2005年09月

2005年09月29日

新潟競馬場

今日は思いつくことがいっぱいあって、何だか書きっぱなし。

新米主婦、8月の収支を見直す…
出費が多い。何故?
二人で新潟まで競馬に行ったから。
アイビスサマーダッシュにね。
カルストンライトオこの人、『カルストンライトオ』。
馬は本当にかわいいよ。
私の予想通りに走ってくれるともっとかわいいけど!?
他のギャンブルには一切興味がないんですが、競馬だけは
旦那さんの調教…いや、影響のおかげでかなり楽しんでます。
日曜の競馬番組で若槻ちなっちゃんが噛まずに読めるか
保護者の気分で見ております。
今年は競馬でびゅうの年。
私の買い方はちびちび、上限が500円だけど
やっぱり勝ち越したいよね〜。


k_emika at 19:14コメント(0)トラックバック(0)競馬 

おすぎさん

おすぎですっっ!
秋ですねっ。
そう言えば昨年の今頃、日比谷でおすぎを見ましたっ。

おすぎ(今さらこんな写真のせることもないんだけど、一応ね。)

全身黒づくめで急いで歩いていたよなー。

『偶然の恋人』とかいう大して面白くなかった映画
(ベン・アフレックの顔が苦手)の試写会のゲストとして
ピーコと一緒に来てたのを見たのがお初。

二人ともステキなスーツを着ていたけど、足元は内股だったヨ。妙に納得。
企画としては『偶然の恋人』をアピールするべきなんだけど、公開間近か
撮影中だったかブラピの『トロイ』について触れブラピがいかに美しいか熱く語っていた
おすぎさん…ベン・アフレックを顔が長い、とさりげなくきってた。まあ事実だ。

この日すれ違ったおすぎさんはシャキッとしてて颯爽と歩いていたよなー。
別人だったのかな。
ピーコだったのかな。
ヒーコだったのかな。

どっちでもいいけど、淀川長治さん亡き後
ほどほどに頼りにしてる映画評論家です。


k_emika at 18:18コメント(0)トラックバック(0)日記 

★チャーリーとチョコレート工場

ジャ〜〜〜ン!

チョコ ピンクあまりに楽しくて帰り道もニヤニヤしてたと思う。
でも、それでイイのだ!! だって期待以上に楽しかったんだも〜ん。
この映画に関しては既にたくさんの方がブログに載せていらっしゃるので
ここでは細かい事は一切ナシ!
私は鼻歌まじりに 楽しかった〜♪
            サントラ欲しい〜♪ を連発するのみであ〜る。

 ウンパ 水色                   
見事な目ヂカラ☆

ウンパ 横目見事な富士額☆        
(藤原紀香に負けてナイぞ。)



ウンパ・ルンパのダンスはパパイヤ鈴木仕込みだね。

まじめな話、『シザーハンズ』でも感じたけど
道徳的な面があって子供達にもぜひ観てほしい(表現方法はシュールだけどネ)気がしました。
今私に子供が居て一緒に観に行ったとしたら、子供よりはしゃぐ自信はある。
負けないよ♪

大好きなジョニーが観られ、ティム・バートンの世界を堪能、ヘレナ・ボナム・カーターの
貧乏ルック(←ルック、って今どき…)もかわいかったし満足。

これだから映画はやめられまへんで〜〜 (*` 艸 ´)ウシシシ

k_emika at 16:02コメント(15)トラックバック(9)映画 

2005年09月26日

★オープン・ユア・アイズ

まだTSUTAYAに行けていないので過去の記憶を辿りお勧め映画について。

オープン・ユア・アイズ雑誌か何かの紹介記事を見てすごく気になり
普段は行かない映画館『六本木シネヴィヴァン』(だったか?)
にまで足を運んだ作品です。観る前までは
仕事をダッシュで終えここまで来てはみたけれど…
なんて思ってましたが、観終わって
 コレは大当たりだ〜☆☆☆ と!
面倒なんでストーリーは書きませんがこの作品を観たトム・クルーズが
すぐにリメイク権をゲットした、とう言う話もありましたね。
このリメイク版には原作『オープン・ユア・アイズ』に出ていたペネロベも
出演し、もうとっくに上映済。評判はどうだったんだろ。
(あー、題名が出て来ないんだなーー… 何だっけ、リメイク版。)
 ↑ 最近、こんなんばっかり。
リメイク版もチェックしておきたかったんだけど、
何せ主役がトム・クルーズなんで(笑)
まあそのうちに…で結局観ずじまいです。

