民主党の小沢一郎幹事長は17日の記者会見で、夏の参院選公約を検討している同党の企画委員会が、次期衆院選後の消費税率引き上げ方針の明記で一致したことについて、「税制のことは最終的に考えなくてはいけないが、第一に取り組むことは無駄を省く(ことだ)」と述べ、無駄遣いの削減を優先する立場から公約明記に否定的な考えを表明した。
 公約は、鳩山由紀夫首相と小沢氏らでつくる政権公約会議で最終決定するが、小沢氏が異論を示したことで、消費増税の盛り込みは見送られる可能性が出てきた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
ストラーダポケットは機能強化でフルナビと遜色ない性能に
月内閣議了解「決意変わらず」=社民反対に首相―普天間(時事通信)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
接続遮断、限定的に=年度内実施で合意―ネット上の児童ポルノ対策・総務省有識者研(時事通信)