき等に実践する。
親指の穴の大きさをアレンジする為に、ボールの穴の中にテープを貼る事も有る。
また、指抜けをスムーズにする為にも、穴の中に貼る。
ボールの指穴に貼る時は、以下の事に注意してほしい。
親指の腹側には摩擦力のあるテープを使用してほしい。

肉離れやケガが軽いケースの場合、損傷したところをテーピングで保護したり、固定する事で、痛みの低減につながり、行動出きるようになったりするケースの場合が少なくない。
しかしながら、このケースの場合は応急対処である為、絶対に無理をしない事が肝心である。





k67ri165vd0i at 10:42│ 日記