2017年08月15日

IMG_2032
8月5日成田出発。ドバイ経由、ケニアのナイロビ到着。
以降、車で数か所の国立公園などを巡り。
8月13日、予定どおり、帰郷出来ました。
IMG_2130





沢山の自然に生息している動物たちに遭遇。
IMG_2192










撮った写真やビデオはおよそ1500。そしてチョウも、隙を見て若干採集。
この整理にこれから取り組みます。何日かかるやら。
IMGP0423
IMGP0432
IMGP0489
IMGP0584IMGP0676
IMGP0696
IMGP0831
IMGP0909
IMGP1120
IMGP1217




































































































現地のマサイ村にも訪れ、歓迎のダンスや火おこし、牛糞で作られた家屋など見物。
有名なマサイ族の耳たぶも見せてもらう。
IMGP1263

予定を変更して車をやめてプロペラの国内便でナイロビに戻り、帰る。
IMG_1930







ナイロビからドバイへ。

その後成田到着。

当初若干の心配もあったが。一度だけスコールに会っただけ。

安全、安心素晴らしい出会いの旅であった。

資料の整理が楽しみである。



k_hayasaka2377 at 15:26コメント(0) 

2017年07月24日

03,キボシカミキリ7月22日23日G多摩虫夏合宿に参加。
今回は蛾屋さんと行動を共にする。
蝶に比べ蛾は種類、生態とも大変変化があり奥が深いことを実感す。
私には、とてもこれから追いかける時間はないであろう。
しかし蛾のみならず種々の昆虫に出会いました。これは「キボシカミキリ」
05,オニヤンマ

「オニヤンマ」
06ウバタマムシ










「ウバタマムシ」
25,ナカムラサキフトメイガ










「ナカムラサキフトメイガ」
26,アカスジシロメイガ










「アカスジシロメイガ」
28,カシワマイマイ











「カシワマイマイ」



k_hayasaka2377 at 14:56コメント(0) 

2017年07月13日

カサブランカ
ヤマユリの改良種、カサブランカも咲きました。
一つは紫色、もう一つはヤマユリと同じ白、しかし内側に模様はありません。
今後、このヤマユリとカサブランカを増やして行こうと考えております。

k_hayasaka2377 at 08:52コメント(0) 

2017年07月08日

ヤマユリ2
子供のころ、この時期、山に行けば各所に見られた大きな花のヤマユリ、今はほとんど見られない。
唯一我が家の裏山の茂みには自生しているのが観察できた。
ところが去年それすら誰かが抜き取ってしまい見られなくなってしまった。
懐かしいヤマユリ。
去年の秋に球根を確保して大きな鉢に植えました。
期待道理咲いてくれたヤマユリの写真です。
同時にヤマユリの変種、カサブランカも植えています。
どんな花が咲くか楽しみです。。


k_hayasaka2377 at 18:17コメント(0) 

2017年07月04日

IMG_1359
6月14日からロシヤ蝶採集の旅へ行く。帰りは26日の長旅であった。
羽田からソールへ、そしてハバラスクでロシヤの国際線に乗り換えクラスノヤルスクに向かう。
主な目標はウスバキチョウ。しかしそれだけでなく10日近く滞在して何に出会うかも楽しみであった。

IMG_1361
メンバーは総勢6名
案内人はロシヤ人、地元のバデムさんそしてその奥様オリガさんも付き合っていただいた。
IMG_1542









クラスノヤルスクから700キロ、およそ10時間かけてたどり着いた第一ロッジ、((標高1410M)。
ここには木彫りの熊が出迎えてくれた。
IMG_1554






車で移動中、何時間経っても景色は変わらない、ロシアは広い事を実感す。
IMG_1548










牧場の放し飼いの牛が国道を横断する。
もちろん車はストップ。
1ウスバキ♀





チョウの成果はただいま整理中。
今まで採ったことのない種類が結構あり。後日投稿します。

唯一狙いのウスバキは昨年は一人3桁も採集できたが、ほとんどメスはない状態でしたので
今年は♀狙いで、一週間ずらして向かったが、予想に反しウスバキの生息は終わりに近く、ほとんど成果は得られず、その代わりホエブスの大発生地に巡り合え、予想外の成果が得られた。。
狙ったウスバキのメスは私が一頭のみ採集できた。





k_hayasaka2377 at 07:25コメント(0) 