話がそれましたが、最初から最後まで飽きなかったです。
よくわからないけど、まず脚本が素晴らしいんでしょうね。
ハリウッド作品には見受けられない“湿り”感がまたイイ☆
牛乳を一緒でないと食べられないビスケット“MARIE”がハリウッド映画なら
こちらは中までしっとり“カントリーマーム”ですね、いやホント。
こんな適当な表現をしていると、『本当に面白いの?』と疑いたくもなるでしょうが
好きとでるか嫌いとでるかはさておき、おススメの1本です。
ペネロペは若くてきれいだし。(美しい裸体もちょこっと登場☆)

これから迎える秋の夜長にこれ系の不思議ワールド映画を観たくなっちゃいました。
何かおススメ、ありますか?




k_emika at 10:54コメント(4)トラックバック(1)映画 

2005年09月24日

★モナリザ・スマイル

明日はちょっと忙しくなりそうなので
本日もういっちょ。

モナリザ・スマイルキルスティン・ダンストがどんな風なのかな〜と気になり
観たかった作品。
『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』で初めて観て
次に観たのが『スパイダーマン』のヒロイン役。
その時、えらい地味だな…と思ったのが正直な感想です。
でも今回の役はとてもはまっていたように思います。

人と出会って触発されたり、共感しあったり…
そういった事は生きてく上で必要不可欠、とまでは言わないけど
あった方が深みを増す気がします。
相手の懐に飛び込む素直さをなくさなければ。
映画のこととはちょっとかけ離れてしまうかもしれないけど
素直、って大切です。

この映画を観て、小学校の時に多数派に負けて
自分の意見を言うことができなかったという酸っぱい?思い出が
頭をよぎりました。子供心に少数派でも自分の方が的を得てる(←やな子供)
と思ったのですが浮いてしまったり、偉そうだと思われるのがイヤだったんですね。
今ならどうだろう。

外見だけではなく内面が魅力的な人でありたいと思う。

ジュリア・ロバーツの笑顔、星5つ!
ジュリアが笑えば世界も笑う、そんな輝きをもった女優さんだと感じました。



k_emika at 17:12コメント(0)トラックバック(1)映画 

★オール・アバウト・マイ・マザー

オール・アバウト・マイ・マザー
やっと観れた〜♪(観たのはチョイ前)
アルモドバル…書きながらいつも合ってるか不安になるこの名前
…の作品は何本か観ていて結構好きなのです。
人によっては唐突すぎるとか、常連の俳優さんが多くて、とか
色々あるかとは思うんですけどネ。

独特の生臭さが好きです。れっきとした褒め言葉です。
お人形のように整った人物が誰一人として出てこないし。
ハリウッド作品には真似できない肌触りだと思います。

主人公役のセシリア・ロス、美しかった。
こういう女優さんを見ると年齢を重ねるのも悪くないのかなって。
(おっと、顔のパーツが違うよねぃ〜)
ペネロペ・クルスを初めて観たのは『オープン・ユア・アイズ』。
この人、綺麗〜って衝撃的だったな。
今回の作品でその綺麗さの真髄を見たような。
(だって、すっぴんに近いメイクよ、なんであんなに可憐なの…?)

またいつか、もういっぺん観よう。

k_emika at 09:40コメント(4)トラックバック(2)映画 

2005年09月22日

■‘存在の耐えられない気持ち悪さ’シリーズ

蟷螂。かまきり。カマキリ。
緑カマキリ、
茶カマキリ、
子カマキリ。

何度も入力して克服しようとするけど…

ムリムリムリムリ(((´Д`;)))ムリムリムリ

大体アゴが細すぎる。
顔に対して目が大きすぎる。
人間に例えるなら、白目が多いタイプだ。
立ち姿は股関節が外れたような感じだぞ。

カマキリが飛ぶことを知った、小学2年の夏。
知らなくて良かったことのヒトツ。


k_emika at 21:09コメント(0)トラックバック(0)日記 

2005年09月21日

★エデンより彼方に

見逃した映画をDVDで観ました。
独身時代は働いてばかり、3ヶ月に1度休めればいい方
なんて時期もあったことを思えば昼間からDVDが観られるなんて…
ああ、ありがたや、ありがたや…

エデンより彼方に
ジュリアン・ムーアが好きなのと、色使いの綺麗さに惹かれ
観たかった作品です。
(私の自己満足で感想を書いているのでストーリーは省きます。)

