高橋海事ISO労務事務所WeeklyBlog■BCP・BCMコンサルタント/元静岡銀行員■BCP・BCM・レジリエンス・ポータルサイト

■ブログでないブログ■ウワサ・クチコミ・Webサイト・ポータルサイトを運営のBlogger⇒BCP指導者/BCPの伝道師/ISOの行政書士■『広義の事業継続経営(BCM)で地球環境を救う』をミッションに、BCM・ISO構築の中でお客様ニーズに行政書士業務等でお役に立てればと存じます■ since 2006年10月8日

◆ 『 日本でも中央銀行創設の際、渋沢栄一がロスチャイルドのビジネスモデルを模倣? 』 ■BCP・BCM・レジリエンスコンサルタント/元静岡銀行員

下のバナーをクリック↓静岡・ISO・セミナー・コンサルタント・ウワサ・クチコミ・Webサイト

★BCP策定依頼・問合せでこのブログにお来し下さった方は、申し訳ございませんが
 TOPページへどうぞ!⇒http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/

 
                ※   ※   ※


            ≪ 事務所 関連広告/トピックス ≫
 
 ■ 静岡・ISO・セミナー・コンサルタントのウワサ・クチコミWebサイト・ポータルサイトです。

 ■ 当事務所が運営するBCM・ISOセミナー中心の公式Webサイトは、
     下記をご覧下さい。
             http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/
                   (写真をクリック)   
             高橋海事ISO労務事務所HPイメージ


                ※   ※   ※


◆ 『井戸の中の蛙/無責任マスコミによる共鳴BOX=島国・箱庭・日本』、言い換えれば
  『 ガラパゴス諸島日本国民 』の世相フォーカスを試み、そしてまた『 茹でカエル 』
   日本人への自戒と警鐘を鳴らす、つれづれと『本音』を述べる・・・

         ・・・『ブログでないブログ』である。ご一笑あれ。


★BCPスキルで大手コンサルを超えるBCPブランド ★信頼のBCPコンサルタント ブランドマーク       事業継続計画BCPレジリエンスコンサルタントのブランド代名詞を標榜する、高橋BCP





▲▽▲▽ ■ 『 日本でも中央銀行創設の際、渋沢栄一が
                  ロスチャイルドのビジネスモデルを模倣?  』
        ■ BCP・BCM・レジリエンスコンサルタント/元静岡銀行員 ▽▲▽▲ 



◆ 4月の局所 日本銀行正門前の桜満開
日本銀行前の桜満開・春爛漫
















 ・・・百花春至って誰が為にか開く・・・  年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず・・・


    大統領就任時、ロスチャイルドからロックフェラーに寝返ったハンガリー系ユダヤ人
    ニコラ・サルコジが今回フランス大統領選に敗れ、フランソワ・オランド新大統領が誕生
    した。彼が掲げた‘フランス平等魂’の下、銀行がタックス・ヘイブンから抜け出る様に
    強制することも視野に入れ、また緊縮措置と成長促進策のバランスを図るために、
    1月に欧州各国の首脳が昨年合意した財政協定を修正すると主張した事を実行に
    移した場合、米国・欧州デフォルト危機はどうなるのか?

     日本にとって財務省は何故、フランス大統領選挙の行方を待って安住財務相の
    IMF基金4.8兆円拠出の発表時期を慎重にしなかったのか?国民には血税とも
    言うべき消費税増税を押し付けておきながら‘溝に捨てた金’にならないのか?
    またギリシャ議会選挙与党過半数割れも相まって、日本がとった行動は勇み足
    だったのではないか?

    日本銀行は、日本デフォルト危機も他人事でなく1千兆円債務超過は財務省の分野と
    縦割り硬直思考にせず、また中央銀行及び銀行の果たす役割の見直しを図り率先 
    し、今だからこそ国家百計として、独自に取組むべきと考えるが・・・ 
                                 (2012年5月7日加筆修正)




◆ 5月の大局  2012年5月18日(金)常盤橋から日銀と三井村を望む
常盤橋から日本銀行と高層ビルの三井村を望む














   ・・・水は竹辺より流れ出でて冷ややかに、風は花裏より過ぎ来たって香し・・・   
                                          ( 禅林類週聚・八 )    


    ・・・ものごとは、すべて流れ出てくる元のところが第一・・・

      ・・・毒されていない日本銀行が中央銀行制度の見直しも含めて、
        百鬼夜行ならぬ百鬼昼行の世界金融市場を大局観で見据えよ!


    4百年間にわたりロスチャイルド&ロックフェラー、近時は実行部隊ネオコン等俗に
    イルミナティ集団が国際金融を牛耳って来たが、FRB・欧州中央銀行制度しくみが
    米国・欧州デフォルト危機下で各国の選挙結果に象徴される様に、各国の国民は
    富の偏重に、子供でさえ気づき始めて※(やらせだろうが)、国民の不満は爆発
    してギリシャやフランスでさえも大敗した。

    ※カナダの例:http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html

    米国の富裕層も、富裕層への増税等の是正を唱え始めた。これまで1千兆円債務国
    日本政府で、総理在位期間を競ったN・K二人の売国奴総理大臣経験者を除く、
    R&Rに逆らった歴代総理経験者は、田中角栄を筆頭にジャパンパッシングの
    洗礼を受けつつ国益を死守して来たが、今は田中防衛相(田中角栄の娘婿)が
    売国奴議員とネオコン実行部隊Y新聞や他のTVキー局を含むマスコミ等の非難を
    浴び洗礼犠牲者になりつつある。
・   
    一方18日欧州デフォルト危機ではイルミナティ配下の米国格付会社によってター
    ゲットにされたスペイン16行の銀行が格付格下げといった、信用不安を手玉に
    取った画策の犠牲となっている。結果として日本国内を見ても世界中の“拝金亡者
    の=投機マネー”が円高を呼び、株式市場でも今年最大前日比▲265円28銭安
    の日経平均株価は8,611円31銭となった。世界金融界の信用?・R&R集団
    に都合良い格付け制度の創設・運用によって、“現在の信用制度”は完全にマインド
    コントロールされている。

    しかも、現実には日本は(中国は拒否)米国債を買い続けてドル決済制度を縁の下で
    支え続けており、独立国でありながら沖縄・本土の米軍基地は返還されないまま戦後
    60余年、今日に至り、特にK政権以降、郵政民営化で金融植民地状況が続き、今回
    改正で危うく難を逃れたが完全に米国ハゲタカ金融の餌食になりかける事を回避
    できるか余談を許さない。

    国家のBCP観点から同様に自由貿易も欠かせないが、世界食糧戦略に長けた米国
    の全ての分野で軍門に下る事がない様に、作為的なバイオテロも十分想定して、
    米国に有利なTPP参加には慎重に当るべきである。

    今月の撮影時期(5月18日)と同じくしてG8、サミットが開催されたが、R&Rの
    操り人形オバマ大統領から期待できる内容はなく、R&Rと対峙するロシア・
    プーチンは欠席を決め込んだが正しい選択といえよう。討議内容の内、北朝鮮問題・
    イランへのIAEA査察は、サミットで取上げる議題ではなく、当て馬・猫だまし
    に過ぎない。

