首都高速道路会社と阪神高速道路会社は23日、ETC(自動料金収受システム)搭載車を対象に実施している平日昼間の料金割引制度を3月末で終了すると発表した。平日夜間(午後10時から翌日午前6時まで)の20%割引と、土日祝日(首都高速は日祝日)の最大約30%割引は継続する。
 平日昼間割引は、渋滞解消を目的に国土交通省の社会実験として行われていた。両社は割引終了の理由について、「渋滞解消効果が薄れてきたと判断したため」と説明している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も

<ユキヤナギ>お堀沿い真っ白に 名古屋(毎日新聞)
<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)
<自民党>谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け(毎日新聞)
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)