自民党の大島理森幹事長は31日午前、党本部に舛添要一前厚生労働相を呼び、党運営の在り方をめぐって意見交換した。舛添氏が夏の参院選に関し「人事、政策、組織の面で勝てる体制にしなければいけない」と求めたのに対し、大島氏は「選挙に勝てる新しい体制づくりをしたい」と応じた。大島氏は近く設置する参院選の選対本部に中堅・若手を起用する意向で、執行部批判を強める舛添氏にこうした方針を説明し、理解を求めたとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

普天間 「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相(毎日新聞)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
<枝野行政刷新相>「直接問題ない」 茂木氏の兼任問題(毎日新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し-与謝野、平沼氏ら(時事通信)