    前後して明らかになった米国、実行部隊ネオコンによる統合軍参謀大学でのイスラム
    教徒無差別攻撃の洗脳教育を見ても、真の米国国家作りをやろうとすれば、ケネディ
    暗殺の様に自国の元首殺害も辞さないで、戦略的に好戦状態に追いやる事がR&R
    などイルミナティ集団の巨万の富を築く常套手段ゆえに、鰌総理もそれを支える日銀・
    財務・外務省も心してかかる事である、官僚よ、保身に走り売国奴に成り下がるまい。

    事象は多面的に仮説・条件設定を推理して考える際に、東日本大震災は本当に巨大
    地震が活動期に入った発生事象なのか、それとも人工地震だったのか、とんでもない
    東電原発事故を検証するのに、“原子力村”の暴挙をここで取上げるつもりはないが
    情報開示を求めたい事がある。

    “菅元総理よ!勝俣元東電会長よ!”震災直後の、訳も解らぬイスラエルの隠密部隊
    の福島原発への立入りの真相と、タイミングが良過ぎる“トモダチ作戦”とクリントン
    来日時の密約の存在を、変死を覚悟で暴露せよ、国民の目は節穴ではない。

    余談だが、英国女王即位60年式典に天皇陛下が病後間もない身で出席されたが、
    イルミナティ集団の主人(元ロスチャイルドは英国王室金庫番・今でも貴族の金庫番)
    =英国王室の歓迎式典へ出席した天皇陛下(天皇制)の行為・存在は歴代内閣要人
    の比ではなく、英国王室が日本には一目おく、という視点があることを忘れては
    ならない。

    またR&Rのルーツであるユダヤの紋章と菊花は源泉を一にしているとの見方も
    ある。皇室の後ろ盾がある日本国の為政者は必要以上に米国に卑屈にならない
    ことである。             

    私は現行憲法の改変に反対だが、天皇制存続が日本民族が生き残る前提条件と
    考え、政治的には中庸、同時に憂国的な愛国者であることを申し添えたい。

    【あとがき】で述べるスライブは限定解釈して、イルミナティ解体など無理な話で、
    余命を東日本大震災の金融機関の対応を注視し、来る東海地震等までに『巨大
    災害とレジリエンスの金融制度』の創設にささげたい。


     【注】 R&Rとは、此処ではロックフェラーとロスチャイルドを指すが、
         趣旨は世界中の富の過半数を牛耳る集団イルミナティの総称を
         イメージしている。

                        5月と同じ文面でいく・・・

◆ 6月の大局  トピック : 金融総本山と崇め過ぎない、疑え!
日本の中央銀行/日本銀行




  水は竹辺より流れ出でて
  冷ややかに、
  風は花裏より過ぎ来たって
  香し・・・

    ( 禅林類週聚・八 )    


 ・・ものごとは、すべて流れ
  出てくる元のところが
  第一。

 ・・毒されていないと信じたい
  日本銀行が中央銀行制度の
  見直しも含めて、
  百鬼夜行ならぬ百鬼昼行の
  世界金融市場を大局観で
  見据えよ!



◆日本金融界の近代化の祖?渋沢栄一の功罪も!
日本金融・経済界の近代化中興の祖?渋沢栄一





  渋沢栄一の動向については、
  ロスチャイルドなどとの
  関わりを懸念していたが
  案の定で、
  正鵠を得たBlogがある、
  判断はお任せする・・・



2012年6月22日(金)同じ日に撮影


    『 金貸しは国家を相手に金を貸す 』

   ★ ⇒ URL:http://www.financial-j.com/blog/2008/12/000762.html


   私見だが、渋沢栄一は、ロスチャイルドの教えに従って、時の政府(=中央銀行
   =後の日本銀行)の要職を占め金を貸すという、同じビジネスモデルをやって
   のけたと言えないだろうか。
                (6月Blogは7月1日に書いているので簡記で済ます)




◆米国からのアクションは額面どおり受け取らないこと、裏読みが欠かせない。
ホワイトハウス












■ ホワイトハウスURL:http://www.whitehouse.gov/fsbr/esbr.html

  クリックされた方のアクセスのログは、↑アルカイダ
  からのアクセスと共に多分半永久的に国防総省の
            巨大サーバーに未来永劫残るだろう。


◆ ロックフェラー&ロスチャイルドに近い、或いは米国国防省・FBI・CIAも
  牛耳る一握りの覇権拝金亡者(例えばチェイニー・ラムズフェルト・ブッシュ等
  多数)により自国民さえ犠牲にしてまで蛮勇を決行する殺戮集団である・・・
  3.11も人工地震&トモダチ作戦も米国によって仕組まれた事かも知れない・・・



◆ 米国はGMが日本よりも先に電気自動車を実用化させていたにも拘らず、
  世界の覇権“石油資本を牛耳るユダヤ資本”によって潰してしまった帝国
  主義的な“牙”を自国にも向ける一面を持ち合わせている。


◆ 米国側(広く欧米側)にとって如何に世界的覇者になれるか、優位に立て
  るか、の視点から『 食糧戦略 』『 資源戦略 』 などを見れば判断が容易
  になる。


◆ 『 BCP 』は、欧米発の或る意味で陰謀の副産物ですらある事を想定して
  構築する前に必ず立ち止まって、リスク要因や自然現象の分析にいきなり

  取組むのではなく、その思想なり裏のロジックを考えてみる事が欠かせ
  ない、アングロサクソン人の攻撃的なその裏に横たわるものが何か。


◆ 何事にも裏があると考えている、踊らされる国民になってはいけない、
  日本でも得意のパフォーマンスで結果的に国民を愚弄した元首相の功罪を

  今ここで述べるまでもなく、更に国力が10年も世界に立ち遅れる事に
  なってしまった事は自明の理であり、今後は国内外を問わず国民は賢明な
  選択をすべきで、党派を越えて時の政権には厳しくありたい。


 《一例》 今話題の『新型インフルエンザ』に先行すること3年前・・・陰謀は
      3年前に図られていたこの事実をご存知であろうか?


      ブッシュ前大統領の盟友、元国防長官ラムズフェルド氏の陰謀?
      そして、日本国政府のかかわり?(政治家の利権絡みか?)


   2005年10月31日 米国『CNNニュース』要約の冒頭記事から・・・
・ 
  
  『鳥インフルエンザ大流行の予測は世界の人々をパニックに陥れているが、
  ギリアド・サイエンシズ社の株を所有するラムズフェルド国防長官やその他
   政界関係者にとっては朗報だ。』


 《ご参考:引用》 ・独立系メディア『今日のコラム』青山貞一/池田こみち氏
          URL:http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col8800.html

          ・独立系メディア『今日のコラム』のホームページ
          URL:http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm

 『 2009年新型インフルエンザ騒動?は何んだったんだ?! 』 と言う
経営者は多いが、誰が影で儲かり笑っているかをつかんでいる方は少ない。


 グローバル戦略の視点とは、企業は公器の視点から、体たらくの為政者を
  超えて国家戦略を全方位(マルチ)の複眼思考で、単に経営判断でない

  国家百年の計を私企業の経営者であっても考え尽くした上での視点で
  あって欲しいと願う。


◆ 米国側(広く欧米側)にとって如何に世界的覇者になれるか、優位に立てるか、
   の視点から『 食糧戦略 』・『 資源戦略 』 などを見れば判断が容易になる。

 ★繰り返すが

  『 BCP 』は、欧米発の或る意味で陰謀の副産物ですらある事を想定して・・・
   構築する前に立ち止まって、リスク要因や自然現象の分析にいきなり
   取組むのではなく、その思想なり裏のロジックを考えてみる事が大切である。
   私は、何事にも裏があると考えている、踊らされる国民になってはいけない。


