劇団区民劇場のぶろぐ

※墨田区京島で60年活動してる社会人劇団です!!興味のある人大歓迎〜☆お気軽に御連絡下さい。

☆☆☆劇団員募集中です☆☆☆

区民劇場では只今大々的に!!そして結構切実に・・・劇団員を募集いたしております。年齢、経験は問いません、職業も問いません。
但し、未成年者の場合は保護者の同意が必要です。

一緒に舞台に立ちませんか?

もちろん、役者だけでなく裏方希望の方も大歓迎です!!当日のお手伝いのみの希望も大々歓迎です!!!
墨田区にある区民劇場という名前ですが、劇団員は墨田区民とは限りません。管理人もただいまは埼玉県民です。その他にも江東区、江戸川区、葛飾区、千葉県、神奈川県などなど職業も住居もバラバラな仲間が集まってます。
公演を行っている曳舟文化センターから徒歩7分程の所に稽古場があります。一度、稽古場に遊びに来て素の劇団員と交流しませんか?

お問い合わせは
メール:kumingekijou@gmail.com
電話:090-4436-5095

ご応募お待ちしております!!!

稽古11日目

こんにちは 123です。
おなかいっぱいのマカロニ(∵)

稽古11日目の様子です。
今回『ゆの暖簾』の稽古は総稽古を入れて42回を予定しています。
もう4分の1が過ぎました。早いです。

cameringo_20180414_202431
本日も第一幕から読み合わせが行われました。
場の雰囲気、状況を立たせる必要性、キャラクターの魅せ方が
演出やベテランの方々からアドバイスされます。

cameringo_20180414_202709
cameringo_20180414_202443
キャラクターの軸は口癖や言葉の言い回しにあるかもしれません。
台本を読むだけでも様々なキャラの人物で溢れています。
これから更に役者の演じ方によって個性が立ち、形が出来ていく事と思います。
「まともな登場人物は2人くらいしか居ない」と
演出補佐が言っていました。笑

cameringo_20180414_210616
役者自身が台詞を掴めていない部分は読み方にも表れ、
それを感じ取るベテラン役者さんが指摘します。
お手本を見せながら台詞のご指導。
台詞の読み方、言葉の発し方で台詞の意味がすっと入ります。

キャラクターに対しての演技の改善、要望も演出から出されました。
役者が演ってみて、修正したい方向があれば演出が正していきます。
演出の考える理想像に近付けられる様、毎回自分の引き出しと奮闘です。

cameringo_20180414_220408 (1)
cameringo_20180414_220414
稽古の後は、装置担当の理事長より今回の舞台装置図がお披露目されました。
老舗旅館の一角を舞台一杯に。
荒立ちに入るとこの装置を念頭に動きが決まっていきます。


季節の変わり目、職場でも花粉症や体調不良の仲間がふえました。
皆様もお身体崩されませぬようご自愛ください┏○


稽古10日目

こんにちは。
ストレスは食で発散しています。123です

稽古10日目です。

cameringo_20180412_205132
10日目に入り、お芝居全体を読む回数が大分重ねられてきました。
それぞれ役の個性や台詞の言い回しを考えながら読み合わせが続いています。

今回の『ゆの暖簾』の構成は二幕6場。
稽古は前回の続きの終盤6場から行われました。
今回 わたしの名前が役名にあるので、ト書きでも芝居の中でも呼ばれまくる。
自分の台詞でも呼ぶ。妙な心持ちです(∵)

cameringo_20180412_205143
ラストまで読み終わると、また冒頭の1場へ。

1つの場だけでも1人の人物の中に出てくる気持ちの変化。
台本の台詞をヒントに、その気持ちの変化を汲み取り、演技をする。
役者自身で考えて色々やってみて欲しいと演出が言います。

cameringo_20180412_211439
言葉のイントネーションに関して苦労する場面も。
観ている方にすっと入り込む、違和感のない言葉が求められます。

読み合わせ終了後は 台本内にある台詞やその意味合い、表現の仕方に対して
役者から意見等も挙がりました。
台詞の本来の意味を正確に把握しなければなりませんが、
文字だけで書かれる台詞だけではそれが難しい時もあります。
しかし舞台の上ではきちんと表現出来ていなければなりません。

読み稽古は声だけでのお芝居。
言葉だけでは解り辛い部分は、台詞を喋る役者の動きを交えて
状況をはっきり見せていこうと演出がまとめます。

芝居づくりの基盤となる読み稽古はまだ続きます。



稽古9日目

こんばんは。
やっと今回の公演のチラシが描き上がりました。
123です_(」∠ 、ン、)_

稽古9日目。

cameringo_20180410_201017
20:30頃から始まりました。

cameringo_20180410_202135
こっち見てるぅ

cameringo_20180410_210042
本日も読み稽古です。
後半からラストにかけてが稽古されました。
お芝居後半はお話の盛り上がりを作る部分。
わたしは乗り切れてませんでした┏○(すみません)

cameringo_20180410_211718
今回ハセガワさんは舞台監督兼演出補佐。
1度目の読み合わせを終え、役の気持ちの変わり方、作り方、人物に対しての
気持ちの持ち方、それがどう表されるべきかと声が上がります。

前半と後半、芝居の中の現状が変わる中で登場人物にはどのような変化があるか。
どう演技を変えるべきか。
それらを踏まえてもう1度同じ所から稽古が繰り返されました。
役者の意識が新鮮な内に2度目の読み合わせ。
臨場感が増し、雰囲気も変わります。

まだ動きのない読み合わせの中でも、役の気持ちを的確に捉え
お芝居の緩急をつけ物語を創っていかなければなりません。
自分自身ももっと精進いたします┏○



でも今日は8時半には寝たい(:3[____]


フォロー歓迎です♪
次回公演のお知らせ
劇団区民劇場119回公演
『ゆの暖簾』

【日時】2018年
6月23日(土) 19:00〜
6月24日(日) 14:00〜
6月25日(月) 18:30〜
開演!!
【場所】曳舟文化センター
【料金】前売/当日精算 1300円     当日券 1500円

問い合わせ・チケット予約
※劇団員も随時募集中〜!!
遊びに来てくれてアリガトウ☆
あなたは 人目のファンです!
チラシギャラリー
  • 公演案内
  • 2016年11月公演
  • 第115回公演詳細
  • 11月公演のお知らせ
  • 公演情報
  • 公演告知
  • 第111回公演詳細
  • 劇団区民劇場第110回公演
  • 遅ればせながら☆6月公演情報です
  • 6月公演詳細☆あっぷします
  • 劇団区民劇場第106回公演
  • 第105回公演詳細です
区民劇場って?
劇団区民劇場

1955年7月4日創立。
軽演劇・大衆芝居に対抗し、本格的な芝居をやろうという目的で設立。 「区民」とは庶民、市民ということで、アマチュアの公務員や職人、会社員など20人前後が在籍しています。 墨田区京島にある曳舟文化センターをホームグラウンドに年2回、定期的に公演を行っています。稽古は同じ京島にある専用の稽古場で、週に2〜3回行っています。 劇団員は随時募集中〜。お気軽に御連絡下さい。

区民劇場は創立60周年を迎えます!!
過去の記録(+を押して詳細表示)
コメントありがとう☆
TBありがとう☆
墨田区タウン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