2022年05月16日

カラタネオガタマ・ポートワイン・綿の種

今日は、朝から雨が降って、運悪く一番強い雨の時間に歯医者に行きました

今日は、三月の気温とか・・・肌寒いの通り越して寒いです。

ここ数日、玄関の周辺にとても甘い香りが広がっています。

カラタネオガタマ・ポートワインの花が咲き始めました。

1652687421729


1652687553760

1652687405006


バナナのような甘い香りに包まれるので、どこから匂ってくるのかみんなが不思議がってこの木の名前を聞いてきます。

カラタネオガタマポートワイン・・・ワイン色のお花がとても素敵

毎年この時期に、素敵な香りを届けてくれるのです。

この木は移植を嫌うので、増やし方は挿し木だそうです。


今年の春の頃、友人に綿の種をいただきました。

綿の花を見たことがありますか。

綿の花は黄色で、花が終わると綿ができるのです。

DSC_4218

DSC_4224

花の白い部分には種が入っています。


DSC_4223

余分な綿を取り除くと種が残ります。

ハサミで種の周りの綿を切って、種をまくつもりです。

気温が高くならないと芽を出さないので、気温が安定したら綿の種を蒔こうと思っています。

うまく芽が出てくれればいいのですが・・・

またその様子は、ブログで紹介したいと思っています。

よかったら見てくださいね。

k_920_375 at 17:48|PermalinkComments(4) 草花・樹木 

2022年05月15日

アヤメ・アイリス・いびき防止枕

なんとなくメリハリのない曇天・・・気温は上がらず肌寒さの残る一日

暑くないので庭仕事頑張りましたが、長時間になると足が痛くなってきます。

最近、よく雨が降るので、草の伸びるのが早いので困ります。

アヤメの花がひときわ目立ちましたので、パチリ・・・

あぁ〜もうあやめの季節です。

白いあやめも清楚でいいでしょう。

DSC_4286

あれ アイリスも咲いていますね。

DSC_4307

DSC_4306

DSC_4289

アイリスの周りには雑草がたくさん生えていました。

ここまでの雑草抜きは、今日はできそうにありません。

また後日・・・



さてテレビのコマーシャルって、物を買うときの参考にしていますか。

どのくらい左右されますか。

わがやはそれほどテレビのCMには左右されないと思っていましたが、CMを見るたびに買いに行こうかなと思う商品があり、先週遂に買いに行ってきました。

その商品とは、いびき防止の枕です。

920氏のイビキが豪快でいつも気になっていましたので、石岡のニ〇リ迄先週の日曜日買いに行ってきました。


DSC_4215

この枕、イビキを防止するだけでなく、横向きで寝た時に身体の負担が少なく自然な姿を保てる構造になっているという。

専用の縦にも横にも延びる枕カバーも買って・・・
DSC_4226

この一週間、試してみました。

確かに、この枕に変えてから豪快ないびきは聞こえなくなりました。

心なしか寝てる時の姿勢も良くなったように思います。

兎に角、静かに寝てくれるので大助かりな私ですが、50年間連れ添った大いびきが聞こえないとなんだか変です。

920氏の大いびきは、私の睡眠のバックミュージックだったのかもしれませんね。




k_920_375 at 17:06|PermalinkComments(6) 草花(山菜を含む) | 健康

2022年05月14日

スイレン・お細工物のスイレン

予報通り雨になりましたが、割と早い時間に雨は上がりました。

メダカを飼っているスイレン鉢のスイレンが咲き始めました


DSC_4303
雨あがりのスイレンです。

長襦袢の端切れで作った、お細工物のスイレンも出してきましたよ。

本物のスイレンには勝てませんが・・・・


DSC_4302


スイレンは、水の上に浮かぶように咲く花が印象的ですね。

古代エジプトでは、神聖な花として扱われてたそうです。

スイレンと蓮の花はよく似ていますね。

どちらもとっても素敵なお花ですが、スイレンとハスの違いは、スイレンは水に浮かぶように花を咲かせますが、ハスは、水辺より1m以上も茎をのばしてその先に花をつけます。

花の大きさも、スイレンよりハスの方が大きな花を咲かせます。

スイレンの花言葉は、心の純潔・清純  です。

k_920_375 at 17:31|PermalinkComments(8) 手芸 | 草花(山菜を含む)

2022年05月13日

ジャーマンアイリス・アオスジアゲハ

今日は朝から雨の1日、朝のうちにストレッチに行き、後の時間は家の中で縫物などをして過ごしました。

今日は雨なので、昨日撮ったジャーマンアイリスとアオスジアゲハを見て頂こうと思います。

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリスは、虹の花(レインボーフラワー)とも言われるように多くの色の花を咲かせます。

上の弁と下の弁で色の違うものも多く、まるでドレスを纏ったような姿がとても優雅ですね。

DSC_4271


DSC_4270

ジャーマンアイリスは、暑さや寒さに強いので育てやすいのですが、どちらかというと乾燥が好きな植物なので、水のやり過ぎには注意が必要です。

庭にヒラヒラと飛んでいる蝶々

なかなか止まってくれないので写真におさめるのに一苦労です。

20220511_122810

庭から外れて道端のアザミの所に止まってました。

黒い羽に青い筋の入ったアオスジアゲハは、とってもきれいな蝶々です。


k_920_375 at 16:43|PermalinkComments(8) 草花(山菜を含む) | 生き物

2022年05月12日

紫蘭・ニンニクの芽

お天気が崩れると思っていましたが、陽射しも出て日中いっぱいはこのまま雨が降らない感じで、なんだか得した気分です。

あきらめていた庭の整理、草を抜いたり増えすぎてしまった鉢植えを植え替えたり・・・

キルタンサスのピンクが増えすぎて鉢から抜けなくなってしまいました。

鉢を壊して球根をバラバラにして、植え替えました。

長時間立ったり座ったりの連続で、足が疲れてしまいました。

さて、今日のお花は?