◆ 【真のBCP・レジリエンスとは】
救国のレジリエンス
 3.11以降、南海トラフ連動巨大地震で10数mを超える津波に戸惑い、
 日本民族は自然の猛威に畏怖の念を抱きつつ究極の対策に取組
 まんとしている。

 東日本大震災&原発事故後の復興復旧・放射能汚染・風評に唯、
 恐れるだけでなく、賢く乗り越え日本再生を夢見る例として
 田中角栄元首相の『 日本列島改造論 』以来の躍進する地震立国、
↑↑↑ クリック      日本のあるべき姿が『 救国のレジリエンス 』に満載。


 副題には「列島強靭化」でGDP900兆円の日本誕生と、何とも力漲るが、私流には
 『 BCPで自然との共生、しなやかな国家作り 』である。

  ところで、同じ日本法人・国民でありながら明治維新以降、大戦後今日迄脈々と
 米国等の僕として売国奴に成下がり国民を扇動・プロパガンダで洗脳してマインドコントロール
 に手を染める族がおり、そこにはロスチャイルド&ロックフェラー等(利権・覇権・権益が損なわ
 れる事を良しとしない集団)の影が今もちらつく。

 だが、現代日本国家の成り様は体制派によって、それら集団・国家等の恩恵をも享受
 して来た歴史的背景もある故に敵視することなく、但し米国等に対しても属国から
 対等関係へと変貌を遂げる日本国民(主権在民)の強いメッセージが絶えず欠かせない。
 それが日本国家(戦勝国からの属地・属人的独立復興)の真のBCP・レジリエンスである。

 具体的には、今後も起こりうる地震列島日本での巨大災害時の対応と国際情勢での
 外交的不器用さにより降りかかる巨大力学・人災時のレジリエンスに、ナオミ・クライン著書
 9.11『 ショック・ドクトリン 』にあった様な利権・覇権集団の介在を許さず、日本国家主権
 在民による真の事業継続を図る事である、これは隣国・他国についても言える。

 その鍵は勇気ある米国発の『 thrive/スライブ 』というパラダイムの様な現代社会の見直しで、
 過去に葬られた又現在世界の、殆どの問題、例えば3.11人工地震の怪・新型インフルエンザ・
 子宮癌ワクチン接種等・ケネデチディ等要人暗殺・日本米国欧州のデフォルト・9.11事件・イラク・
 中東戦争等切りがないが、その影が解明となり、特に金融問題などは解決されよう。

 特に世界的なデフォルトを機に、恣意的な思惑が絡む国際決済銀行・各国中央銀行制度の
 見直しを視野に、国家間や特権階級への富の偏重・是正・裏社会集団の撲滅へ国民的
 運動の高まりを期待したい(無理という貴方がたは一生金融資本の奴隷だろう)。
・ 
 ◆下記のWebサイトをご覧になり↓↓↓お考えいただきご自身の見解・メッセージを発信下さい。

  ◆公式ページ⇒★http://www.thrivemovement.com/home
  ◆映画 『 THRIVE(スライブ) 』の見方⇒★http://www.thrivejapan.com/index.php?Thrive%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%EF%BC%89
  ◆解説Blogの1つ⇒★http://ameblo.jp/humipine/
     
       ( お断り:ロスチャイルド&ロックフェラー等の集団の人々に敵意なく、唯、歴史的に
              富の偏重が人類を苦しめて来た史実に改変を唱えるものです )
  
  ◆ナオミ・クライン著9.11『 ショック・ドクトリン 』岩波書店⇒★http://www.amazon.co.jp/dp/4000234935/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-fy7e




                     ※   ※   ※




◆ 清見寺書院からの最高のアングルが庭園を左に見ての写真・・・

清見寺の名勝庭園












 写真をクリックしてご覧下さい




◆ 下の写真は庭園を右に見ての対照的なアングルである・・・

書院から見た庭園

















 写真をクリックしてご覧下さい





 
 いおはらのきよみがさきのみほのうら
       ゆたけきみつつものおもひもなし
                     (万葉集;759年) 

 清見がた沖の岩こす白波に
       光をかはす秋の夜のつき
            西行法師(山家集;1118年ー1190年)
 西東 あわれさ同じ 秋の風
                芭蕉

 清見寺 海を仰ぎて うろくづも
       救はれぬべき 身と思ふらん
                与謝野晶子(1878年ー1942年)


 

                ※   ※   ※  



◆ 清見寺の五百羅観音像・・・
清見寺の五百羅観音像













 写真をクリックしてご覧下さい




   【座右銘】 : 好日一会の作為人生、
                     龍気で動変 変動
                                 ひぐらし戒元




◆ 日本晴れの清水港に入港する豪華客船クリスタルセレニティ
日本晴れの清水港に入港のクリスタルセレニティ















我が郷土清水港、東海地震に伴う大津波?それが如何した?
                       ・・・生かされている身に怖いものはない



◆ 一昨年12月から1年半ぶりの再開、私の仕事中心にWeb活用を考えた場合、
  Blogにじっくり取り組む時間が取れなく、月一程度のBlog投稿になるかと
  思うが、ご了解頂きたい。
  

  Twitterでは週に2、3回“つぶやき”いているので、
  140字の日々の私を知りたい方は、そこでご覧下さい。
  下記を↓クリック頂きたい。
  URL:https://twitter.com/takahashibcp 



◆中央銀行の在り方の参考になるのが『 THRIVE(スライブ) 』かもしれない、ご覧下さい。

スライブ★公式ページ⇒★http://www.thrivemovement.com/home
★映画 『 THRIVE(スライブ) 』↓↓↓の見方⇒★http://www.thrivejapan.com/index.php?Thrive%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%EF%BC%89
★解説Blogの1つ⇒★http://ameblo.jp/humipine/(中央銀行の箇所)
★参考Blogの1つ⇒NEWS.US★http://www.news-us.jp/


◆各国の国民は、イルミナティ集団による富の偏重の存在をまず知ることから始めなけ
 ればならないが、国際社会の富の偏重については、例え宗教観の違う民族であっても
 知ること、認識をもつことである。

 先進諸国の人種・民族は開発途上国民等が金融を始めとするカラクリを知らないこと
 を奇禍として戦争・テロ等の殺戮を目論見、仕掛けて人類・民族の悲劇を生むことなく、
 それこそ狭い地球で人類共存の為に、イルミナティ集団による富の偏重の存在その事
 を各国民の大人が理解して、その上で数百年間に及ぶ人類支配の偏重解消に向けて
 立上がり、初めて各国が子供教育にしっかり取り入れることである。決して生半可な
 MBA紛いの金稼ぎゲームを子供に教育してはならない。

 ※カナダの例:http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html



    私的には余命を東日本大震災の金融機関の対応を注視し、来る東海地震等までに
    広域被災地域の金融機関の住宅ローン債権放棄と事業性資金の減免制度(二重
    ローン開放)対策として、金融機関の大同団結による巨額拠出金備蓄制度により
    巨大災害後の地域産業の急速な復興体制⇒『巨大災害とレジリエンスの金融制度』
    の創設に絞ってその実現にささげたい。

    それが余命ある限り、私のレジリエンスの社会的な活動になるだろう。


◆◇ あとがきに代えて ◆◇

   鰌政権の野田総理も嘘で凝り固まっているが、渋沢栄一の時代も
   同じだったろう。まして、国家的な危機的状況にあって、政権を
   担うのだから、福祉目的引当ての消費税増税は心強い。今の事態
   では、国家は嘘をつくが、やむを得まい、ただ東電経営陣は許さず。
                   (ツイッターと言う事が違うが)


                            ひぐらし戒元




◆ 『井戸の中の蛙/無責任マスコミによる共鳴BOX=島国・箱庭・
   日本』、言い換えれば『 ガラパゴス諸島日本国民 』
  の世相フォーカスを試みといえたでしょうか?

