北沢俊美防衛相は11日夕、沖縄県の仲井真弘多知事と米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐり都内のホテルで会談し、10日の関係閣僚会議で確認した県内移設を含む政府案の概要を説明した。これに対し、仲井真氏は「県民には(県外移設の)期待が裏切られたとの思いが強くある。もし一部が県内に残るとすれば、説明をしっかりやってもらわないとどうにもならない」と述べ、政府が十分に県民への説明責任を果たすよう求めた。
 政府は、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)へのくい打ち桟橋方式による代替施設建設と、鹿児島県・徳之島への基地機能の一部移転を組み合わせた案を軸に、米側や地元自治体との調整を進める方針。さらに、沖縄県全体の米軍訓練を全国の自衛隊基地に分散移転するなどの負担軽減策もパッケージで示す考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

千葉市、6年間で不正経理総額4億6千万円(読売新聞)
水漏れで高浜原発4号機が発電停止 関西電力(産経新聞)
ネット取引急増、個人投資家450億申告漏れ(読売新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)