紫蘭の花が咲いています。

赤紫色と白い色の花です。

赤紫色は一般的ですが、白は珍しいでしょう。

DSC_4281

白い花の葉は、白い筋が入って斑入りです。

DSC_4277


DSC_4276

こちらの白い花は、葉が斑入りではありません。

斑入りの葉の花よりも中がピンクですね。

葉は斑入りではありませんが、花がほんのりピンクで可愛いです。

DSC_4273


紫蘭も年々増えていきます。

紫蘭の花言葉は、あなたを忘れない、変わらぬ愛  です。

花言葉が素敵ですね。


さてニンニクが、蕾をつける季節になりました。

わが家より早くニンニク農家の方が、ニンニクの芽を届けてくれました。

DSC_4268

ニンニクの芽は、取るタイミングが難しいですが、早すぎてもいけないし遅すぎると固くなるし、外葉と同じ高さになったら折って収穫するといいと思います。

茹でて醤油漬けにしたり豚肉と炒めたりで食べています。

我が家のニンニクの芽も間もなく収穫です。

k_920_375 at 16:39|PermalinkComments(8) 草花(山菜を含む) | いただき物

2022年05月11日

クレマチス・チャボの卵

クレマチスの花が咲き始めましたよ。


クレマチスの種類はたくさんありすぎて、名前がわからないのもありますがわかっているものは名前を書きたいと思います。

クレマチス・ヴィチセラ

DSC_4199



DSC_4250


クレマチス・ラヌギノーサ

DSC_4252

クレマチス・フロリダ・ブレナ

DSC_4256

DSC_4255



最近、我が家に咲き始めたクレマチスたちです。

クレマチスとテッセンは同じように思いますが、違うようですね。

クレマチスもテッセンもキンポウゲ科の蔓性ですが、クレマチスの花は大きく、テッセンは中国原産で花は小さく、茎が細く固いそうです。

クレマチスの花言葉は、精神の美・旅人の喜び、策略



珍しい卵をいただきました。

平外で育てているチャボの卵です。


DSC_4180

普通の卵よりかなり小さいです。

チャボって小型で愛玩用の鳥なんですって・・・

聞いてびっくりしたのですが、チャボはペットとして勝ってもかなり人に懐くのだそうです。

犬や猫用のケージに入れて室内で飼うことも可能ということでさらにビックリ・・・

この卵を下さった方は、外で平飼いをしているそうです。

k_920_375 at 17:49|PermalinkComments(4) 草花・樹木 | いただき物

2022年05月10日

キンラン・ギンラン

今日は、気温もちょうどよく穏やかに晴れたので、とても気持ちがいいですね。

よく晴れるのは今日までで、明日からはお天気が崩れるというので、シーツなど大きなものを洗いました。

里山に咲く、キンランとギンランをご存知でしょうか。

DSC_4241


DSC_4242


キンラン・ギンランは、日本の野生蘭のひとつで、同じキンラン族に属しています。

かつては雑木林や、里山にどこにでも咲いていた花ですが、今や絶滅を危惧される花になってしまいました。

我が家の周りにも、以前はたくさん咲いていましたが、年々その数は減って今は探さなければ見つからないほどになってしまいました。

珍しい花が咲いていると、採取していってしまう方が後を絶たないため、どんどん数は減ってしまうのです。

友人の近くの里山にキンラン・ギンランが咲いているというので案内していただきました。

DSC_4244

こんな素敵な花を見つけると、どうしても持って帰りたくなってしまう気持ちはわかりますが、この植物は、採取していっても根付きません。

この花は、「菌根菌」と呼ばれる菌類と共存するため、菌に対する依存度が高く林の下などの特殊な土壌にのみ育つので、家庭の庭に持ってきても自然に消滅してしまいます。

やはり里山の花は里山に足を運んで楽しませていただく方が歩く楽しみもありいいですね。

来年もまたこの場所に、キンランギンランが咲きますように・・・

祈るような気持ちで里山を後にしてきました。

k_920_375 at 17:18|PermalinkComments(6) 里山の風景 

2022年05月09日

ドナーの予後・山野草

今日は920氏の定期健診でした。

4月に920氏の主治医が転勤し主治医の転勤にあわせて、我が家も先生について転院しました。

今日は新しい病院での初めての診察・・・担当医は顔なじみの先生なので違和感はなく、特に問題になるようなことはありませんでしたが、次回からは私の腎臓も管理していただくことになりました。