ゲット







  そしてまた『 茹(ゆで)でカエル 』日本人への自戒と警鐘を鳴らす
  ことが出来たでしょうか?


◆ 今後の Weekly Blog は、月一、二回程度でボチボチと、まとめて掲載していくが、
  日々の私を知りたい物好きな方は下記を↓クリック頂きたい。
  URL:https://twitter.com/takahashibcp



        ≪ 千客万来 ≫ ≪ 笑門来福 ≫

                ※   ※   ※

猫  ランキング⇒数値から開放されて
  一国一城に住んで丸5年、唯一数値
  での競争評価バロメーター。

  縛りが無くなると後は“お迎え”(死)が待っているのが
  『男の美学』だと思っている。

  …『 今より若き日日は無し、もうは まだなり 生涯現役 』

★ Blogは現在性・通用性があるものが多いので、こんなのでよければ
  お時間が許す限り“ 右上側のタイトル ”のBlogもご覧下さい。 
           

     ※ ※ ※  最後に長々と一言  ※ ※ ※


 個社別に直ぐに特定の企業名が明確になる書き方で大変申し訳が無
 いが、いつも申し上げるように他意はなく、利害関係などもなく、

 そして中傷誹謗の意図も無いので、名誉毀損と判断される組織の方
 々には、事前にご了承賜りたくお願い申し上げます。

 また、特定の民族、国家や、特定の個人や男性・女性・年代・世代
 の方々、法人・団体・組織等に関係する特定の立場の方々を、誹謗・
 中傷したものではない事をお断りおきます。

 そして、先に研究発表された方があれば、著作権等で争うつもりは
 無いので引用等で抵触することが有れば、お詫び申し上げます。

 特に俸給者時代が、四半世紀を『静岡銀行員』であった事は事実
 ですが、Web検索エンジンSEO対策で特定の固有名詞化、即ち『元

 静岡銀行員』=『高橋義久』までに認知されており、創業間もない
 微力の個人事業主としては、この事は非常に有効です。

 Web検索エンジンSEOが、誤解を生み易く『両刃の剣』と言う事も
 忘れていません。

 例えば、アフェリエイターが『元静岡銀行員』のスキャンダル的な使用で
 一儲けしようと“自動検索ソフト”で支離滅裂なブログ文章を作成

 しているWebサイトを散見しますが、私とはまったく関係がありま
 せん。

 刑事・民事事件性に発展の危惧がない限り有名税と割り切り、
 また実害が無い限り蝿を追う様な事はせず注視に止めてリスクガード
 だけは油断しない様に努めます。

 その意味で、今後も静銀OB、先輩・後輩諸氏には迷惑をかけて
 申し訳ないが、『元静岡銀行員』のWeb上での使用と節制を持

 ったつもりの表現行動が、静岡銀行の名誉毀損・信頼を損ねる
 等に該当するか、類似商標で同行から提訴されない限り、

 その行動を担保する静岡県行政書士会所属の著作権相談員・ISO
 情報セキュリティ審査員の身分を以って、例え『元』でも絶えず責務・
 職責・立場を自覚しつつ、コンプライアンスを厳守していく所存です。

 従って静岡銀行出身に誇りを持っており、愛行心と感謝の念は
 今もあるが、逆説的には、現在、法的に静岡銀行とも一切関係
 がなく儀礼的対応以外、アライアンスなどの接触もない。

 行政書士会などの士業(家系も士族)の会所属は、強制会制度下
 での事業活動が法律で決められているまでの事。

 また、日本行政書士会連合会に入会登録時に政治連盟に加入し
 たが、あくまで行政書士の事業活動上、法令制定・改正の強力

 な勢力だから、との説明を受けて加入を了解したまでで、自民
 党・民主党・社民党・共産党等の特定政党を支持した訳ではない。

 そうでなければ退会することも辞さない。したがって、私は特定組
 織の人間でもなく政治的にも、あえて言えば庶民派で、社会的活動
 は行っていない。

 またホームページ掲載の入会組織以外に、俗にいうバックは無いの
 で、『私に関する諜報活動は無駄』かと存じます。

 ブログ等でお気に触れる様な慇懃無礼な記述・言動があれば、再度
 お詫び申し上げます、お許し下さい。

 いつもの様に、誤字脱字の多い事もあわせてお詫び申し上げます。

 最後にSEO対策・検索エンジン対策を前面にしている商業色の混在
 するBlogのため、全体がファクトリー内部の様に大変見づらい事を
 改めてお詫び申し上げます。

                             (文責/高橋義久)


                ※   ※   ※


                 
★☆★☆ ≪ プロフィール/業務内容のリンクご案内 ≫  ☆★☆★


■ BCPの高橋海事ISO労務事務所 所長 高 橋 義 久
  ISOコンシェルジュ&ISOコンサルタント/行政書士/海事代理士
      
   ★ concept : BCP・BCMコンサルタント&ISOの行政書士
   ☆ mission : 広義のBCMで地球環境を救う

BCPの伝道師/ISOの行政書士/高橋義久
  BCP・BCMコンサルタント/
  ISOの行政書士から進化させて
  静岡県上級防災士/レジリエンスコンサルタント
  を標榜している
  静岡県BCP指導者/静岡県防災士の
  高橋海事ISO労務事務所 
  所長の高橋義久でございます。


火事 プロフィールは下記のURL をクリック下さい。
http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/profile/


★★↑所長高橋は声が大きく、“ 燃えている ”ので
          “ 焼けど ”にご注意下さい。


■《我思う,故に我あり?》デカルト:中高年脂肪・炭水化物の
                       生物の中身とは?