2017年06月10日

環境フェア
6月4日 立川市で「環境フェア」を開く。
その催しの一つ「虫フォトコンテストin立川」でわたくしの作品が選ばれた。

表彰





市長さんに表彰状を頂く。
キアゲ幼虫










「アシタバ」にキアゲハの幼虫の写真である。
庭の「アシタバ」にキアゲハの幼虫が発生。アシタバも大切であるが幼虫も殺せないと悩み、結果
アシタバはその名の通り、成長が早く明日使えるので、幼虫には網をかけ守り成虫まで面倒を見た。
これも環境にやさしい行為と認められたのであろう。
 
立川まんがパーク

たくさんの催しや市場があり大勢の客が訪れていて、盛大であった。
ツバメ








帰りに立川市で見つけた、何と監視カメラに作った、久しぶりに見たツバメの巣です。



k_hayasaka2377 at 09:57コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月22日

IMG_1072
5月21日、由比ヶ浜の鎌人市場に行く。
内陸では早い夏気象と言われている猛暑のこの日、ここでは暖かい潮風に吹かれ実行委員の某氏と共に楽しい時を過ごすことができた。
例年より催しも増え、大勢の一般の参加者、子供連れも多く、にぎやかな催しでした。
写真は某団体の太鼓をバンバンたたいて移動する楽隊、感激。

k_hayasaka2377 at 11:05コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月19日

264展望台にて
展望台から、ピラミッドを掴む写真を撮る。
282スフィンクス











スフィンクスってピラミッドの隣と思いきや、隣は隣としても、車で20分くらい離れていた。
336エミレッツ空港便ビジネスクラス席GU







帰りはエミレッツ空港便で成田へ。ビジネスクラス席。




k_hayasaka2377 at 21:51コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月12日

170エジプト考古学博物館,5月2日から7日、エジプトに家族旅行に行く。
見る物が沢山あり、何と700枚ほどの写真を撮っていた。
おいおいに旅行記をホームページには載せる積りではあるが、とりあえずピックアップで載せておきます。
エジプト考古学博物館の大像

エジプト考古学博物館を見に行ったが、ものすごい膨大な物が展示されている。
イギリスの大英博物館に持って行かれたなどと問題があったが、そんなことは問題にする必要のない、ほどの展示物がある。
そしてまたこの巨大な像。種々の展示物は何と、おさわり自由が多い、これまた驚きました。
231部屋のバルコニーから
ホテルの窓から見たピラミッド、よく見る写真の光景ですが、このピラミッドまでは車でこのホテルから30分はかかるのである。
252石一個の大きさ






これがピラミッドの石、一個の大きさである。
これも又今までの認識不足で、こんな大きな石の、膨大な量を今からおよそ4千年前に、使ってピラミッドを作ったとは驚きでした。

今後、暇を見て、ホームページに掲載いたします。

k_hayasaka2377 at 19:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月25日

稲田
4月23日(日)、横浜市戸塚区の舞岡公園を、お孫ちゃんと散歩。
染井吉野の桜は終わり、絶好の新緑の季節が訪れている。
285,000平米もあり、非常に広い。
中には水田を作られており、地元子供の実習に使っているようだ。
今は丁度田植えの準備(耕し)中。
カエルが結構鳴いていましたが、姿は見られませんでした。
お孫ちゃんが遊べる滑り台やブランコなどの遊具は一斉無く、自然を堪能出来る公園です。タンポポ綿毛


さっそくタンポポの綿毛に興味を示し、息をかけて飛ばしてた。

井戸水汲み







井戸水汲みのポンプにも興味を示し、色んな物を元気に見て回り、楽しかったのでわないかと思う。



k_hayasaka2377 at 18:59コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月16日

伊勢原カントリークラブの桜4月15日伊勢原にて「山椒」の新芽採集。
天候も良く、丁度桜の季節素晴らしい一時でした。新芽は出てそんなに時はたっていないため、小さいが、柔らかく結構おいしいのではないかな。そこそこ採取できた。
昼食時、伊勢原カントリークラブのテーグラウンドで見た桜はコースにぐるりと咲いていた。

k_hayasaka2377 at 10:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月07日

047今回最も美しい桜と思われる「陽光」
4月5日、みどりの会、多摩森林科学園の桜、見学。
我が国には200種位の桜があるそうである。
染井吉野はその代表種。
此処には沢山の桜が栽培され、種類により開花時期が若干のずれがあり、一週間刻みで何度か来れば、沢山の種類が観察できるとの事であった。
この時期最も美しいと思われたのはこの「陽光」である。

k_hayasaka2377 at 20:48コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月25日

