27日未明、南米チリで発生したマグニチュード8.8の大地震。外務省によると、チリ在住の日本人は約1200人で、三菱商事や三井物産など78社が首都サンティアゴなどに現地法人を置く。震源地に近いコンセプシオンには8家族38人の日本人がおり、3家族7人の無事は確認できたが、残り5家族と連絡がつかないという。27日午後11時半現在で日本人の被害は報告されていない。

【写真特集】南米チリ中部でM8.8の地震 首都でも建物被害

 一方、国際協力機構(JICA、東京都千代田区)はチリ国内に青年海外協力隊やシニア海外ボランティアら関係者47人を派遣。27日午後3時55分ごろ、サンティアゴのチリ支所から「地震があった。これから安否確認をする」と一報が入ったが、午後11時現在でシニア海外ボランティアの2人と連絡が取れておらず、確認を急いでいる。【奥山智己】

【関連ニュース】
地震:チリでM8.8…死亡82人確認 各地で津波
チリ地震:未明に「すごい揺れ」…相次ぐ建物崩壊、火災
チリ地震:24時間態勢で情報収集…岩手県
チリ地震:100~150年間隔でM8超…チリ中南部沖
チリ地震:支援準備を…鳩山首相が指示

半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」-外務省有識者委(時事通信)
【揺らぐ沖縄】普天間「県外移設を」 県議会が意見書可決(産経新聞)
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用-厚労省(時事通信)
鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」(産経新聞)
雑記帳 ハタハタだけじゃない…秋田・男鹿で「地魚」検定(毎日新聞)