川崎市中原区のマンションで8日、3歳の双子の兄弟が死亡した火災で、火元とみられる寝室のベッド脇の床に、使い捨てライターが落ちていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 神奈川県警中原署の調べに、父親の会社員、折原道宗さん(38)は「家でたばこを吸うのは自分だけだが、寝室で吸ったことはない」と説明しているという。同署は、出火当時家にいた兄弟ら3人の誰かが、ライターを着火させた可能性があるとみて火災の原因を調べている。

 また、9日の司法解剖の結果、次男一輝ちゃんと三男義輝ちゃんの死因は一酸化炭素中毒と判明した。折原さんの母つる子さん(62)は意識不明の状態が続いている。【川端智子、高橋直純】

【関連ニュース】
ダイキン工業:空気清浄機87万台回収 発火8件
ライター:火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ
川崎マンション火災:3歳の双子死亡、祖母は重体
火災:マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎
火災:住宅全焼、焼け跡から男性遺体 千葉・富津

制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力-岡田外相(時事通信)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
<日米密約>外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
与謝野氏ら詰めの協議へ…新党綱領や党名(読売新聞)