RIMG0003新横浜に用事(カラオケ音源作り)があり、早く着いたので昔懐かしい(概ね10年前)「新横浜ラーメン博物館」に行く。
シニア割引で入館料100円。
外人観光客







外人の観光客が大勢来ている。
ネットで見つけてくるのだろう。
懐かしき不二家のミルキー







地下の大きな展示場に降りると昔懐かしい街並みが並んでいる。この錆びている不二家のミルキー。
そして沢山のラーメン屋だけでなく、居酒屋や喫茶店、加えて交番、郵便局など懐かしい姿が並んでいる。
わざとすすっぽくやや汚らしく飾っている。
昔の梯子酒も思い出す。
子供のゲーム


大きな子供が楽しめるゲームもあり、もう少し大きくなれば、孫チャンと来ても良い。

ここ新横浜は環状2号の出来た時からあり、環状2号は別名「ラーメン街道」とも呼ばれ、このラーメン博物館の存在が生かされている。

k_hayasaka2377 at 10:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月22日

ブルーベリーの花昨日(3/21)東京一番乗り、雨の中、桜(ソメイヨシノ)の開花宣言がありました。
我家のちっぽけな庭にはブルーベリーの蕾がもうすぐ咲こうとしています。
目に良いというブルーベリーは毎日少しずつ食べています。いつもは市販の冷凍ベリーですがやがて我が家のベリーが熟し、採り立てのベリーを食べることが出来るようにになります。
アケビの花もう一つ、これはミツバアケビの花です。付け根近くに雌花。突き出したところには雄花が咲き始めました。
実が成り、熟すのは夏の終り頃ですが。私はこの実の種の周りのゼリー状の甘いもので、自然の甘みのアケビジャムを作り、実を包んでいる皮は厚みがあり味付けの味噌などを入れて、フライパンで炒め食べます。
ほろ苦い最高の季節の味を楽しみます。
酒のつまみにも最高です。
そんな今日の我が家の春の花の写真です。


k_hayasaka2377 at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月04日

レストラン、ザバンド
3月3日、上大岡にて映画「ラ、ラ、ランド」を見る。
ミュージカルの大変見応えのある恋愛映画でしたが、もうこの歳で関係ないか。
その後横浜のマリンタワーの下にある(そのため店内は円形)レストラン「ザ バンド」にて昼食。
ドリンクバーにはジュース、コーヒー、紅茶、それにワインが飲み放題に置いてある。
身体に良いとされているポリフェノールが含む赤ワイン3杯飲む。
赤レンガ、パン会

その後赤レンガ倉庫の広場で、私は初めて見るパンの祭典「パンのフェス2017」を見に行く。
大勢の客で賑わっていた。
パン購入









色んな種類のパンを見て、試食も楽しみ、5種類のパンを購入。


k_hayasaka2377 at 09:46コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月26日

大宮インセクト路上ライブ合
2月26日、例年、蝶屋が暇な2月に行われる、大宮のインセクトフェアーに行く。物凄い人出、展示品の見回りが自由にできないほど賑わっていた。
ロシアで使う伸縮調整の利くネットの棒を購入。
友人と昼食を共にし帰る。
大宮駅前広場で、若い女の子が二人歌う路上ライブ鑑賞す。
相蝶会写真展



帰り町田に寄り、相蝶会創立30周年記念写真店を見に行く。
チョウの写真は季節ごとに並べ、活動記録写真を分けて展示。
立派な展示会でした。


k_hayasaka2377 at 21:36コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月15日

パノラマ適
展望す




みどりの会2月例会は横須賀田浦の「田浦梅の里」散策。
朝は寒かったが、日が差し徐々に暖かくなり、最高の梅見日和となる。
梅一倫




ウメは近くで見る香(かぐわ)しき「静」の花。
サクラは遠くで眺める麗(うるわ)しき「動」の花。
そしてウメの花はこの写真の様に、初めの一花が良いのだそうである。
勉強になります。
田浦梅の里




横横道路からこの標識はよく目立つ。


k_hayasaka2377 at 18:56コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月11日

