偽造された額面200円の収入印紙50枚を金券ショップで換金しようとしたとして、警視庁は2日、東京都新宿区原町1、自称マッサージ店員長島計之容疑者(47)を印紙犯罪処罰法違反(使用)などの疑いで逮捕した。

 同庁幹部によると、長島容疑者の自宅などから同様の偽造印紙約1万枚が発見された。長島容疑者は「知人からもらった」と供述しており、同庁で入手ルートを調べている。

 発表によると、長島容疑者は1日夕、港区新橋の金券ショップに額面200円の偽造収入印紙50枚を持ち込み、換金しようとした疑い。

 偽造印紙はミシン目や裏面ののり付けが施されるなど精巧なものだったが、店員が紙質の違いに気付き、同庁に通報。捜査員が事情を聞いたところ、容疑を認めたという。

<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー(毎日新聞)
登山者への注意徹底を指示=大雪山系遭難受け業界団体に-観光庁(時事通信)
中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も(読売新聞)
<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で-原口総務相(時事通信)