以前私は東京の病院で生体腎移植のドナーとしての片腎の予後を、定期的に診察を受けていましたが、コロナ禍で県をまたぐことができなくなり、以来受信をしていませんでした。

ドナーとしての健診はきちんと受けた方がよいのは分かっていましたが、コロナ禍で、3年間放置してしまいました。

今日920氏の主治医とお話しさせていただき、ドナーとしての予後も見て頂くことになりました。

私達の主治医は、日本移植学会の副委員長をしている先生なので安心してこれからの健診をお願いしようと思います。

今迄も近所の家庭医でクレアチニンなどは見てもらっていましたが、次回から移殖についての専門医に、見て頂けることになり安心したところです。

さて次は山野草です。

山野草の仲間にアマドコロという植物がありますが、ご存知でしょうか。

DSC_4205

山道を歩くと丁度今頃道端に咲いています。

DSC_4210

この写真は友人からもらった鉢植えで、我が家に咲いているアマドコロです。

アマドコロは漢字で、甘野老と書きます。

薬草で、薬用部位は根茎
    薬効は、滋養強壮・美肌
    生薬名は、委蕤(いずい)
         玉竹

アマドコロの花言葉は、元気を出して・心の痛みのわかる人・小さな思い出



k_920_375 at 17:38|PermalinkComments(4) 健康 | 薬草

2022年05月08日

本日は極楽なり・・・

今日は母の日・・・

私は昔から「サトウハチロウの母という字を書いてごらん」という詩が好きです。

母という字を書いてごらんなさい

母という字を書いてごらんなさい
やさしいように見えてむずしい字です
格好のとれない字です
やせすぎたり ふとりすぎたり ゆがんだり
泣きくずれたり・・・・笑ってしまったり
お母さんにはないしょですが ほんとうです

