ドラマの刑事役や禁煙治療啓発CMで知られる俳優の舘ひろしさん(60)が、たばこをやめたい人の禁煙を支援する神奈川県の施策「かながわ卒煙塾」の塾長に就任する。愛煙家だった舘さんは11日の任命式で松沢成文知事と対談し、自身の「卒煙」体験を披露する。

 舘さんは喫煙場面の印象が強く、「たばこの似合う俳優」(松沢知事)。喫煙歴は40年と長く、これまでに何度も禁煙に挑戦しては失敗してきた。しかし、今年1月から製薬大手、ファイザーの禁煙治療キャンペーンに参加し、禁煙に取り組む姿をCMやウェブで公開した。

 卒煙塾は今月末に開講し、禁煙講座の実施や「卒煙宣言書」の受付などで“塾生”を支援する。県が卒煙の目安とする禁煙期間は「卒煙塾の期間と同じ半年間」(松沢知事)だが、1月から挑戦した舘さんの禁煙歴は半年足らず。松沢知事は「舘さんの喫煙が復活することはないと信じている。その覚悟だから塾長を引き受けたと思う」とエールを送った。

【関連記事】
たばこ、ロゴなし白い箱に 豪、喫煙率減狙い
喫煙やめたい人へ「卒煙塾」チャレンジ講座開催
「慢性すい炎」大酒飲みの男性は注意、生活習慣の改善が重要
たばこ増税で400円台の見込み 09年度販売11年連続減 
喫煙者限定にしたいほど…“煙たい”防止条例 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で-赤松農水相(時事通信)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施-民主の参院選公約案(時事通信)
<郵便不正>「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
神奈川クリニック眼科が破産=レーシック大手、事業は譲渡-東京地裁(時事通信)