27日午前11時5分ごろ、東京都大田区羽田空港2の京浜急行空港線「国際ターミナル駅(仮称)」の新設工事現場から出火した。外壁500平方メートルが焼け、約1時間後にほぼ消し止められた。東京消防庁によると、1人がけがをしたという。消防車など22台が出動した。

 同駅は羽田空港の国際線旅客ターミナルビルの今秋開業に伴い、京浜急行が天空橋駅-羽田空港駅間に建設中。バスの運転手によると、突然、外壁から黒い煙が上がり、高さ40~50メートルまで達したという。【堀智行】

【関連ニュース】
姫路爆発事故:支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で
火災:駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場
爆発:ごみ処理施設の建設現場で1人重体、4人重傷 姫路
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市
爆発:深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし

首相動静(3月25日)(時事通信)
児童ポルノサイト、リスト化して閲覧防止へ(読売新聞)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)
「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)