民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)は22日の会合で、昨年の衆院選マニフェストに盛り込んだ「国家公務員の人件費2割削減」を堅持する方向でほぼ一致した。

 同研究会は、公務員の労働基本権を回復し、労使交渉を担当する「公務員庁」の新設も検討する。公務員庁は定員管理を担う総務、財務両省の一部を移管し、担当大臣が労使交渉にあたることを想定。ただ、公務員の給与水準を勧告している人事院の不要論につながることに慎重な意見も出て、議論を続けることにした。

【関連記事】
公務員法成立は連休明けにずれ込み
「老後難民」大量の予備軍 サラリーマン調査「資金ゼロ」44%
自治法改正案の誤りが判明、参院総務委が散会
鳩山政権浮上の“切り札”仕分け第2弾、標的は…
題多い民主党の公務員改革

「靖国神社に参拝する国会議員の会」民主11人参拝も閣僚なし(産経新聞)
「維新の会」府の資料流用 マスタープラン 橋下知事が陳謝(産経新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)