母への思いは、母が亡くなって二十数年たっていても消えることはありません。

つい先日は夢の中で「おかあさん・おかあさん」と大きな声で呼んでいました。

あの晩はきっと私は子供に返っていたのでしょう。

思い出すのは、母の笑顔・・・母の笑顔は忘れられません


昨日クール宅急便で息子家族からプレゼントが届きました。

息子家族からのプレゼントは、思い掛けなく海鮮丼セットでした。

海鮮六色丼

DSC_4217


DSC_4213

解凍して盛り付ければ食べられるようになっている。

お手軽においしいものが食べられるって幸せですね。

海鮮物が大好きな私を喜ばそうと、息子家族が相談して送ってくれたんだろうと思っています。

感謝・感謝

夕方から娘が、海鮮丼とケーキを作ってくれています。

母の日は、なんといい日なんでしょう。

極楽・極楽です。

出来上がった海鮮丼

DSC_4234


お家ごはんでこれが食べられるって、凄いです。

DSC_4229



k_920_375 at 17:12|PermalinkComments(6) 行事 | いただき物

2022年05月07日

七宝まり・吉祥模様・紅白

昨夜は結構強い雨が降った模様・・・今日は曇天の一日

突然ですが、七宝まりってご存知でしょうか。

DSC_4196

七宝まりは、七宝の形をした縁起ものです。

DSC_4197


七宝まりの幾つもつながった輪は、人の輪・人生の輪を表しています。

七宝まりは、円満・財産・子孫繁栄の意味が込められた吉祥模様として昔から人気のあるお細工物でつるし飾りにもよく使われます。

吉祥模様とは、同じ大きさの円を四分の一ずつ重ねて繋いだ幾何学模様の日本の伝統模様です。

ちりめんで作った七宝まりを見て頂きました。


さて今日の植物は、紅白のナデシコです。

お正月からずっと玄関先を飾ってくれています。

DSC_4203

鉢植えですが、とっても元気です。

DSC_4202

ナデシコは耐寒性もあり一年中花をつけているので本当に助かります。

ナデシコは、結構丈夫ですが夏の暑い時期の蒸れには気をつけた方がいいです。

赤のナデシコの花言葉は、「純粋で燃えるような愛」

白い撫子の花言葉は、器用・才能

k_920_375 at 18:13|PermalinkComments(6) 手芸 | 草花・樹木

2022年05月06日

清多さん・ワンコたち

ブログで知り合って10年来のブログ友清多さんが遊びに、来てくれました。

今日は、パートナーのT子さんとアマチュア無線で2度交信したことがあるお父様と3人です。

清多さんは以前は「せいパパさん」と呼んでいましたので、つい「せいパパさん」と声をかけてしまいます。

清多さんは、色々な病気を克服し、つい最近は美容師としてお仕事にも復帰しています。

幸せそうな清多さんを見ながら、パートナーのT子さんに感謝している所です。

今日は、午後から用事が入っていたため、午前中の2時間だけのおしゃべりでしたが、楽しい時間が持てたこと嬉しく思っています。


話しは変わりますが・・・・

我が家の隣は、弟のセカンドハウスです。

このゴールデンウィークにワンちゃんたちを連れて来ていました。

DSC_4183

DSC_4181

DSC_4182

元気いっぱい走り回っているので3匹一緒の所が撮れなかった

やっぱりワンコのいる生活はいいなぁ〜



k_920_375 at 16:50|PermalinkComments(6) 生活 

2022年05月05日

立夏・ヤグルマギク・端午の節句

今日は二十四節気の一つ立夏です。

暦の上では夏が始まり今日から立秋の前日までが夏となります。

この時期は年間を通して最も爽やかな頃とされ、野山の木々は芽吹き新緑がまぶしく薫風が吹き抜けていきます。


ヤグルマギクが咲き始めました。

お花の上にいるのは誰ですか。

DSC_4176

さて今日は端午の節句・・・

孫は帰ってしまいましたが、孫のための小さいこいのぼり・・・薫風を受けて翻っています。

1651740918502

家の中では、端午の節句用の吊るし飾り・・・

DSC_4193

そしてショウブの葉


DSC_4150

ショウブの葉も友人にいただき、魔よけとして軒下に飾ったほかに、今夜お風呂に入れて薬湯にします。

昔中国ではショウブの葉を刻んでお酒に入れて飲んだそうです。

ショウブの葉の独特な香りは、なんとなく癒される香りです。

k_920_375 at 18:08|PermalinkComments(4) 歳時記 | 草花・樹木

2022年05月04日

ラナンキュラス-ゴールドコイン・ハクロニシキ

今日はみどりの日、以前は4月29日でしたが、5月4日に変わりました。

みどりの日は、自然の恩恵に感謝する日です。

私の家は、海の幸・山の幸に恵まれ自然の恩恵を毎日受けて生活しています。

心からみどりの日に感謝しています。


そして我が家の庭・・・

ラナンキュラス・ゴールドコインという長い名前の植物ご存知ですか。


DSC_4168

黄色くてポンポンダリヤのような丸い花をつけています。

DSC_4167


この花はランナーを伸ばし何処まででも増えていきます。

金色に輝く八重咲の花は群生してるととてもきれいです。

別名は花キンポウゲ

ラナンキュラス・ゴールドコインの花言葉は、富・幸福・忘恩・美しい人格・光輝を放つ・到来する楽しみ・こんなピカピカ・・・

とっても素敵な花言葉ですね。

今日はもう一つ見てくださいね。

ハクロニシキ

ハクロニシキはイヌコリヤナギの園芸種です。

とても丈夫な植物で、乾燥や暑さ寒さにも強く育てやすいです。

DSC_4174

淡いピンクが載る白い斑入りの葉は、芽の出る頃が一番美しく、夏以降は徐々に斑が薄くなっていきます。

葉色は、ピンク〜白〜白斑入りと変化して庭のアクセントになっています。


k_920_375 at 17:37|PermalinkComments(8) 草花・樹木 | 生活

2022年05月03日

トキンイバラ・ウィズコロナ

今日は朝から晴れましたが風は冷たいです。

ゴールデンウィーク真っただ中・・・

わが家では、トキンイバラが咲いています。


DSC_4162


トキンイバラは、キイチゴの仲間ですがバラのような八重咲の大輪の花を咲かせます。

