川端達夫文科相は16日の閣議後会見で、公立学校の耐震化や老朽化対策について自治体に費用を交付する意向を示した。今年の夏ごろまでに具体的な結論を出す方針だ。

 今年度予算の予備費の活用を視野に入れ、年度内の交付を目指すという。

 公立学校の耐震化対策の予算をめぐっては、国会審議で「政府は高校無償化に約4千億円が必要となるため、耐震化予算を削った」などの批判が出ていた。また、衆院文部科学委員会も今月14日、政府の取り組みが不十分として、耐震化対策に対する予算確保などを求める決議を採択していた。

【関連記事】
鳩山首相、学校耐震化へ予備費活用を指示
学校耐震化の予算確保を 衆院文科委が決議
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 
学校耐震化で景気対策枠2兆円の活用も 菅財務相が示唆
「仕分け人のやることではない」 川端文科相、枝野発言に苦言
外国人地方参政権問題に一石

明石はタコだけやない!プラモ甲子園7月開催(読売新聞)
【アニマル写真館】ゴマモンガラ 和歌山県立自然博物館(産経新聞)
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」(産経新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)
岡部まり氏 民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)