            ☆★☆★☆★☆★☆

■当事務所のHP/Blogに掲載されている文章・写真の無断転載を
禁じます。
     (Webサイト管理者は静岡県行政書士会・著作権相談員)
Copyright 2006‐2012 高橋海事ISO労務事務所 All rights reserved 
        
            ☆★☆★☆★☆★☆

(地球儀バナーをクリック頂ければ静岡・ISO・コンサルタント・ウワサ・クチコミ・Webサイトに)

■地元で安心の静岡商工会議所Webサイト『専門家相談』からアクセス下さい。
 ココをクリック↓↓
 URL:http://www.bep-shizuoka.jp/category11.html

■下記の広告やWebサイト、及び左ブライング余白の広告やWebサイト
 は、例え同業他社や関連業者であっても当事務所とは無関係ですので、
 一切責任を負いません■ 

◆ 『 世界的な富の偏重・デフォルト回避の抜本策は中央銀行制度見直しかもしれない 』 ■BCP・BCM・レジリエンスコンサルタント/元静岡銀行員5

下のバナーをクリック↓静岡・ISO・セミナー・コンサルタント・ウワサ・クチコミ・Webサイト

★BCP策定依頼・問合せでこのブログにお来し下さった方は、申し訳ございませんが
 TOPページへどうぞ!⇒http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/

 
                ※   ※   ※


            ≪ 事務所 関連広告/トピックス ≫
 
 ■ 静岡・ISO・セミナー・コンサルタントのウワサ・クチコミWebサイト・ポータルサイトです。

 ■ 当事務所が運営するBCM・ISOセミナー中心の公式Webサイトは、
     下記をご覧下さい。
             http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/
                   (写真をクリック)   
             高橋海事ISO労務事務所HPイメージ


                ※   ※   ※


◆ 『井戸の中の蛙/無責任マスコミによる共鳴BOX=島国・箱庭・日本』、言い換えれば
  『 ガラパゴス諸島日本国民 』の世相フォーカスを試み、そしてまた『 茹でカエル 』
   日本人への自戒と警鐘を鳴らす、つれづれと『本音』を述べる・・・

         ・・・『ブログでないブログ』である。ご一笑あれ。


【目標】 BCPスキルで大手コンサルを超えるBCPブランド ★信頼のBCPコンサルタント ブランドマーク       事業継続計画BCPレジリエンスコンサルタントのブランド代名詞を標榜する、高橋BCP





▲▽▲▽ ■ 『 世界的な富の偏重・デフォルト回避の抜本策は
                      中央銀行制度見直しかもしれない  』
        ■ BCP・BCM・レジリエンスコンサルタント/元静岡銀行員 ▽▲▽▲ 



◆ 4月の局所 日本銀行正門前の桜満開
日本銀行前の桜満開・春爛漫
















 ・・・百花春至って誰が為にか開く・・・  年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず・・・


    大統領就任時、ロスチャイルドからロックフェラーに寝返ったハンガリー系ユダヤ人
    ニコラ・サルコジが今回フランス大統領選に敗れ、フランソワ・オランド新大統領が誕生
    した。彼が掲げた‘フランス平等魂’の下、銀行がタックス・ヘイブンから抜け出る様に
    強制することも視野に入れ、また緊縮措置と成長促進策のバランスを図るために、
    1月に欧州各国の首脳が昨年合意した財政協定を修正すると主張した事を実行に
    移した場合、米国・欧州デフォルト危機はどうなるのか?

     日本にとって財務省は何故、フランス大統領選挙の行方を待って安住財務相の
    IMF基金4.8兆円拠出の発表時期を慎重にしなかったのか?国民には血税とも
    言うべき消費税増税を押し付けておきながら‘溝に捨てた金’にならないのか?
    またギリシャ議会選挙与党過半数割れも相まって、日本がとった行動は勇み足
    だったのではないか?

    日本銀行は、日本デフォルト危機も他人事でなく1千兆円債務超過は財務省の分野と
    縦割り硬直思考にせず、また中央銀行及び銀行の果たす役割の見直しを図り率先 
    し、今だからこそ国家百計として、独自に取組むべきと考えるが・・・ 
                                 (2012年5月7日加筆修正)




◆ 5月の大局  2012年5月18日(金)常盤橋から日銀と三井村を望む
常盤橋から日本銀行と高層ビルの三井村を望む














   ・・・水は竹辺より流れ出でて冷ややかに、風は花裏より過ぎ来たって香し・・・   
                                          ( 禅林類週聚・八 )    


    ・・・ものごとは、すべて流れ出てくる元のところが第一・・・

      ・・・毒されていない日本銀行が中央銀行制度の見直しも含めて、
        百鬼夜行ならぬ百鬼昼行の世界金融市場を大局観で見据えよ!


    4百年間にわたりロスチャイルド&ロックフェラー、近時は実行部隊ネオコン等俗に
    イルミナティ集団が国際金融を牛耳って来たが、FRB・欧州中央銀行制度しくみが
    米国・欧州デフォルト危機下で各国の選挙結果に象徴される様に、各国の国民は
    富の偏重に、子供でさえ気づき始めて※(やらせだろうが)、国民の不満は爆発
    してギリシャやフランスでさえも大敗した。

    ※カナダの例:http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html

    米国の富裕層も、富裕層への増税等の是正を唱え始めた。これまで1千兆円債務国
    日本政府で、総理在位期間を競ったN・K二人の売国奴総理大臣経験者を除く、
    R&Rに逆らった歴代総理経験者は、田中角栄を筆頭にジャパンパッシングの
    洗礼を受けつつ国益を死守して来たが、今は田中防衛相(田中角栄の娘婿)が
    売国奴議員とネオコン実行部隊Y新聞や他のTVキー局を含むマスコミ等の非難を
    浴び洗礼犠牲者になりつつある。
・   
    一方18日欧州デフォルト危機ではイルミナティ配下の米国格付会社によってター
    ゲットにされたスペイン16行の銀行が格付格下げといった、信用不安を手玉に
    取った画策の犠牲となっている。結果として日本国内を見ても世界中の“拝金亡者
    の=投機マネー”が円高を呼び、株式市場でも今年最大前日比▲265円28銭安
    の日経平均株価は8,611円31銭となった。世界金融界の信用?・R&R集団
    に都合良い格付け制度の創設・運用によって、“現在の信用制度”は完全にマインド
    コントロールされている。

    しかも、現実には日本は(中国は拒否)米国債を買い続けてドル決済制度を縁の下で
    支え続けており、独立国でありながら沖縄・本土の米軍基地は返還されないまま戦後
    60余年、今日に至り、特にK政権以降、郵政民営化で金融植民地状況が続き、今回
    改正で危うく難を逃れたが完全に米国ハゲタカ金融の餌食になりかける事を回避
    できるか余談を許さない。

    国家のBCP観点から同様に自由貿易も欠かせないが、世界食糧戦略に長けた米国
    の全ての分野で軍門に下る事がない様に、作為的なバイオテロも十分想定して、
    米国に有利なTPP参加には慎重に当るべきである。

    今月の撮影時期(5月18日)と同じくしてG8、サミットが開催されたが、R&Rの
    操り人形オバマ大統領から期待できる内容はなく、R&Rと対峙するロシア・
    プーチンは欠席を決め込んだが正しい選択といえよう。討議内容の内、北朝鮮問題・
    イランへのIAEA査察は、サミットで取上げる議題ではなく、当て馬・猫だまし
    に過ぎない。

    前後して明らかになった米国、実行部隊ネオコンによる統合軍参謀大学でのイスラム
    教徒無差別攻撃の洗脳教育を見ても、真の米国国家作りをやろうとすれば、ケネディ
    暗殺の様に自国の元首殺害も辞さないで、戦略的に好戦状態に追いやる事がR&R
    などイルミナティ集団の巨万の富を築く常套手段ゆえに、鰌総理もそれを支える日銀・
    財務・外務省も心してかかる事である、官僚よ、保身に走り売国奴に成り下がるまい。

