4月下旬からの事業仕分け第2弾について、民主党の当選1回の衆参両院議員95人が仕分けの準備を行う「仕分け調査員」に決まり、同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)が2日、調査員への説明会を開いた。
 枝野幸男行政刷新担当相は「活力ある皆さんに細かく鋭く調査をしてもらえれば、昨年以上の事業仕分けができる」とあいさつ。蓮舫参院議員らが準備作業の注意点を説明した。
 調査員は、鳩山由紀夫首相が事業仕分けへの新人議員の活用を求めたことを受け、民主党が選出した。10グループに分かれて約900の公益法人について調査し、その結果を12日に同研究会に報告する。 

【関連ニュース】
閣僚外遊、随員最小限に=枝野行政刷新相
18公益法人の役員兼務=刷新会議の茂木氏
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下
参院2人区、複数擁立を支持=首相と輿石氏

【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会(医療介護CBニュース)
<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸-鳩山首相表明(時事通信)
虚偽献金に検察側「資金の流れを国民から覆い隠した」 検察側論告要旨(産経新聞)
満天の星に愛誓い プラネタリウム結婚式 滋賀のホテル あす第1号(産経新聞)