地下茎で増えるのですが、増えすぎて困る人は、鉢植えをお勧めします。

でも鑑賞する分にはとても美しい花です。


さて、ゴールデンウィークの後半ですが、国道に出てびっくり・・・

凄く混んでいます。

前半はお天気も悪かったので後半に集中したのでしょうか。

近くの大竹海岸には大勢の人が来ていました。

DSC_4165

3年ぶりに規制のない連休ですが、皆さん感染対策をして出かけてきたのでしょう。

気持ちはよくわかりますが、人・人・人で、今までにない光景が広がっています。

ゴールデンウィーク後の感染数が気になりだしてしまいました。



k_920_375 at 18:13|PermalinkComments(4) 草花・樹木 | 生活

2022年05月02日

ジャーマンアイリス・カラー

今日は朝から晴れています。

太陽の出た分だけ暖かく感じます。

つぼみを膨らませていた、ジャーマンアイリスの花が咲き始めました。

ジャーマンアイリス

やっぱり鮮やかな黄色い色はとても目立ちますね。

他の色もあるのですがまだ咲きません。

DSC_4138


DSC_4136

ジャーマンアイリスの花の色はいろいろありますね。

ジャーマンアイリスの花言葉が素敵です。

ジャーマンアイリスの花言葉は、使者・恋のメッセージ

黄色いジャーマンアイリスの次は、カラーです。

カラー


DSC_4133

ちょっと花びらが虫に食べられてしまいました。

カラーは、サトイモ科で原産地は、南アフリカなんですね。

我が家の植物は丈夫で植えっぱなしでも花付きの良い植物が多いのですが、カラーも手が掛かりません。

冬は葉は全部枯れて無くなってしまいますが、春になると元気な葉が出てきて初夏に花を咲かせます。

花言葉は、乙女のしとやかさ、清浄  だそうです。


k_920_375 at 17:22|PermalinkComments(8) 草花・樹木 

2022年05月01日

5月の空・ミヤコワスレ・チョウジ草

今日から五月・・・5月は曇天で始まりました。

気温が低く、風邪を引くのが心配でしたので孫を海に連れて行くのはやめました。

特に出かけることもなく、孫と一緒の時間を過ごしましたが、孫は予定通り夕方帰っていきました。

孫が帰る頃には、小雨もパラつき始め益々寒くなってきました。

毎日わが家のお花を見て頂いていますが、今日も幾つかの花を見て頂きます。


チョウジ草

チョウジ草は淡いブルーの星形の花を咲かせる宿根草です。

花はとてもきれいですが、アルカロイドを含み有毒です。

DSC_4118

花期は短いですが、切り花としても流通しています。

DSC_4121

チョウジ草の花言葉は、威厳・上品な優雅さ


ミヤコワスレ


ミヤコワスレは、本州、四国、九州の山地に自生するミヤマヨメナの園芸品種に付けられた和名です。

ミヤマヨメナは、淡青色ですが、江戸時代から改良されてきたミヤコワスレは、淡青色だけでなく、青やピンク白があります。

DSC_4132


DSC_4124

ミヤコワスレの花言葉は、別れ、しばしの憩いだそうです。


k_920_375 at 18:03|PermalinkComments(6) 草花・樹木 | 生活

2022年04月30日

ナツユキソウ・ツリガネソウ

今日で四月は終わりますね。

またまたあっという間の一ヶ月でした。

今日は朝から晴れましたが、風が冷たいので風邪を引かないように注意が必要です。

わが家では、ゴールデンウィークとしては、3年ぶりに孫が来ました。

元気印ですから、その辺を飛び回っているのですが、どうも虫が嫌いのようです。

我が家の庭の一番美しい時季なので連日お花の事になっていますが暫くご容赦を・・・

今日のお花は、ナツユキソウとツリガネスイセンです。

ナツユキソウはグランドカバーとして花壇を縁取っています。

DSC_4085

DSC_4086


DSC_4084

DSC_4082

ナツユキソウの花言葉は、幸福・才能・思いがけない出会い・・・


ツリガネスイセン

DSC_4080


DSC_4114

色は、白・ピンク・紫の3食ですが、白は既に咲き終わってしまいました。

ツリガネスイセンは、スペインやイべリア半島が原産地です。

とても繁殖力が旺盛でとても丈夫です。

花言葉は、哀れ・不変・恋の呼びかけ・冷静など



k_920_375 at 16:05|PermalinkComments(9) 草花・樹木 

2022年04月29日

昭和の日・藤の花

今日は気温が低いですね。

朝一番のストレッチ教室に参加して、帰ってくる頃10時ごろには弱い雨が降りだしました。

予報より雨の降りだしが早かったのでやりたいことがありましたができませんでした。


午後からは本降りの雨・・・なんとなく寒くてストーブをつけてます。

この後低気圧が続々と通過するようですね。

今日からゴールデンウイーク・・・以前はみどりの日でしたが、今は昭和の日になりました。

明日孫が来る予定になっています。

海に遊びに連れて行こうと思いましたが、低気圧の通過で大時化の模様・・・

一泊なので、今回は海で遊べないかも・・・

近所の藤の花が見事に咲いています。

DSC_4100


DSC_4099

DSC_4097

DSC_4098


コロナ禍で、最近来ていないお宅ですが、主はいなくとも花は元気に咲いています。


k_920_375 at 15:59|PermalinkComments(4) 生活 | 草花・樹木

2022年04月28日

リンゴの花・筍キムチ

今日は暑さもおさまって、肌寒いくらいです。

一昨年の秋に買ったリンゴの木に花が咲きました。

リンゴの花ってこんなにかわいいのですね。

DSC_4096

DSC_4095

リンゴの木は二本買いましたが、花が咲いたのは一本だけでした。

まだまだ小さいリンゴの木ですから、実がつくかどうかはわかりません。

まずは、木を大きくすることを考えた方がいいのかな。


少し前の話になりますが、筍をたくさんいただいたので、筍キムチを作ってみました。

DSC_4078

茹でた筍を、適当な大きさに切って、キムチの素と混ぜ合わせただけの簡単なものですが、ちょっと目先が変わっておいしいです。

ご飯が進んで食べすぎてしまいますが・・・


