2006年06月26日

15) インサイド・マン

インサイド・マン6月20日観賞

時間を潰す必要があったので
しめしめ、と独り映画館へ。
『ダ・ヴィンチ・コード』と迷ったけど
久々のスパイク・リー作品に決定。



デンゼル・ワシントンの声が聞きたかったこと、
ジョディ・フォスター×スパイク・リーに意外性を感じたこと、
次期ジェームス・ボンド候補に選ばれてからというもの
何かと言われ放題のクライブ・オーウェン出演ということ、
クライム・サスペンス?だということ。
そんな理由で『ダ・ヴィンチ・コード』に勝ってしまった。

デンゼルは刑事役で王道のハマリ役、
ジョディは切れ者の弁護士役でこれまたハマリ役、
クライブ・オーウェンは初見だけど
たぶんこの知的な犯人役はハマリ役。
役者もハマリ役ぞろいだし、クライム・サスペンスとしての
意外性も別にないので、今まで沢山映画を観てきた方には
物足りない作品かと思う。
事実、話の展開はよめたし、トリックもとりたてるほどのものでもない。
犯人グループが“本当に欲しかったもの”の重みに対する描写は
最小限にとどめられているし
危険を冒してまでソレを欲しがった彼らの動機に対する描写もまた
なきに等しい。(私が気付いていないだけ、ってこともある?)
人質に同じ服を着せて混乱を招く、というのは
最近では『Vフォー・ヴェンデッタ』にもあった。
でもまあ、観終わった私の感想は、“面白かった。”なのだ。
デンゼルは『トレーニング・デイ』のような悪徳警官ではなく
王道中の王道刑事。
ジョディは『フライト・プラン』のようなインテリ・ママではなく
野心家の弁護士。
日曜の夕方にいまなお【笑点】が君臨しつづける安心感を満たしたような
キャスティングだからかな。

途中、背景はそのまま?なのに、デンゼルだけがぐう〜んと
カメラに近寄ってくるようなショットがあったけど
(映画に詳しい方ならこのような撮影方法、ご存知かと。)
あれはまったくもって必要ない。
あんな撮り方は必要ないっしょ、スパイクさん。
昔読んだ“長靴をはいたネコ”の飛び出す絵本を思い出しちゃったよ、まったく。
そんな違和感で私を現実に引き戻さないでおくれ。
劇場の予告編で観た時にはあったと思われるシーンが
本編には登場しなかった(たぶん)ところを考えると
編集に苦労したのかなぁ。

--------------------------------------
で、クライブ・オーウェンです。
クライブ・オーウェン
『キング・アーサー』も『クローサー』も観ていないので
よくわからないのだけど
『インサイド・マン』冒頭の彼のアップを観た時
“う〜ん、ボンド役にしては華がないかも。”と
思ったのは事実。
でもこの写真の彼はなんだかチャーミングだわ。
少し曲がったお鼻も目立たず
人の良さそうな感じがプンプンするんですけどいかがです?
身長に対して肩幅が少し狭い点、少し見劣りするかなぁ。
ほんのちょっとニコラス・ケイジ入ってて
笑うと顔の中心が国分太一を思い出させる。
どんなボンドになるのか、ちょっと観てみたい気も、スル。

余談…
若き日に観たデンゼル×スパイク・リーの『モ’ベター・ブルース』
そのサントラCDを久しぶりに取り出してみた。
う〜ん、いいね〜♪

k_emika at 14:22コメント(12)トラックバック(2)映画  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『インサイド・マン』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年06月29日 09:42
俺の名は村上世彰。今から完全犯罪を実行する────
2. 【映画】インサイド・マン  [ やすぶろ ]   2006年07月05日 00:04
「インサイド・マン」を観ました。いい評判ばかり聞かされていたので期待しすぎました。でもまあおもしろかったです。完全犯罪をもくろむ銀行強盗と、デンゼル・ワシントン演じる刑事の対決が主な話なのですが、事がすべて順調に進みすぎという感じがありました。犯人がとて....

コメント一覧

1. Posted by siu   2006年06月26日 21:02
これ気になってたんです私も。
やっぱりスパイク・リーとジョディ・フォスターって「え?」な組み合わせですよね。
予告編を観ただけなんだけど、
スパイク・リーがこういう映画を撮るってことがしっくり来ないので、逆に興味をそそられるというか。
社会的な隠喩を込めた映画ばっかり撮るのにあきちゃったのかなー?

クライヴ・オーエンは「シン・シティ」で見たよ。
味のある顔ですよね。もうちょっと見てみたいって気にさせる。
2. Posted by mayumi   2006年06月27日 16:19
私も! (^^)/

私も 近々観に行くつもりにしています。
でも、なに気に薄っぺらいかも...という不安もあって...。

> 犯人グループが“本当に欲しかったもの”の重みに対する
> 描写は 最小限にとどめられているし
> 危険を冒してまでソレを欲しがった彼らの
> 動機に対する描写もまたなきに等しい。