永谷川の河津桜

我家の裏にある柏尾川の支流永谷川の河津桜が満開であった。
2月9日、庭の蕗のとうも咲き始め、まだまだ寒い今、春は確実にやって来ているようだ。

k_hayasaka2377 at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月07日

全体適
この東京スカイツリーは3〜4年位前に完成したと記憶する。
その頃は大混雑で行くのは控えていた。
2月6日(月)、時間が有ったのでようやく見に行くことが出来た。
予想通りさほど混んではいなく、天候は良し。
富士山は雲がかかり見えなかったが、十分堪能する事が出来た。
天望デッキ



















中間の天望デッキ
天望回廊











更にその上の天望回廊。最高到達点451.2mと表示。
まるでヘリコプターに乗って眺めている感じ。
ガラス床











一部、ガラス床があり、ちょっと気味が悪かったが記念写真撮影。





ちょっぴり、押上の街を散策。
寿司屋で昼食を摂り帰宅。


k_hayasaka2377 at 10:53コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月27日

富士と大山縮小
1月18日、みどりの会、富士見塚ハイキングに参加。
やや体調が思わしく無かったが無事最後まで歩いた。
富士山も午前中はすべて眺められたが、富士が最も眺めの良い、いこいの村近辺は上方に雲がかかっていた。
天候は良かったのですが、意外と寒く、防寒服を着たまますごし、昼食はとても野外で摂れる状態ではなく、いこいの村あしがら(ホテル)のレストランで摂る。
大山や丹沢も十分楽しめるコースでした。  

k_hayasaka2377 at 11:32コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月08日

RIMG0032
1月8日、横浜みなとみらいで行われた出初式見物。
木遣り、梯子乗り、そして消防隊、他による一斉放水、感激、感激でした。
支え人














梯子を支えている皆さん。
開会あいさつ











大勢の観客。そして市長の挨拶。
一斉放水合成







空からのヘリコプター、海上の船、そして陸上の放水車による一斉放水。
見事、見事。観客の大拍手。
子供体験合






その他、災害救助の消防訓練、航空救助訓練など披露した他に子供たちにパトカーや放水車などに乗せたり、
沢山のイベントがありました。
子供たちは大喜び。
孫ちゃんももう少し大きくなったら是非連れて来たいイベントである。
その頃までジイジ元気で生きていたらの話だが。




k_hayasaka2377 at 18:50コメント(2)トラックバック(0) 

2017年01月01日

富士と初詣
今年も良い年でありますように、祈念いたします。
横浜、地元の下永谷市民の森にて、元旦の富士を拝す。
地元の御岳神社にて初詣。
  お手々を清めてお参りしましょう。


k_hayasaka2377 at 12:20コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月31日

31夕陽
朝はものすごく寒かったが、晴天の為 昼ころから暖かくなった。
夕方、いつもの富士山方向を見ると、大変美しい富士山が見えた。
明日の元日も天気は良さそうである。
今年も無事過ぎて、新年も良い年を迎えることを祈念致します。

k_hayasaka2377 at 18:36コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月22日

開聞岳312月12日〜16日まで、九州に4泊5日の旅を過ごす。
熊本ご在住のKさんの案内で素晴らしい旅であった。
沢山の出会いがあったがここに唯一採集が出来た蝶に関わる話題を、まづ記録します。

12月14日山川砂むし温泉を出て、たまて箱温泉の入口で見られた、遠望する開聞岳(かいもんだけ)である。
秀麗「薩摩富士」とも称され「日本百名山」にも数えられ、まさにこの地のシンボルとなっている。

山川幸せの蝶適


次にホテル華耀亭(かようてい)へ向かう途中の無人駅「山川」にて蝶の採集を行う。
何とその駅の標識にはツマベニチョウが堂々と描かれている。
しかも幸せの蝶とされている。
オーストラリアの幸せの蝶ユリシスを思い出す。
駅に向いている斜面には複数のツマベニが飛び回っているではないか。


この旅の詳細はホームページ「蝶の憑神」→旅の思い出→九州の旅 に乗っています。
尚、ホームページ「蝶の憑神」にはこのブログのトップに紹介しているURLから入れます。




k_hayasaka2377 at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月10日

フォト川柳展示情景
戸塚川柳協会主催「フォト川柳展」が戸塚区役所で開かれている。(12月12日まで)
写真と川柳を組み合わせたもので全80点。
たまたま誘いがあり私は2点写真を提出した。
なんとその一つがコラボ賞を受けていた。写真と組み合わせた川柳とのコラボが評価されたことと思うが、他の作品にもコラボバッチリが多く見られた。
面白い展示である。
コラボ賞作品