k_920_375 at 16:55|PermalinkComments(6) 草花・樹木 | 調理

2022年04月27日

雑草と呼ばれて・・・

どこのお宅でも、この季節色々なお花に囲まれて癒されていることと思います。

そんな中で雑草と呼ばれて目の敵にされ、抜かれる運命の植物もあります。

そんな雑草にも可愛い花をつけているものも多く、今日はそんな中で私の好きな雑草を二つ見て頂きたいのです。


マツバウンラン

土手や芝生の中などで風に揺れてるマツバウンランを見かけたことはありませんか。

マツバウンラン・・・画像を大きくしないとわからなくくらい目立たない花です。

DSC_4090

唇型の紫色の花がかわいいでしょう。

DSC_4094

楚々としていてかわいくて、雑草と呼ばせるにはもったいない様なお花だと思いませんか。

雑草にもきちんと花言葉があるのです。

マツバウンランの花言葉、輝き・喜び です。


キュウリ草

庭などに忘れなぐさに似た小さいお花を見つけたことありませんか。

それがキュウリ草です。

DSC_4088


DSC_4089

キュウリグサ

こちらは、お借りしてきた画像です。

淡い水色の花びらがかわいいです。

あまりにも儚げで抜いてしまうのが可哀そうで抜かないで置いた時もありましたが、増えてしまったので適当に抜くことにしています。

キュウリ草の花言葉は、愛しい人へ・真実の愛 です。

k_920_375 at 17:47|PermalinkComments(6) 草花・樹木 

2022年04月26日

エディブルフラワー

今日は、朝から曇天でしたがお昼頃強い雨・・・はっきりしないお天気の一日でした。

一年中で一番賑やかな我が家の庭・・・

次々とお花が咲いていきます。

気温が上がってきてハーブも元気に育っています。

エディブルフラワーとしてもよく知られている、ボリジとカモミールも元気に花を咲かせています。


ボリジ

ボリジは、星の形をしている可愛い花で、砂糖漬けやワイン漬けにして保存も可能です。

ケーキの上に載っている砂糖漬けのボリジの花を見たことがありませんか。

澄んだ青色の花が、とてもかわいいです。

DSC_4063

ボリジは、青い花の他に白い花のボリジもあります。

葉は、サラダや香りづけにして、料理の飾りつけとして使われます。

DSC_4065

ボリジはその土地が気に入るとこぼれ種でどんどん増えます。

わが家では、ボリジを友人から分けてもらった後は毎年勝手に咲いてくれてます。

ボリジには、カリウムやカルシウムが含まれており、風邪を引いた時の発汗作用、抗炎症作用、頭痛や喉の痛みを和らげます。

また、ボリジの葉や花にはアドレナリンの分泌を促す成分が含まれており、塞ぎ込んだ気分の時に取ると憂鬱な気分を取り除いてくれる効果もあるといわれています。

ただ毒性も併せ持っていることから取り過ぎはよくないとされているそうですよ。

花言葉は、勇気・保護・心変わり



カモミール

カモミールは、リンゴの香りのするとても人気のハーブですね。

花や葉を乾燥させてお茶にしたり、ハーブバスにしたりして楽しむことができます。


DSC_4062

カモミールはとても丈夫で、踏みつけても枯れないくらい丈夫です。

ただ夏の蒸れには弱いので、風通しを良くしてあげれば春から秋まで次々とこぼれ種で増えながら花を咲かせてくれます。

カモミールという名前は、「大地のリンゴ」という意味のギリシャ語なのだそうです。

リラックスして眠りたい時に、寝る前にカモミールティーを飲むといいそうです。

カモミールの花言葉が凄いですよ。

カモミールの花言葉は、清楚・あなたを癒す・逆境に耐える・逆境で生まれる力


k_920_375 at 17:43|PermalinkComments(10) ハーブ 

2022年04月25日

シャクナゲ・ツツジ・サツキ

今日は暑かったですね。

庭仕事をしてましたが、ちょくちょく水分補給をして、休み休みの作業でした。

気温が上がってきて、ツツジやシャクナゲがきれいです。

ツツジの花を大きくしたような、シャクナゲの花・・・

ツツジとさつきとシャクナゲはみんなツツジ属の仲間です。

似ていますが、みんなそれぞれに特徴がありますね。

ツツジとさつきの花は似ていますが、ツツジは3月から5月に咲き、サツキは5月から7月に咲きます。

ツツジは花後に新芽を出しますが、サツキは新芽を出しません。


シャクナゲは、花も大きいし葉も大きいので違いは分かると思います。

一番はっきりとした違いは、ツツジは落葉樹ですが、サツキとシャクナゲは常緑樹です。

今が盛りのシャクナゲの花・・・

DSC_4046

これは少し前に咲いたシャクナゲ・・・

DSC_3928

ツツジの花も、咲き始めています。

DSC_4048


DSC_4049

山ツツジも咲き始めました。

里山は、このオレンジ色の山ツツジがとてもきれいです。

DSC_4051


暑くなってすっかり、初夏の装いですね。



k_920_375 at 18:04|PermalinkComments(6)

2022年04月24日

若冲と京の美術

茨城県近代美術館の企画展に行ってきました。

DSC_4012

茨城近代美術館に伊藤若冲が展示してあることを知り、家族で出かけました。

伊藤若冲さんは、独学で絵の道を開いた天才絵師なのです。

しかしながら若冲は、近年まで一部の専門家の間でのみ、江戸中期の異端な画家としか認識されていませんでした。

若冲が注目を浴びたのは、1990年以降で、2000年に京都国立博物館で若冲の没200年を記念した展示が行われるや否やその技法と作品の独自性が話題になり全国の美術ファンから注目を集めるのです。

2016年東京都美術館で開催された生誕300年祭では40万人以上の入場者を動員する記録的な大ブームが起きました。

私が若冲さんを知ったのもこの頃です。

これ以降伊藤若冲さんの名は不動のものとなりました。


そんなわけですから今回も混雑を予想して、予約をしていきましたが今日はそれほど混雑していませんでした。

今回は、伊藤若冲の初期の「雪中雄鶏図」から晩年の水彩画まで16点、若冲の代名詞になっているニワトリやユーモラスに描かれた子犬やネズミ、野菜などのち密な絵を見ることができました。

