自民党の大島理森幹事長は24日午前、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古周辺と明言したことについて「軽薄で不勉強。めぐり巡って辺野古周辺に戻ったなら、もはや鳩山首相にこの問題を解決する資格はない」と指摘し、政府が28日に発表する予定の日米共同文書をみた上で、鳩山内閣不信任決議案の提出準備に入る方針を明らかにした。自民党本部で記者団に語った。

[表でみる]普天間移設 首相の無定見は目に余る

 大島氏は、首相の23日の沖縄再訪問についても「政治手法としても稚拙極まりない。おわびして済む話ではなく、お辞めになるしかない」と批判した。

【関連記事】
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
連立離脱か参院選か…揺れる社民 辺野古への移設表明
沖縄県民への裏切り 野党、退陣求め内閣不信任案も
外国メディアも大きく報道 辺野古移設、BBCなど主要ニュースで
中国が優等生路線に?

医師「流産したと知らず」=「信じてた」と女性―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
北教組違法献金、委員長代理が起訴事実認める(読売新聞)
<住居侵入>疑いで男逮捕 パチンコ玉でガラス割り 福岡(毎日新聞)
高額療養費制度の見直しなどを求め要望書(医療介護CBニュース)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)