福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性遺体の下半身が見つかった事件で、女性は30代とみられることが16日、福岡県警西署捜査本部への取材で分かった。同市博多区では今月上旬から30代の女性会社員が行方不明になっており、捜査本部はDNA型を照合するなどして関連がないか調べている。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、遺体は死後切断され、1週間から10日経過。尻の右側上部と下部には生前にできたとみられるあざがあった。死因は分からなかった。 

【関連ニュース】
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取
グループホーム運営会社など捜索=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警
リュック中身は乳児遺体=東大寮侵入容疑の男
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か

スーパーの豚肉に針金=1月には刺し身にも-滋賀県警(時事通信)
<参院予算委>社会保障で集中審議(毎日新聞)
朝鮮学校、無償化検討 個人崇拝の実態無視 教科書で金父子・先軍礼賛(産経新聞)
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業-成田(時事通信)
日韓警察 トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)