残念ながら館内は撮影禁止ですから、写真でお伝えすることはできませんが、出口の所に写真を撮っていいというコーナーがありましたので、その写真を見てください。

DSC_4025

DSC_4017



DSC_4018




DSC_4022

DSC_4023

この他にも、京の歴史や文化を伝える美術品として、琳派の作品や風俗画や茶道具などの展示もあり国指定重要文化財も2点展示されていました。

DSC_4040


今回茨城県で、思いがけずに伊藤若冲さんの作品に出合うことができてとても嬉しく思いました。



k_920_375 at 16:19|PermalinkComments(6) おでかけ 

2022年04月23日

お細工物・端午の節句モード・・・

今日も気温が上がりましたね。

額の汗を拭きながらの家事遂行です。

さくらの季節が終わって、我が家のお細工物も端午の節句モードになりました。

この他につるし雛もありますが吊るし雛は次回です。


鯉のお細工物と稚児人形

DSC_4004


大きな鯉に乗る稚児人形と兜・・・

DSC_4006


DSC_4007

お細工物のこいのぼり

DSC_4010


いよいよ端午の節句が間近になってきました。

我が家は、一気に端午の節句モードです。

今日は嬉しいことがあり、久しぶりに友人が来てくれました。

コロナ禍でなかなか会えなかった友人にやっと会えて嬉しかったです。


k_920_375 at 18:04|PermalinkComments(6) 手芸 | 生活

2022年04月22日

チューリップ・常磐道

今日は暑くなりましたね。

用事があって都会に行ってきましたが、車ではエアコンを・・・

常磐道を走っていると、真正面に富士山が見える所があります。

普段は富士山が見えないところに住んでいるせいか、富士山を見るとなぜか嬉しくなるんですよ私。

雄々しい富士山は、真っ白な雪を被った姿で雲の上に頭をだしていました。

真っ白な富士山の次に見えるのはスカイツリー・・・

遠かったのでかすんで見えてました。

今日は日帰りで帰ってきましたので用事を済ませてとんぼ返りです。

最近、コロナ禍で、どこにも出ない日々が二年以上も続きました。

靴を履くことが殆どなかったので、久しぶりお出かけ用の靴で帰ってくる頃には足が痛くなりました。

コロナ禍が長くなり、でかけられない体になってしまったのかしら


今年我が家に咲いたチューリップで、ちょっと珍しいかなと思う種類のご紹介です。

これはチューリップブレストという品種です。
ちょっと変わっているでしょう。

DSC_3980


DSC_3954
 
チューリップキースネリス

DSC_3981

チューリップバレリーナ

DSC_3971

懸命に咲いたお花達の晴れ姿を、皆様に見て頂けて嬉しいです。



k_920_375 at 18:50|PermalinkComments(8) 草花(山菜を含む) | おでかけ

2022年04月21日

カレンソウ・絹さや

カレンソウの花が咲きました。

DSC_3975

カレンソウは、ゼラニウムとシトロネラを交配して作ったハーブで、蚊を寄せにくいとされていますが本当でしょうか。

ゼラニウムやシトロネラは蚊を寄せ付けにくいといわれシトロネラールという香りが含まれており、この二種類のハーブを交配しているのでよりシトロネラールの香りが強いので蚊を寄せ付けないといわれているようです。