コラボ賞の作品。
鶴岡八幡宮での外国人を写した写真である。
もう一つの作品















隣のもう一つのすいか割りの写真。
この写真二つはKSネットの合同作品展に出したものである。


私の川柳とコラボした作品









何と私の以前東戸塚の川柳会で出した川柳作品
「事故あらばジイジ身を捨て孫守る」
が使われていました。




k_hayasaka2377 at 01:20コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月13日

きはちの窪(くぼみ)
11月9日 鎌倉広町緑地、鎌倉山夫婦池公園散策。

きはちの窪の歩道(木道)はかなり長い。
ここも蛍の季節には蛍を鑑賞できそうである。
子供達






御所谷入口にて出会った子供達。昆虫や植物等、種々の観察が出来るであろう。

大桜








桜大木。大分老化しているのが感じられる。

夫婦池合








外周道を廻った後、鎌倉山へ向かう。
そこの夫婦池である。
傍には広い休息地(谷戸の休息地)があり団体が昼食など楽しめるようだ。

稲干し棚





帰路の昔懐かしい稲の乾燥棚。
稲木または稲架(ハセ)とも言う。

湘南モノレール深沢バス停にて、解散。

k_hayasaka2377 at 09:26コメント(2)トラックバック(0) 

2016年11月04日

イベント合
11月3日、スマートイルミネーション横浜2016を見に行く。
沢山の目を驚かすイベントがあった。
巨大お面の光








巨大お面の光
クイーン








横浜税関の上にあるクイーンは青い光でライトアップされていた。
シーバス












横浜シーバスかマリーンシャトルのような船が沢山の青いライトを付けて航行。
キリンで夕食








帰りは関内の「キリン」で軽い夕食。


k_hayasaka2377 at 11:33コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月03日

作品合成

10月22日から30日まで、モアナにてKS合同作品展示会が実施された。
当初は3日間の予定であったが、モアナから要望されて30日まで展示。
川柳、スケッチ、俳句や写真など沢山展示された。
お客さんに感想など書いて戴いたが総じて好評であった。



k_hayasaka2377 at 14:03コメント(0)トラックバック(0) 
入口石碑みどりの会、10月定例会、10月12日。
いつも、環状二号線を通る時、気になる緑地はここだった。
都会、横浜の中心にこんな緑地があったとは、しかも住んでいるところからかなり近い。
オドロキでした。

子供達



子供たちの自然観察にも最適。
身の回りにある植物が沢山表れ、植物の勉強にもなる。

沢渡り









そしてここの沢は帷子川、陣ヶ下渓谷を渡る。

環状2号線橋脚








環状二号の橋脚はかっての大地震の後に基準を見直された後に作られた、がっちりした物である。
安心して通る事が出来る。


k_hayasaka2377 at 13:20コメント(0)トラックバック(0) 
161013担当グループと写真10月13日 某女学館の小学3年生の「蝶の標本作成授業」に補助教師として参加。
はじめは蝶のボデーに針を刺すのを怖がっていたが、御互い競い合い驚くほど興味を示し、標本作成に取り組む、この元気な姿に私も感動を戴きました。
お母さん方が虫を嫌う今、この授業は素晴らしい自然に興味を抱く子供たちの育成に大変効果のある、素晴らしい授業と思います。
今後も協力させて戴きたいと思っています。


k_hayasaka2377 at 11:43コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月17日

入口10月14日、恒例の由比ガ浜にての「鎌人市場」に行く。
市場と言っても、お店だけでなく子供のための沢山のショーが見られる。
久しぶりの晴れ間に恵まれ、子供の元気な姿も見られ楽しい一時でした。
昼食は一杯飲みながらここで食べました。

