誕生したばっかりの子供を「赤ちゃん」とよぶ。
よくよく考慮してみると、不思議な言い方のではないだろうか?
これ以外には人を色で表す名詞はないのである。
一体なぜ、赤ちゃんと呼称されるようになったのだろうか。

満60歳「還暦(かんれき・赤)」
満66歳「緑寿(ろくじゅ・緑)」
満70歳「古稀(こき・紫、紺)」
満77歳「喜寿(きじゅ・紫、紺、黄)」
満80歳「傘寿(さんじゅ・紫、黄、金茶)」
満81歳「半寿(はんじゅ・黄、金茶)」「盤寿(ばんじゅ)」
満88歳「米寿(べいじゅ・黄、金茶)」
満90歳「卒寿(そつじゅ・白、黄)」
満99歳「白寿(はくじゅ・白)」
満100歳「百賀(ひゃくが・白)」「百寿(ひゃくじゅ、ももじゅ)」「上寿(じょうじゅ)」「紀寿(きじゅ)」
満100歳以降「百一賀(ひゃくいちが)」「百二賀(ひゃくにが)」等
満108歳「茶寿(ちゃじゅ)」
満111歳「皇寿(こうじゅ)」「川寿(せんじゅ)」
満120歳「大還暦(だいかんれき)」

還暦は初めの長寿のお祝いのであるが、実は祝われる本人とっては還暦を迎え祝ってもらう事に抵抗がある人も少なくないようである。
今の世の中の60歳は長寿と云うのには失礼なほどまだ若いのであるし、現役で活動している人もたくさん居る。

還暦祝いの内祝いにかんしてであるが、基本的には必要あらないがお返しをもらうと長寿にあやかる事が出きると云われている。
内祝いには、赤飯や紅白饅頭、ふくさ、風呂敷、ゆのみ等が一般的である。
このケースの場合ののしの書き方は「寿」「内祝」で年齢を記述しておくのだ。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