最近多いですね責任迫ヘがと問われる事件がのことがニュースに乗ることが。精神鑑定心神喪失事犯無罪だが無実では無い医療観察法病棟隔離精神鑑定心神耗弱今回の事犯心神喪失より軽いものをいう。刑法上は刑が減軽される。亡くなった方には、大変お気の毒とおもいますが、個別事件でと言うより社会全体の動きの中でコミニケーション意思疎通が下手くそになってきた究極が障害者までになってきているのが一因でしエロアニメょう。現状として病気障害あるいは性格本質を発達障害広汎性発達障害と呼ぶなどしてラベリングしてるのも一です。ココで言う障害等が、潜在的であるか後に出来てきたかそれとも、社会変革により障害そのものを社会若しくは人が受け入れなくなり、排他的になってきたかにより大きく当事者の罪と罰が替わると思うのです。事件の当事者にとってバットで殴ると言う行為は最後のコミニケーションだと思いました、この切り札を出させた物はナニモデショウカ。無論この様な沫ヘを肯定し許すことは出来ません、だからこそ下記の沫ヘも注意を行い否定したいのです。私たち多かれ少なかれ一人ひとりにある、差別、憎悪、怒り、嫉妬、憎しみ、べっ視、プライドそれらを増幅する孤独と孤立から逃れようとする恐怖も切り札を出すきっかけと考えられます。本文バットで高殺害責任迫ヘ争う事件内容起訴状によると、少年は09年6月11日午後9時ごろ、富田林市新堂の河川敷で、用意していた木づちと木製バットで、大久保さんの頭を多数回殴って頭の骨を折り、殺害したとされる。少年は逮捕後、殺人の非行内容で大阪家裁に送致されたが、大阪家裁は確定的殺意のもとに実行され、執拗しようで残忍。少年や被害者の学校関係者、地域社会などに与えた衝撃、影響も大きいと指摘。成人と同様の刑事裁判で審理する検察官送致逆送を決めた。検察側は、少年が大久保さんの交際相手の少女に好意を持ち、大久保さんが彼女を困らせていると一方的に思い込み、殺意を募らせたことが動機だとしている。しかし、少年は取り調べで大久保さんにもやりたいことがあり、生きていく権利があったのに殺してしまい垂オ訳ないと反省も供述したという。公判で弁護側は、再び家裁に移送し、少年院で矯正教育をするべきだと主張する見通し。裁判員は有罪と判断した場合、発達障害のある少年の更生は、刑務所と少年院とどちらがふさわしいのかにいても検討することになる。判決は2月10日。私の下記の日記2点を参考に。障害者が障害児を介護と育児ストレス医療観察法病棟から出るのは懲役刑より困難事件にいての詳細とコメントアリ何故なら、保護観察所指定入院医療機関退院先の社会復帰調整官などの許可と調整が必要不可欠で長期になるからです。このように懲役刑のように刑期が決まっていて刑務所から出てくるより長期で関係緒局が再犯の責任を恐れる為困難の場合が多いのです。医療観察法病棟重大事件を起こしたとされる一部の精神障害者に対して特別病棟で強制入院あるいは保護観察所の管理下で通院医療を行う強制治療のシステム、すなわち心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律です。自傷他害と言う行為が前面に出てくる状況の多くは障害にたいして少しの理解を。周囲と本人が自らの病状も含む状況、孤立したコミニケーション障害者が競争社会で生きて行くいうリスクを少しでも分かっていたら避けられることが多いと思いました。現時点で社会に多くある究極孤独と孤立の中でお年寄りが孤独死ある意味で自傷行為若しくは今までよりお年寄りの万引きが多い他害行為向かい合わせに生活していく問題と本質は同じです裁きは本来裁判所と言う裁きの場でしかいえないのですが。許す許さない罪の重さはと言うより、社会的弱者障害を抱えるマイリティーと言う少数派の現状を理解して関係を保ち対応していく事がこの事件の本質かと思いました。思うに精神医療関係を利用していたなら精神医療の薬による副作用も必ず有ったと思います。精神医療の薬投与による指導等の医療ミスも考えられますとにかく精神医療の現場では、投薬問診差別待遇過去病歴確認当のミスが有っても、医療ミスを利用者に告知は勿論まして法的に認め認めらられる事は稀有で社会問題にもなりません。むしろ全て、臨床的処遇処置利益教条主義、原因療法でないその多くが薬に頼る対症療法も含めた全ての権限が医師に有る事から。その為建前は相談依頼者クライエントが抱える種々の精神疾患や心身症、心理的問題行動の援助解決蘭h研究、あるいは人々の精神的健康の保持増進教育に貢献する心理職専門家であるを放棄すると言って良いくらいです。