    事象は多面的に仮説・条件設定を推理して考える際に、東日本大震災は本当に巨大
    地震が活動期に入った発生事象なのか、それとも人工地震だったのか、とんでもない
    東電原発事故を検証するのに、“原子力村”の暴挙をここで取上げるつもりはないが
    情報開示を求めたい事がある。

    “菅元総理よ!勝俣元東電会長よ!”震災直後の、訳も解らぬイスラエルの隠密部隊
    の福島原発への立入りの真相と、タイミングが良過ぎる“トモダチ作戦”とクリントン
    来日時の密約の存在を、変死を覚悟で暴露せよ、国民の目は節穴ではない。

    余談だが、英国女王即位60年式典に天皇陛下が病後間もない身で出席されたが、
    イルミナティ集団の主人(元ロスチャイルドは英国王室金庫番・今でも貴族の金庫番)
    =英国王室の歓迎式典へ出席した天皇陛下(天皇制)の行為・存在は歴代内閣要人
    の比ではなく、英国王室が日本には一目おく、という視点があることを忘れては
    ならない。

    またR&Rのルーツであるユダヤの紋章と菊花は源泉を一にしているとの見方も
    ある。皇室の後ろ盾がある日本国の為政者は必要以上に米国に卑屈にならない
    ことである。             

    私は現行憲法の改変に反対だが、天皇制存続が日本民族が生き残る前提条件と
    考え、政治的には中庸、同時に憂国的な愛国者であることを申し添えたい。

    【あとがき】で述べるスライブは限定解釈して、イルミナティ解体など無理な話で、
    余命を東日本大震災の金融機関の対応を注視し、来る東海地震等までに『巨大
    災害とレジリエンスの金融制度』の創設にささげたい。


     【注】 R&Rとは、此処ではロックフェラーとロスチャイルドを指すが、
         趣旨は世界中の富の過半数を牛耳る集団イルミナティの総称を
         イメージしている。



◆◇◆◇ 藤井昇著『ロックフェラー対ロスチャイルド』を踏まえて海外展開を! ◆◇◆◇


 グローバリズムを考える時に、下記の対立軸に我々は踊らされている事を知る。
 ERM‐COSOやBCP・BCMを運用する際に、いつも忘れてはならない。
 この事は、20年近く経ても変わらず、メジャー企業と取引するのに役立つ。


★☆★☆

  グローバル企業のBCPはロックフェラー対ロスチャイルドの怒涛の中での生き残り
  経営を指すのかもしれない!日本企業よ、ユダヤ資本に飲まれる事なかれ!
                                             ★☆★☆


藤井昇氏「ロックフェラー対ロスチャイルド」1994年5月現在












◆引用:1994年5月 徳間書店 藤井昇著『ロックフェラー対ロスチャイルド』


URL:http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html

関心ある方は、上記を研究されたい。↑↑↑ 書籍は1994年5月現在だが、今だから
こそ明らかになって来た。


★言い換えれば、国内ではかっての三井VS三菱の代理戦争だが、RvsRの其れは、
 その比ではない事を知る。


★福島原発事故の原子力設備はGE製でなかったか?その導入に関わった政治家や
 財界人が関わる企業の海外提携先は、RvsRのどちら側か推察される。

 或いは、2011年3月11日迄は原発村が司直を使って、脱原発を唱えた政治家を
 逮捕したり、国策優先>RvsRといった功罪?も判ってくる、今もなお政商が存在
 するか知らないが。

 その意味では、戦後60余年経過しても形を変えて日本帝国主義のDNAは健在かも
 しれない、草食系民族化といった‘柔’に憂国派の‘柔’剣道の義務教育化はその表れか。

★円高で海外進出に当り、RvsRの構図を知らないと大変な事になる世界戦略のABCだ。

★2012年1月14日 Twitterより

 ◆BCP愚見⇒賛否両論あっても1994年の藤村昇著『ロックフェラー対ロスチャイルド』は
  世界の裏読みに欠かせない。格付会社SPが欧州ユーロ圏複数国債格付の下げに如何
  なる思惑があるのか、その鍵が脈々と生きている。無論BCPナビゲーターになる
 ⇒ http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html

  ★ご関心の向きはクリック↓↓↓
★ツイッター:クリック⇒https://twitter.com/#!/takahashibcp

  ★さらに全世界のデフォルトに関心の向きには下記がお奨めである、
   BCP・BCMも詰まるところ金融関連に行き尽く↓↓↓・・・
   知っていて損はない裏読み⇒ http://www.news-us.jp/

◆藤井昇著『ロックフェラー対ロスチャイルド』の‘あとがき’に初代Rと初代Rには
 共通した気質があって、代々それが受け継がれる限り老舗に通じる言葉の暖簾らしい。
 それは『 質実剛健 』であるということ。



◆米国からのアクションは額面どおり受け取らないこと、裏読みが欠かせない。
ホワイトハウス












■ ホワイトハウスURL:http://www.whitehouse.gov/fsbr/esbr.html

  クリックされた方のアクセスのログは、↑アルカイダ
  からのアクセスと共に多分半永久的に国防総省の
            巨大サーバーに未来永劫残るだろう。


◆ ロックフェラー&ロスチャイルドに近い、或いは米国国防省・FBI・CIAも
  牛耳る一握りの覇権拝金亡者(例えばチェイニー・ラムズフェルト・ブッシュ等
  多数)により自国民さえ犠牲にしてまで蛮勇を決行する殺戮集団である・・・
  3.11も人工地震&トモダチ作戦も米国によって仕組まれた事かも知れない・・・



◆ 米国はGMが日本よりも先に電気自動車を実用化させていたにも拘らず、
  世界の覇権“石油資本を牛耳るユダヤ資本”によって潰してしまった帝国
  主義的な“牙”を自国にも向ける一面を持ち合わせている。


◆ 米国側(広く欧米側)にとって如何に世界的覇者になれるか、優位に立て
  るか、の視点から『 食糧戦略 』『 資源戦略 』 などを見れば判断が容易
  になる。


◆ 『 BCP 』は、欧米発の或る意味で陰謀の副産物ですらある事を想定して
  構築する前に必ず立ち止まって、リスク要因や自然現象の分析にいきなり

  取組むのではなく、その思想なり裏のロジックを考えてみる事が欠かせ
  ない、アングロサクソン人の攻撃的なその裏に横たわるものが何か。


◆ 何事にも裏があると考えている、踊らされる国民になってはいけない、
  日本でも得意のパフォーマンスで結果的に国民を愚弄した元首相の功罪を

  今ここで述べるまでもなく、更に国力が10年も世界に立ち遅れる事に
  なってしまった事は自明の理であり、今後は国内外を問わず国民は賢明な
  選択をすべきで、党派を越えて時の政権には厳しくありたい。


 《一例》 今話題の『新型インフルエンザ』に先行すること3年前・・・陰謀は
      3年前に図られていたこの事実をご存知であろうか?


      ブッシュ前大統領の盟友、元国防長官ラムズフェルド氏の陰謀?
      そして、日本国政府のかかわり?(政治家の利権絡みか?)