実際はどうなの、蚊に聞いてみないとわかりませんよね。

カレンソウは冬の寒さに弱いので冬の間は、家の中に入れてました。

これからが蚊の季節、もっとたくさん挿し木をして増やし、蚊が寄ってこないようにしたいものです。


さて先日のお湿りが潤いになり、畑の絹さやもなり始めました。

シャキシャキした歯触りの絹さやですが、収穫の時期になりと食べきれないほどたくさん収穫になってしまいます。

絹さやはあまり日持ちのしない野菜なので、上手に保存したいです。

DSC_3979


DSC_3977


DSC_3976

私は、程よく湿らしたキッチンペーパーに包み、保存袋に入れて冷蔵庫で保管するか、さっと茹でて冷凍してます。

お料理の色どりに使えてとても便利です。


k_920_375 at 17:31|PermalinkComments(8) ハーブ | 

2022年04月20日

山菜の女王コシアブラ・記念日

春の楽しみの中には、山菜がありますね。

山菜の中でも女王といわれるコシアブラをいただきました。

友人が栃木の山に行って取ってきたものを届けてくださいました。

きれいに洗ってパックに入れて持ってきてくれたのです。


DSC_3995


コシアブラのほかには、コゴミも・・・

コゴミ葉は、正式名称を草ソテツといいシダ植物の、多年草です。

美しい緑の葉で冬には地上の株は枯れますが地下の株が越冬し春になると新芽が出ます。

食用に取るのはその新芽の部分です。

コゴミもまた、ほかの山菜と同じように天ぷら、あえ物、炒め物などで食べられま

DSC_3991


DSC_3988


我が家はさっと茹でてマヨネーズで和えて食べるのが好きです。

またコシアブラやコゴミなどの山菜を洋風にパスタやピザに入れるのもおいしいですから是非お試しくださいませ。


今日は、私達の54回目の結婚記念日です。

二人で元気に54回目の結婚記念日を迎えられたこと、実に幸せなことと思います。

半世紀以上も一緒にいるのですから夫婦って凄いですね。

半世紀というと気が遠くなりそうな気がしますが、実際はあっという間のできごとです。

子育てに夢中になって生活し、子供が手を離れてからは、田舎暮らしを望んで行っています。

自然豊かな所で、新鮮なお野菜やお魚を食べてのんびり暮らせることが、とても贅沢だと思っています。

これからも、なるべく子供たちに迷惑をかけないよう、二人で頑張っていこうと思っています。


コロナ禍で、特にどこに行くわけでもありませんでしたが、夕食は、ささやかな御祝いの膳で乾杯です。


k_920_375 at 17:18|PermalinkComments(8) いただき物 | 生活

2022年04月19日

地震・ポポーの花

今朝8時過ぎ、まだ家事などを始める前、のんびりテレビを見ていると、ガタガタガタガタと音がして地震に襲われました。

幸い震度3の揺れでしたが、県内では震度5の地域もありました。

震源地は福島県中通り、津波の心配はないとの情報でした。

大きな地震ではありませんでしたが、突然の揺れにはびっくりしますよね。

いつ来るかもわからない災害に備えるのはなかなか大変ですが、突然の災害に備えて、用意だけはしておこうと思っています。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

さて、庭に植えてあるポポーの花が咲き始めました。

ポポーは、バレンシア科の植物で耐寒性があります。

花はチョコレート色をしてとてもきれいです。


DSC_3986

花は釣鐘状で、UPしてみるとこんなお花です。

1つの花に4〜5個の実が房状になることが多いです。

DSC_3983


DSC_3987

うまく受精して、今年もたくさん実をつけてくれると嬉しいです。

k_920_375 at 16:56|PermalinkComments(4) 生活 | 草花(山菜を含む)

2022年04月18日

フリンジ咲き・一人前に・・・

今日は夕方から雨の予報でしたが、お昼過ぎに雨が降ってきて大慌て・・・

急いで洗濯ものを取り込みました。

午後からは西〇公民館で体操のボランティア・・・

参加者の皆さんと楽しい時間を過ごしてきました。

さて面白いチューリップが咲いたので、見て頂こうかと思います。

フリンジ咲きのチューリップ・・・

20220418_123941

切り込みが入ったように見えるチューリップです。

DSC_3969


DSC_3939

これは、アンジェリケというチューリップ
とっても優しいピンクです。

道端に咲くヤマザクラですが、去年までは木が小さくてあまり花をつけませんでしたが今年は一人前に・・・

20220418_093727

他の木と比べればまだまだ小さい苗木ですが、これからどんどん大きく立派になっていく山桜の木です。

k_920_375 at 17:24|PermalinkComments(6) 草花・樹木 | 里山の風景

2022年04月17日

不携帯・ネモフィラ

昨日の事・・・

都会に用事があって朝のうちに出かけましたが、土浦を過ぎたころスマホを忘れたことに気が付きました。

考えてみたら、充電したまま忘れてしまったようです。

都会に行ってから連絡しなければならないところもあるというのに困りましたが、約束の時間がありましたので取りに帰ることもできずに、そのままスマホなしで過ごすことになりました。

出かける寸前までスマホ入れなきゃ…と思っていたのに・・・本当に年は取りたくないですね。

孫と連絡を取るのも全部920氏におんぶにだっこ・・・スマホは、今やなくてはならないものだということがよく分かりました。

そんなわけで昨日はブログも書くことができませんでした。


今日は、雑用を終わらせて3時半ごろ帰ってきましたが、我が家の花壇ネモフィラがきれいに咲いていました。

DSC_3962

DSC_3960



DSC_3961

ネモフィラといってもブルーばかりではありません。

幾つかの種類があり、白に紫の模様のあるネモフィラは、ネモフィラ・マキュラータ(マクラータ)といいます。

何故か我が家は、ブルーよりも白いマキュラータの方が、多く目が出たようです。

ひたち海浜公園も今ネモフィラが見頃のようですね。

混雑を見越して今年は、ネモフィラの咲始めにひたち海浜公園に行ってきました。

ネモフィラは、オオイヌノフグリを大きくしたような花がとても愛らしいですね。



k_920_375 at 16:54|PermalinkComments(6) おでかけ | 草花・樹木

2022年04月15日

花むしろ・お茶うけ

台風1号の影響で、今日も冷たい雨・・・

一旦止めていた暖房を再びして、部屋の中に籠りきりです。

先日頂いたおいしそうな最中・・・

可麻久良(かまくら)という素敵な名前の最中です。

20220414_153712

DSC_3944

DSC_3947

たっぷり入ったあんこの最中を、濃いお茶と一緒にいただくのは、まさに至福のひと時です。


さて、花の命は短くてといいますが、今年のサクラの命は短かったです。

さくらが咲いたと思ったら夏の暑さが続き、あっという間に葉桜になってきました。

昨日からの花散らしの雨に打たれて、残っていた花びらは花むしろになりました。

今年も一つの季節が終わりましたね。


DSC_3952

毎年の事だけど、あと何回桜の季節を迎えられるのだろうと思うのです。


k_920_375 at 16:45|PermalinkComments(4) 草花・樹木 | いただき物