子供に太鼓
子供に女性ピエロ


k_hayasaka2377 at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月11日

アケビ紫10月10日、伊勢原にてY氏のお世話で今年もアケビの採集を行う。
これで果肉(種を包んでいるゼリー状)ではアケビジャムを作り家内さんには果皮に味を付けた味噌を入れて炒めた料理を作ってもらう。
ほろ苦い味はまさしく季節の味で、人にも勧めると意外とおいしいと言ってくれる。
お酒のつまみにも最高です。

k_hayasaka2377 at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月10日

1、磐梯山10月3,4,5日、秋の会津ツアーに参加。
天気にも恵まれ、会津のS氏のご案内で素晴らしい旅を堪能する。

会津若松に向かう車窓から会津磐梯山を眺める。
2、鶴ヶ城




鶴ヶ城
5、鶴ヶ城から会津を見る













鶴ヶ城から会津を見る。
飯盛山合








飯盛山。
白虎隊はここから鶴ヶ城が燃えていて落城したと思い自刃したのである。
10,塔のへつり








「塔のへつり」
「へつり」とは漢字で「岪」と書き、この地の方言で断崖、絶壁、急斜面、川岸などの険しい道の事らしい。
同行の一人Oさんは立派な方でまさしく「へつり」のようなお方である。11,大内宿





「大内宿」
飛騨の「白川郷」を思い出す。この「大内宿」の方が規模は大きいように思われる。
私は今回唯一蝶を採集することが出来た。
後日子供たちに標本作りの授業を手伝うためである。
12,元祖、輪箱飯





元祖 輪箱飯(わっぱめし)
田季野亭で4日の昼食。
この旅では何を食べてもおいしかった。
贅沢な旅である。
13,日本酒試飲



地酒屋各所にあり、試飲は無制限にさせてくれる。
これが旨いんだね。
只で試飲しては申し訳なく、4合瓶2本購入。
今夜の宿で温泉と地酒を楽しむ。
野口英世記念館



野口英世記念館見物
子供のころ教わった野口英世の事、懐かしく拝観。
赤ん坊の時、囲炉裏に手を入れて大火傷、それがきっかけで医学博士になる。懐かしい話。
驚いた事に野口英世のロボットがあった。まるでそこに人がいるみたい。目の動き、瞼、唇、まったく仔細に動き、やや気味悪く感じました。ここまでロボットは進化しているとは驚きです。,達沢不動滝


達沢不動滝
19,五色沼








裏磐梯に行き五色沼最大の昆沙門沼。ハート模様の鯉を見る。
まったく綺麗なハート模様にはびっくり。

ここでカメラの電池が切れて、最後といたします。

会津旅行は生涯忘れられない旅の一つになります。
ご案内して頂いた、Sさんありがとうございました。










k_hayasaka2377 at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月02日

RIMG00155月に植え付けたウコンの根5個。
今はどんどん茂りついに今日(10/2)二つの花を確認。
あまり開花は期待して居なかったが、この美形に慰められる。
今後枯れるまで放置して収穫する予定。

k_hayasaka2377 at 11:18コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月27日

ヤナギタケ9月24日
〜25日、清里にある八ヶ岳山荘に一泊。
初秋の八ヶ岳親子自然観察会に参加。
子供たちはネットを持って大活躍。
キチョウが沢山飛びまわる中、スジボソヤマキチョウ、クモガタヒョウモン、ツマグロヒョウモン等観察できた。
ついでながら、この季節クルミ、山栗、山ぶどうなども収穫。
アケビはみられなかった。
それに唯一、安全に食することが出来ると理解している、ヤナギタケも結構見られた。

k_hayasaka2377 at 09:48コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月23日

刈谷コーナー縦9月22日、大手町サンケイプラザにて第71回のインセクトフェアが行われた。
行列に並んで入場しなければならないほど、大人、子供の大勢客が来てました。
昆虫の標本は勿論の事、採集または標本作りの道具、昆虫の本、さらに昆虫を描いたガラス細工まで、出品してました。
この機会に私も不足している道具等を購入、標本を購入する予定はないが、何よりも同じ趣味の大勢の仲間にお会いするのが楽しみなのである。




斎藤さんコーナー

柏倉手作りガラス工芸品















昆虫が描かれた手作りガラス工芸品


k_hayasaka2377 at 12:19コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月01日

アシタバ、キアゲ我が家には「アシタバ」も植えてある。多年生で一度植えれば数年は自生してくれる。
我が家の料理長はあまり使ってくれないが、私はこれでたまに「アシタバリキュール」を作っている。
独特の味のリキュールが楽しめる。
この時期花も咲き、実がなれば次の苗も続けることが出来る。
8月29日花をよく見ると「キアゲハ」の幼虫が多数食いついている。
ここで川柳が一つ
“花守るアゲハ守るか悩みあり”
私は結局このままにしてアゲハを守り、成虫までの成長を見守ることにした。
「アシタバ」は相当やられるとは思いますが。