   2005年10月31日 米国『CNNニュース』要約の冒頭記事から・・・
・ 
  
  『鳥インフルエンザ大流行の予測は世界の人々をパニックに陥れているが、
  ギリアド・サイエンシズ社の株を所有するラムズフェルド国防長官やその他
   政界関係者にとっては朗報だ。』


 《ご参考:引用》 ・独立系メディア『今日のコラム』青山貞一/池田こみち氏
          URL:http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col8800.html

          ・独立系メディア『今日のコラム』のホームページ
          URL:http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm

 『 2009年新型インフルエンザ騒動?は何んだったんだ?! 』 と言う
経営者は多いが、誰が影で儲かり笑っているかをつかんでいる方は少ない。


 グローバル戦略の視点とは、企業は公器の視点から、体たらくの為政者を
  超えて国家戦略を全方位(マルチ)の複眼思考で、単に経営判断でない

  国家百年の計を私企業の経営者であっても考え尽くした上での視点で
  あって欲しいと願う。


◆ 米国側(広く欧米側)にとって如何に世界的覇者になれるか、優位に立てるか、
   の視点から『 食糧戦略 』・『 資源戦略 』 などを見れば判断が容易になる。

 ★繰り返すが

  『 BCP 』は、欧米発の或る意味で陰謀の副産物ですらある事を想定して・・・
   構築する前に立ち止まって、リスク要因や自然現象の分析にいきなり
   取組むのではなく、その思想なり裏のロジックを考えてみる事が大切である。
   私は、何事にも裏があると考えている、踊らされる国民になってはいけない。


◆ 【真のBCP・レジリエンスとは】
救国のレジリエンス
 3.11以降、南海トラフ連動巨大地震で10数mを超える津波に戸惑い、
 日本民族は自然の猛威に畏怖の念を抱きつつ究極の対策に取組
 まんとしている。

 東日本大震災&原発事故後の復興復旧・放射能汚染・風評に唯、
 恐れるだけでなく、賢く乗り越え日本再生を夢見る例として
 田中角栄元首相の『 日本列島改造論 』以来の躍進する地震立国、
↑↑↑ クリック      日本のあるべき姿が『 救国のレジリエンス 』に満載。


 副題には「列島強靭化」でGDP900兆円の日本誕生と、何とも力漲るが、私流には
 『 BCPで自然との共生、しなやかな国家作り 』である。

  ところで、同じ日本法人・国民でありながら明治維新以降、大戦後今日迄脈々と
 米国等の僕として売国奴に成下がり国民を扇動・プロパガンダで洗脳してマインドコントロール
 に手を染める族がおり、そこにはロスチャイルド&ロックフェラー等(利権・覇権・権益が損なわ
 れる事を良しとしない集団)の影が今もちらつく。

 だが、現代日本国家の成り様は体制派によって、それら集団・国家等の恩恵をも享受
 して来た歴史的背景もある故に敵視することなく、但し米国等に対しても属国から
 対等関係へと変貌を遂げる日本国民(主権在民)の強いメッセージが絶えず欠かせない。
 それが日本国家(戦勝国からの属地・属人的独立復興)の真のBCP・レジリエンスである。

 具体的には、今後も起こりうる地震列島日本での巨大災害時の対応と国際情勢での
 外交的不器用さにより降りかかる巨大力学・人災時のレジリエンスに、ナオミ・クライン著書
 9.11『 ショック・ドクトリン 』にあった様な利権・覇権集団の介在を許さず、日本国家主権
 在民による真の事業継続を図る事である、これは隣国・他国についても言える。

 その鍵は勇気ある米国発の『 thrive/スライブ 』というパラダイムの様な現代社会の見直しで、
 過去に葬られた又現在世界の、殆どの問題、例えば3.11人工地震の怪・新型インフルエンザ・
 子宮癌ワクチン接種等・ケネデチディ等要人暗殺・日本米国欧州のデフォルト・9.11事件・イラク・
 中東戦争等切りがないが、その影が解明となり、特に金融問題などは解決されよう。

 特に世界的なデフォルトを機に、恣意的な思惑が絡む国際決済銀行・各国中央銀行制度の
 見直しを視野に、国家間や特権階級への富の偏重・是正・裏社会集団の撲滅へ国民的
 運動の高まりを期待したい(無理という貴方がたは一生金融資本の奴隷だろう)。
・ 
 ◆下記のWebサイトをご覧になり↓↓↓お考えいただきご自身の見解・メッセージを発信下さい。

  ◆公式ページ⇒★http://www.thrivemovement.com/home
  ◆映画 『 THRIVE(スライブ) 』の見方⇒★http://www.thrivejapan.com/index.php?Thrive%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%EF%BC%89
  ◆解説Blogの1つ⇒★http://ameblo.jp/humipine/
     
       ( お断り:ロスチャイルド&ロックフェラー等の集団の人々に敵意なく、唯、歴史的に
              富の偏重が人類を苦しめて来た史実に改変を唱えるものです )
  
  ◆ナオミ・クライン著9.11『 ショック・ドクトリン 』岩波書店⇒★http://www.amazon.co.jp/dp/4000234935/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-fy7e




                     ※   ※   ※




◆ 清見寺書院からの最高のアングルが庭園を左に見ての写真・・・

清見寺の名勝庭園












 写真をクリックしてご覧下さい




◆ 下の写真は庭園を右に見ての対照的なアングルである・・・

書院から見た庭園

















 写真をクリックしてご覧下さい





 
 いおはらのきよみがさきのみほのうら
       ゆたけきみつつものおもひもなし
                     (万葉集;759年) 

 清見がた沖の岩こす白波に
       光をかはす秋の夜のつき
            西行法師(山家集;1118年ー1190年)
 西東 あわれさ同じ 秋の風
                芭蕉

 清見寺 海を仰ぎて うろくづも
       救はれぬべき 身と思ふらん
                与謝野晶子(1878年ー1942年)


 

                ※   ※   ※  



◆ 清見寺の五百羅観音像・・・
清見寺の五百羅観音像













 写真をクリックしてご覧下さい




   【座右銘】 : 好日一会の作為人生、
                     龍気で動変 変動
                                 ひぐらし戒元




◆ 日本晴れの清水港に入港する豪華客船クリスタルセレニティ
日本晴れの清水港に入港のクリスタルセレニティ















我が郷土清水港、東海地震に伴う大津波?それが如何した?
                       ・・・生かされている身に怖いものはない



◆ 一昨年12月から1年半ぶりの再開、私の仕事中心にWeb活用を考えた場合、
  Blogにじっくり取り組む時間が取れなく、月一程度のBlog投稿になるかと
  思うが、ご了解頂きたい。
  

  Twitterでは週に2、3回“つぶやき”いているので、
  140字の日々の私を知りたい方は、そこでご覧下さい。
  下記を↓クリック頂きたい。
  URL:https://twitter.com/takahashibcp 



◆◇ あとがきに代えて ◆◇


◆中央銀行の在り方の参考になるのが『 THRIVE(スライブ) 』かもしれない、ご覧下さい。

スライブ★公式ページ⇒★http://www.thrivemovement.com/home
★映画 『 THRIVE(スライブ) 』↓↓↓の見方⇒★http://www.thrivejapan.com/index.php?Thrive%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%EF%BC%89
★解説Blogの1つ⇒★http://ameblo.jp/humipine/(中央銀行の箇所)
★参考Blogの1つ⇒NEWS.US★http://www.news-us.jp/