これって、なんか凄くわかる気 するわぁ〜〜〜☆
なるほど、必然性とか 動機付けが弱いのですな...ふむふむ...。
でも、それを吹き飛ばしてくれるエンターテインメント性や
娯楽性があれば それはそれでいいよね。
だって、「面白かった」んでしょ?
3. Posted by 知冬   2006年06月28日 16:44
う〜ん。。。内容の割には長すぎる印象が拭えなかったな。本格的でもなく、かといって娯楽作に徹するでもでもなく・・・って感じ?
ちょっとした会話に隠れた伏線みたいなのは面白かったのになぁー。
4. Posted by jun   2006年06月29日 10:43
「モ’ベター ブルース」私も大好きな映画ですよう!サントラがすごい良いよね。今聴いても新鮮。私も持ってるよ。実はあれでデンゼル氏好きになったのだわ。

スパイク・リーがこんな?と気になってはいたけど、この辺じゃ上映してないのよね。クライヴ・Oって「クローサー」で初めて見たのだけど、最初顔に違和感があったけど、観ているうちに引き込まれる表情をしているなあと思った・・・。私としてはジュードさんよりいい演技してたと。「シン・シティ」観たかったなぁ・・・
(ミッキーロークが・・・^^;)



5. Posted by 慧   2006年06月29日 23:45
こんばんは
クライヴ・オーエンか・・・
「キング・アーサー」ではねえ〜
いま一つインパクトに欠ける普通の人の良いおっさんみたいだった
だってキング・アーサーなのにあのキング・アーサーなのにって思っちゃいましたのよね
もっと別の人物だったらそうまでは感じなかったかもです・・
そのお方がボンドですかあ〜。。。
どんなボンドか興味はわくかも・・・です
>ほんのちょっとニコラス・ケイジ入ってて
笑うと顔の中心が国分太一を思い出させる

この写真まさしくです 同感
6. Posted by jun   2006年06月30日 13:35
横ですいません↑

「キング・アーサー」は彼だったんですね・・・。
CM見るたびに「違う!違うよ!lこんなんじゃない!誰だよコレ!」と叫んでいました^^;

7. Posted by たみお   2006年07月01日 10:08

☆siuさん、
お返事遅くなってごめんなさい^^;

>スパイク・リーがこういう映画を撮るってことが…
そう、私もそう思いましたよ〜。
siuさんの言う通りあきちゃったのか、はたまた
撮りたい作品のために今回ちょっと“バイト”しちゃったのか?
クライヴ氏は『シン・シティ』にも出てたんだね〜。結構色んなタイプの映画のキャリアがあるんだな。
>味のある顔
うん、他の作品での彼を観てみたいと思った
8. Posted by たみお   2006年07月01日 10:20

☆mayumiさん、
>なに気に薄っぺらいかも
うん、もしかしたらそうとも言う(笑)
でもま、クレジットが流れて劇場に明かりがともって席を立ち上がるときの感想は「面白かった」なんですよぉ。
最近の私は本来好きな重めの作品、良く練られた作品、みたいなのから遠ざかってるので
その辺の影響もあるかもしれないなー。
クレジットで流れてる曲が結構気に入って、
しばらく頭の中をグルグル回ってましたヨ。
9. Posted by たみお   2006年07月01日 10:25

☆知冬ちゃん、
そっかー、知冬ちゃん的には今ひとつふたつ、ってところだったのね。それもわかる気がするわ。
本格的にするんだったら
犯人が「欲しがったもの」と動機にもっと比重を置かなくちゃならないと思うし…
>会話に隠れた伏線
↑こういう部分もあれば、“えっ、そんな手でいいんですか?”という安直な点もあったネ。
10. Posted by たみお   2006年07月01日 10:31

☆junちゃん、
最近どーよ?

「モ’ベター ブルース」、いいよね〜。
色使いとデンゼルの甘い声、うふふですぅ。
確か映画館で観たと思うんだけど、もしかして、あーたと観に行ったのかなぁ?
話ソレるけど、「ドラッグストア・カウボーイ」は
junちゃんとE嬢と3人で観に行った記憶があるの。
ケリー・リンチ、素敵っとか言ってたっけ。あのポスター、超好き☆

>最初顔に違和感があったけど
ゲラゲラ(笑) うん、そーね、彼の顔は辛抱強くつきあった人だけが気付く良さを持ってるのかも?
スルメ顔と呼ぼう!!
11. Posted by たみお   2006年07月01日 10:37

☆慧さん、
わ〜、慧さん、お元気でしたか
「キング・アーサー」ご覧になってるんですね〜。
そっかぁ、言葉は悪いけど【ショボい】キング・アーサーだった訳ダ。
慧さんだったら、誰をキャスティングしたのかな?

>この写真まさしくです
良かったぁ〜
私のクセ、“○○に似てるな〜”、
時々大ブーイングの時があるんですよ(笑)
慧さんの1票はとってもうれしい☆ 
12. Posted by たみお   2006年07月01日 10:46

☆junちゃん、
あーたもクライヴ氏のキング・アーサーは受け入れられなかったのね〜(笑)
原作に思い入れがあるほどキャスティングには敏感になるよね。

原作があるのかないのかは知らんが、
劇場の予告編でコリン・ファレルの『ニュー・ワールド』を観た時、あたしは“間違っても君とは恋には落ちない… だって、あんた、クマじゃんか。”と思ったよ。
バイキング帽でもかぶってソーセージ刺したフォークを持ってる姿しか思い浮かばないもん。
コリン・ファンの方ごめんなさい…。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Profile
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