あの時代に生まれていたら、自分は差別しただろうか、しなかっただろうか。
長いモノに巻かれ、死んだように生きていただろうか。
長いモノを焼いて、差別される側にまわっただろうか。

 グッバイ、キャシー
主人公には誰もいなくなってしまった。
でも、彼女は生きていくんだろうな。

『誇り高く生きて下さい』という台詞が心に染みました。

k_emika at 22:23コメント(4)トラックバック(1)映画 

2005年09月20日

★ビッグ・ウェンズデー

ビッグウェンズデー
本当に大好きな映画です。初めて観たのはやはり深夜のテレビだったと思いますが、
男の友情やら青春やら(…書いてしまうと安っぽくて嫌になってしまう言葉だけど)
アツいのではなくて、淡々とした印象です。
私は35歳なのだけど、私世代からもうちょっと上の方々(特に男性)なら観た方、多いのでは?
また是非観たいのですが、レンタルDVDではイヤなんですよー。
そんなスケールには納まらないもの。名画座の館長さんが特集して下さるか、
我が家がミニロトでも当ててホームシアターを作るか(←ムリ)。うーーーん。

それにしてもジャン・マイケル・ヴィンセント、素敵です。
お酒のCMにも出てましたね、
た、し、かーー、、、サントリー『NEWS』だか。
合ってます?
売れない頃はペンキ職人をやっていた、なんて小ネタまで覚えてますもん、
格好良かったな☆

ちなみに、台風来てて禁止されてるのに『いい波来てんだよー』と海に入る
勝手者は格好悪いで〜す。迷惑で〜す★


k_emika at 11:53コメント(2)トラックバック(0)映画 

2005年09月18日

お月見

黒うさぎ★
今日はお月見でした。
え?明日だっけ?
とにかく月が綺麗な夜です。

この画像は琵琶湖のサービスエリアで
出会った野性の黒うさぎ★
(右よりの黒い物体)
闇夜と同化、しかもピョコピョコ動き回るので
フレーム内に納まったのは奇跡じゃ。

♪うーさぎ、うさぎ、
 何見て跳ねる、、、

k_emika at 00:30コメント(0)トラックバック(0)日記 

2005年09月17日

昨日のつづき

普通の人々
昨日書いた★普通の人々…
ほほ〜、画像ってこんな風に貼りつくんダ。
小生、なんせビギナーなんで(苦笑)




k_emika at 15:48コメント(1)トラックバック(0) 

2005年09月16日

★普通の人々 5

引っ越してきたばかりだと何かとやることが多く、
以外と映画館に足を運べないこの事実。
でも、映画について何か書きたいし。

しばらくは昔観た好きな映画について書くことにします。

設定、監督、俳優、すべてうろ覚えです。
感覚でしか観てないせいか、データ的なことはチョット…

★普通の人々 〜Ordinary People〜 
監督 ロバート・レッドフォード
出演 ティモシー・ハットン(?) ドナルド・サザーランド

そんなに映画に目覚めていない頃か、まだ子供だったかで、
初めて観たのは映画館ではなく深夜のテレビでした。
そのあとレンタルビデオで観て。

痛みに満ちた映画でした。
出来のいい華のある兄と、そうでもない弟(ティモシー・ハットン)。
でも仲は良くって。
事故で兄が死んでしまってから家族が崩壊していきます。
兄を溺愛していた母親はその死をいつまでも受け入れられない。
「なぜあなたじゃなく、あの子なの?」
と生き残った弟につらくあたります。
弟は心のバランスを崩し、そんな息子を助けようとするのが
父親(ドナルド・サザーランド)。

息子(兄)が亡くなり、葬儀に向かう準備をしていた時のことについて
夫婦が言い合いをするシーンがあるんです。あの時あなたはこうだった、
おまえはこうだった…と。
記憶違いかもしれないけど、散々言い合った後たしか抱擁しあったと思うんですよね。
どちらも悪くない。だからやりきれない。

弟の朝食を「食べないのね」と言って母親は流しに捨ててしまう。
フレンチトースト?のアップ。
玄関先に座り込む息子(弟)に寄り添う父親。

むずかしいことはわからないです。なぜタイトルが
『Ordinary People』なのか、とか。でもそんな事とかより、
↑にあげた数々の名シーン。俳優さんの力量なんてわからないけど
ドナルド・サザーランド、素晴らしかったと思います。
いつかDVDでもう一度、と思ってしまうのです。

