厚生労働省の阿曽沼慎司医政局長は2月26日、全国医政関係主管課長会議であいさつし、「都道府県を通じて、地域の医師不足の実態を把握していこうと検討している」と述べ、来年度の早期に都道府県ごとの医師の偏在状況を把握するための調査を実施する意向を示した。

 阿曽沼局長は来年度の予算案について、診療科や地域間の医師偏在を解消するため、新生児医療を担う勤務医の手当てや、医師不足の地域で研修医が宿日直などを行う臨床研修病院に対する財政支援を設けたことを説明。
 その上で、「地域ごとの医師確保の目標を明確化するために、都道府県を通じて地域の医師不足の実態を具体的に把握していこうと検討している」と述べ、来年度早々に実態把握を行う考えを示した。


【関連記事】
救急・周産期医療の支援に重点―医政局予算案
医師の需給状況の把握などが課題-総務省委員会が答申
地域医療などで中医協委員がパネルディスカッション
周産期医療の整備へ不動産取得税「特例措置」延長の周知を
「小児救命救急センター」を認定へ―厚労省

天皇陛下 内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)
小出保子さん死去(絵本作家)(時事通信)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策-衆院(時事通信)
<大津波・津波警報>北海道根室市で30センチの津波観測(毎日新聞)