4日午前8時25分ごろ、熊本県八代市坂本町の九州自動車道上り線で、宮崎市の会社員女性(38)運転の軽乗用車が道路右側の側壁に衝突、女性を含む6人のうち4人が弾みで車外に投げ出されたが、3人は頭や足などに軽傷、1人は無傷だった。現場は谷底から高さ約100メートルの高架橋上。乗車定員もオーバーしており、一歩間違えれば大惨事だった。

 熊本県警高速道路交通警察隊によると、現場は片側2車線、助手席に女性の長女(3)を抱いた高校1年のめい(15)、後部座席に母親(65)、後部荷台に小学3年の長男(8)と中学1年のおい(12)が乗っていた。壁への衝突で後部ガラスが割れ、長男とおいが追い越し車線脇に飛び出した。その後、車は横転し母親と長女が路側帯に投げ出された。【澤本麻里子】

【関連ニュース】
九州自動車道:自転車で疾走1.5キロ…大学生が誤進入
トロッコ列車:北九州市の門司港レトロ地区で試運転
ブルートレイン「富士」・「はやぶさ」号廃止に
鼻バス:薩摩川内にお目見え 来年の新幹線全線開業控え、観光客増加に期待 /鹿児島
野球:四国・九州IL 「長崎セインツを地域の宝に」 佐世保市長に健闘誓う /長崎

奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
JR福知山線脱線事故から5年 現場近くの菜の花畑に「命」の尊さくっきりと(産経新聞)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)
咸臨丸 太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)