余談ですが、母親役の方がたまたまなのかキツ目の顔だちだったから
もう、本当につらいんです。痛み倍増。

兄が亡くなって微妙に変わる家族…その中で心を痛めていた少年が
確か『Stand by me』の主人公でもあったような…?
毎日細胞が死んでいってるんで、最近言葉の末尾はいつも「…のような。」です。
歳はとりたくないですね。


k_emika at 21:38コメント(0)トラックバック(0)映画 

2005年09月14日

天然か老化か。

昨日献血をして血が減ったせいか
今日電車で隣の男性が口を開けて
クチャクチャ、いや、くちゅくちゅと
ガムを噛んでいてもそんなに腹が立ちませんでした。
前なら「あの〜、ガムの音が〜、、、」って言ってたハズ。

血の気が減ったのはいいんですが
お目当ての化粧品を買いに行こうと駅まで出向き
『高島屋○○店』へ行きたいのに
『伊勢丹○○店』へ入り
「え〜っ、取り扱ってないじゃ〜ん!!!」
「え〜っ、ホームページ、そんな事じゃ困る〜!」
…と憤慨して帰宅。
しばらくして
「あ、あたしがいったの、いせたんぢゃん…」

そんな事じゃ困るのは オマエさんの頭だよーーーー

生きてる細胞も減っていた。

k_emika at 18:42コメント(2)トラックバック(0)日記 

2005年09月13日

チャーリーにしなかった…

『映画に行って来る♪』と意気込んで、
ハローワークで持てる気力の全てを使い果たし、
疲れきってなだれこんだのは、、、
…献血ルーム★

【本日の収支】
文化面 ±0
体力面 血液 −400ml

k_emika at 23:14コメント(0)トラックバック(0)日記 

チャーリーにしようかな…

今日は映画を観に行こうと思います♪
普段ほとんど邦画は観ないんですが、先日観に行った
『容疑者・室井慎次』の口直しが必要なんですネ★
『交渉人・真下正義』が意外とおもしろかったので
楽しみにして足を運んでみたのですが… 
いや〜〜… あとは言うまい。

で、迷っています。
都内まで出るか、近場で『チャーリーとチョコレート工場』を
観に行くか。早く大好きなジョニー・デップに逢いたいのだけど、
ジョニデ好き、映画通の友人と行った方が盛り上がるかな〜と考えて。

映画館へ足を運ぶまでの時間や、映画館に集まる人々を眺めるのが
大好き。それ込みで映画が好きなのかもしれないです。

これからの時間、段取り良く行動しないと観れなくなっちゃう!
まずは映画と違って夢のナイ‘ハローワーク’へ行って…
それからですな。




k_emika at 10:05コメント(0)トラックバック(0)映画 

2005年09月12日

はよう気付きゃー良かったんよ!

今朝チョイと新鮮な気持ちでポストを開けてみたら…
(結婚を機に先月末旦那さん宅へ引越したばかりなのです。)
どれどれ…寿司屋のチラシに、えーっと、

ピヨ〜〜〜〜ッ、このオレンジ色の封筒は…
やっぱり追加公演の先行予約の案内じゃんか!!!
(ポルノチームならご存知の、会員限定のアレ、ですよぉ〜。)
普段なら動揺することはないのだけど、
実は引越しのドサクサで会員期限更新の会費の振込を、

忘れていたのでしたっ ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

「あ〜、ほうじゃった! そろそろ期限が切れる思いよったんよ〜〜っ
 なんか忘れとる思うたんよ〜〜 アチャ・・・(ノ_< ;) 」

てことは。
今から手続きしても近々始まる先行予約の権利がナイッ!!

はっきり言って、落ち込んでます。
毛穴と言う毛穴から、緑色の何かが出てきそうです。
いや、もう出てるかもしれません…。

こんなにショックなのに、ブログ初級の私は
文字を強調する技術すらありません…。

…はらたいらに、残りぜんぶ。




k_emika at 17:00コメント(5)トラックバック(0)音楽 

2005年09月11日

ブログでびゅう〜 3

どうも初めましてm(_ _;)m  
友達の影響(旦那も)を受けて私もブログを始める事に! 
良く使い勝手が分からなく、ドンくさいσ(o・ω・o)でも出来るかな?  Σ( ̄ロ ̄lll 
3日坊主にならない様に頑張ります♪ 
洋画とポルノが好きなので、同趣味の方がいらっしゃいましたら仲良くして下さい。  
(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

k_emika at 19:51コメント(0)トラックバック(0)日記日記 
Recent Comments
Profile

たみお

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