写真はボケていますが、クリックしてご覧になって下さい。


k_hayasaka2377 at 09:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月25日

BlogPaint我が家の猫の額(ひたい)のような畑、里芋の葉がこんなに大きく育っている(8/25)。毎年里芋は育てているがこんなに葉が大きくなったのは初めてである。
2014年8月31日付けで「芋茎(ずいき)と涙」との題でこのブログに里芋を載せてあるが、当時の写真と比較してみてほしい。
10年前、南ベトナムに蝶採集に行った時、蝶採集地で見つかった里芋の仲間の植物を思い出す。大きさに驚き、写真を撮ったのである。(下の写真)
今回我が家の畑の里芋がこんなに大きく育ったのはやはり温暖化の影響と考えられる。
芋の収穫は10月頃であるが、掘ってみないとわからないけど、芋自体も大きく、沢山の収穫が期待出来る。楽しみである。
ベトナム里芋

2006年10月 南ベトナムDong Tienにて。

k_hayasaka2377 at 14:52コメント(2)トラックバック(0) 

2016年08月22日

先の山百合のブログを投稿したころから家を留守にしていたが、戻ってから久しぶり散歩中、あの山百合は無くなっているではないか。
昨年は3本、見ていたのに、今年は1本しか見えない。
その最後の一本も今年はやられているようだ。
つぼみも沢山見られた今年の株はまだ花が咲いていてもおかしくない。
茎まで無くなっている。
藪に入り込み、近場まで行って確認していないが、球根ごと掘り抜かれたに違いない。
心配した通りになってしまった。
ある情報によると、
昔は各所に見られた山百合は最近はあまり見られなくなっている。
ネット販売では一根、1,000円以上で売買されていると言う。
あの株は沢山の花とつぼみを付けた大きな株のため、売りに出せばかなりの値が付くだろう。
これから山百合はここ都会のお散歩コースでは見られなくなった。
残念である。

k_hayasaka2377 at 09:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月19日

カサブランカ絵世話になっている病院の談話室に飾ってある絵を見たら「カサブランカ」と書いてある。
見ると8月7日のブログに書いた「やまゆり」にそっくりではないか。
しかし花は真っ白で、「やまゆり」の黄色い筋と赤い点の模様は無い。
いろいろ調べて見たら、「カサブランカ」は山百合等を元にしてオランダで品種改良して出来たものらしい。
色んな祝いの花としても使われ人気の花らしい。
「カサブランカ」はユリの女王様、「山百合」はユリの王様とも言われ、慕われている。
さらにカサブランカとはモロッコ最大の都市の名で、モロッコの商業、金融の中心地で、アフリカ有数の世界都市でもある。
カサブランカの意味はスペイン語で「白い家」の意、と分かった。
山百合、合
山百合、画像はピントがボケているがクリックしてみてください。
「カサブランカ」絵の作家は横川冨美様であります。

k_hayasaka2377 at 14:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月14日

それ引けよいしょ8月11日、山の日に毎年恒例の、湘南桜門会主催の鵠沼海岸での地引網大会に参加。台風が通過して、うねりがあり、地引網は行われるのか心配していたが、3年振りに実行された。大漁のお魚君






大漁のお魚君
すいか割り











子供たちはすいか割りなど楽しんだり、砂遊びや波と戯れたり、大はしゃぎで楽しんでいました。
日よけの下にはシートが張られ、テーブルを囲い、潮風に吹かれながら、会話も盛り上がり、ビールも大変おいしく、楽しめました。
主催者の皆さん、有難う御座いました。




k_hayasaka2377 at 07:06コメント(2)トラックバック(0) 

2016年08月07日

やまゆり、円入り上柏尾のやまゆり小幼い時に、今頃山に行けば出会うことが出来た「やまゆり」、今住んでいる横浜の自宅の裏の藪にも「やまゆり」が咲いている。
シンプルな園芸種よりも、花には黄色い筋と赤い点の飾りがある、美しい花である。
これは誰が植えたわけでもなく、明らかに、もともと球根が残っていた株に違いない。
我が散歩コースで鑑賞することが出来る。

k_hayasaka2377 at 22:04コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月06日

上柏尾町盆踊り

8月5日、猛暑の中、町内会盆踊りが始まる。
踊りの前に、小学生に太鼓をたたかせていた。
売店も公園内の周辺に沢山開かれ、大勢の親子が列を作って美味しいおやつの買い物をしていた。
昔は踊りに参加していたが、今は見物だけにしています。
町内会の役員さんご苦労様。

k_hayasaka2377 at 10:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月20日

八ヶ岳朝の霧雨
7月16〜17日(土〜日)例年行っている、G多摩虫の夏合宿を行った。
天候予報はあまり良くなかったが、幸運の参加者に恵まれて、好天の楽しい一時を過ごすことが出来た。
立川市の八ヶ岳山荘に全員集合。
オサムシトラップやナイトトラップなど楽しみ、翌日は全員そろって採集、観察。
早朝の霧雨はすっかり晴れて、楽しい一時を過ごすことが出来た。

採ってあげたウラギンヒョウモン

採ってあげることが出来たウラギンヒョウモン。

k_hayasaka2377 at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月04日

我が家裏虹
7月4日ものすごい猛暑。私は暑さでぐったりして居る処に、突然雷が襲う。
続いて雷雨となる。
その豪雨も去りつつある時に2Fの窓から外を見ると、なんとも見事な虹が現れていました。これはまさしく「フルレインボウ」。
そろそろ梅雨明けかなと感じられる。
畑のシートを外さなければならない。


k_hayasaka2377 at 18:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月19日

伊勢原イノシシ堀孔18日(土)伊勢原のYさんに誘われ、山椒の実を採りに行く。(実際は私が頼んだ)
4月には山椒の新芽を採りに来ているが、その時と違って山道が沢山の植物に覆われていた。
所々見えたのはこの写真のような土の堀跡である。
なんでもイノシシの堀跡らしい。山芋でも掘っていたのか定かではない。
鹿にも出会う。写真は撮れなかった。
伊勢原ではクマも出たなどのニュースもあったが、そんな事は無かった。
ちょっと時期が遅かったかと心配していたが、山椒の実は十分に取れた。
初めて作る山椒のリキュール、山ふきと山椒の佃煮、山椒の実の醤油漬けなど楽しむつもりである。


k_hayasaka2377 at 13:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月07日

2016-06-05脳活2016-06-05脳活の第8回目を迎える。
そこで私が作った川柳はこれ、
「歌詞暗記カラオケ歌って呆け防止」今回はカラオケの他に、落語有り、二胡の演奏あり、会を重ねる毎に充実する脳活会であった。
全員合唱は「浪花節だよ人生は」そしていつものシンガーソングライターRukaさんの歌。
充実した楽しい一時でした。



k_hayasaka2377 at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月27日

戸塚川柳1

こうじ展示2
5月27日、戸塚区の地区センターにて「春の文化祭」が催され、工芸部の展示とか手芸とか各種の活動の成果が展示された。
その一つに「戸塚川柳協会」の作品も展示された。
この展示は29日(日)まで催される。
「戸塚川柳協会」の展示はパネル6枚。
以下にすべて表示しています。
地区センター、2FのA会議室に向かう通路の壁に貼ってある。









工芸部展示
展示全景
てんじ2
てんじ3
展示4
てんじ5
てんじ6



k_hayasaka2377 at 19:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月15日

調査会スタート5月8日G多摩虫主催の八王子小山田緑地にての少年少女育成プロジェクトの採集観察会。 いざ出発。









オオムラサキ幼虫 オオムラサキ幼虫













マムシ マムシに遭遇、誰も襲われることなく良かったのですが、次回からは長靴を履いて観察採集。そしてこの藪には子供を入れないこと。

k_hayasaka2377 at 17:13 

2016年04月04日

大岡川さくらまつり遊覧船
4月3日(日)大岡川さくらまつりを見に行く。
横浜に住んで何十年も経つのに、初めて見る。
桜は満開、外人さんも含め見物客も大勢、両岸の遊歩道にはずらりと屋台が並び、そして演奏あり、地区で開催している、子供から誰でも参加出来る、餅つきもあった。

演奏

遊覧船から桜を楽しんでいる人が乗っている船も沢山見かけました。

演奏や歌の披露。
餅つき











誰でも参加できる餅つき。
立飲み処










賑やかで楽しいお花見でした。
帰りは「野毛こうじ」にて、立飲み、いっぱい。本当に一杯かな?。

k_hayasaka2377 at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