◆各国の国民は、イルミナティ集団による富の偏重の存在をまず知ることから始めなけ
 ればならないが、国際社会の富の偏重については、例え宗教観の違う民族であっても
 知ること、認識をもつことである。

 先進諸国の人種・民族は開発途上国民等が金融を始めとするカラクリを知らないこと
 を奇禍として戦争・テロ等の殺戮を目論見、仕掛けて人類・民族の悲劇を生むことなく、
 それこそ狭い地球で人類共存の為に、イルミナティ集団による富の偏重の存在その事
 を各国民の大人が理解して、その上で数百年間に及ぶ人類支配の偏重解消に向けて
 立上がり、初めて各国が子供教育にしっかり取り入れることである。決して生半可な
 MBA紛いの金稼ぎゲームを子供に教育してはならない。

 ※カナダの例:http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html



    私的には余命を東日本大震災の金融機関の対応を注視し、来る東海地震等までに
    広域被災地域の金融機関の住宅ローン債権放棄と事業性資金の減免制度(二重
    ローン開放)対策として、金融機関の大同団結による巨額拠出金備蓄制度により
    巨大災害後の地域産業の急速な復興体制⇒『巨大災害とレジリエンスの金融制度』
    の創設に絞ってその実現にささげたい。

    それが余命ある限り、私のレジリエンスの社会的な活動になるだろう。


                            ひぐらし戒元




◆ 『井戸の中の蛙/無責任マスコミによる共鳴BOX=島国・箱庭・
   日本』、言い換えれば『 ガラパゴス諸島日本国民 』
  の世相フォーカスを試みといえたでしょうか?

ゲット







  そしてまた『 茹(ゆで)でカエル 』日本人への自戒と警鐘を鳴らす
  ことが出来たでしょうか?


◆ 今後の Weekly Blog は、月一、二回程度でボチボチと、まとめて掲載していくが、
  日々の私を知りたい物好きな方は下記を↓クリック頂きたい。
  URL:https://twitter.com/takahashibcp



        ≪ 千客万来 ≫ ≪ 笑門来福 ≫

                ※   ※   ※

猫  ランキング⇒数値から開放されて
  一国一城に住んで丸5年、唯一数値
  での競争評価バロメーター。

  縛りが無くなると後は“お迎え”(死)が待っているのが
  『男の美学』だと思っている。

  …『 今より若き日日は無し、もうは まだなり 生涯現役 』

★ Blogは現在性・通用性があるものが多いので、こんなのでよければ
  お時間が許す限り“ 右上側のタイトル ”のBlogもご覧下さい。 
           

     ※ ※ ※  最後に長々と一言  ※ ※ ※


 個社別に直ぐに特定の企業名が明確になる書き方で大変申し訳が無
 いが、いつも申し上げるように他意はなく、利害関係などもなく、

 そして中傷誹謗の意図も無いので、名誉毀損と判断される組織の方
 々には、事前にご了承賜りたくお願い申し上げます。

 また、特定の民族、国家や、特定の個人や男性・女性・年代・世代
 の方々、法人・団体・組織等に関係する特定の立場の方々を、誹謗・
 中傷したものではない事をお断りおきます。

 そして、先に研究発表された方があれば、著作権等で争うつもりは
 無いので引用等で抵触することが有れば、お詫び申し上げます。

 特に俸給者時代が、四半世紀を『静岡銀行員』であった事は事実
 ですが、Web検索エンジンSEO対策で特定の固有名詞化、即ち『元

 静岡銀行員』=『高橋義久』までに認知されており、創業間もない
 微力の個人事業主としては、この事は非常に有効です。

 Web検索エンジンSEOが、誤解を生み易く『両刃の剣』と言う事も
 忘れていません。

 例えば、アフェリエイターが『元静岡銀行員』のスキャンダル的な使用で
 一儲けしようと“自動検索ソフト”で支離滅裂なブログ文章を作成

 しているWebサイトを散見しますが、私とはまったく関係がありま
 せん。

 刑事・民事事件性に発展の危惧がない限り有名税と割り切り、
 また実害が無い限り蝿を追う様な事はせず注視に止めてリスクガード
 だけは油断しない様に努めます。

 その意味で、今後も静銀OB、先輩・後輩諸氏には迷惑をかけて
 申し訳ないが、『元静岡銀行員』のWeb上での使用と節制を持

 ったつもりの表現行動が、静岡銀行の名誉毀損・信頼を損ねる
 等に該当するか、類似商標で同行から提訴されない限り、

 その行動を担保する静岡県行政書士会所属の著作権相談員・ISO
 情報セキュリティ審査員の身分を以って、例え『元』でも絶えず責務・
 職責・立場を自覚しつつ、コンプライアンスを厳守していく所存です。

 従って静岡銀行出身に誇りを持っており、愛行心と感謝の念は
 今もあるが、逆説的には、現在、法的に静岡銀行とも一切関係
 がなく儀礼的対応以外、アライアンスなどの接触もない。

 行政書士会などの士業(家系も士族)の会所属は、強制会制度下
 での事業活動が法律で決められているまでの事。

 また、日本行政書士会連合会に入会登録時に政治連盟に加入し
 たが、あくまで行政書士の事業活動上、法令制定・改正の強力

 な勢力だから、との説明を受けて加入を了解したまでで、自民
 党・民主党・社民党・共産党等の特定政党を支持した訳ではない。

 そうでなければ退会することも辞さない。したがって、私は特定組
 織の人間でもなく政治的にも、あえて言えば庶民派で、社会的活動
 は行っていない。

 またホームページ掲載の入会組織以外に、俗にいうバックは無いの
 で、『私に関する諜報活動は無駄』かと存じます。

 ブログ等でお気に触れる様な慇懃無礼な記述・言動があれば、再度
 お詫び申し上げます、お許し下さい。

 いつもの様に、誤字脱字の多い事もあわせてお詫び申し上げます。

 最後にSEO対策・検索エンジン対策を前面にしている商業色の混在
 するBlogのため、全体がファクトリー内部の様に大変見づらい事を
 改めてお詫び申し上げます。

                             (文責/高橋義久)


                ※   ※   ※


                 
★☆★☆ ≪ プロフィール/業務内容のリンクご案内 ≫  ☆★☆★


■ BCPの高橋海事ISO労務事務所 所長 高 橋 義 久
  ISOコンシェルジュ&ISOコンサルタント/行政書士/海事代理士
      
   ★ concept : BCP・BCMコンサルタント&ISOの行政書士
   ☆ mission : 広義のBCMで地球環境を救う

BCPの伝道師/ISOの行政書士/高橋義久
  BCP・BCMコンサルタント/
  ISOの行政書士から進化させて
  静岡県上級防災士/レジリエンスコンサルタント
  を標榜している
  静岡県BCP指導者/静岡県防災士の
  高橋海事ISO労務事務所 
  所長の高橋義久でございます。


火事 プロフィールは下記のURL をクリック下さい。
http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/profile/


★★↑所長高橋は声が大きく、“ 燃えている ”ので
          “ 焼けど ”にご注意下さい。


■《我思う,故に我あり?》デカルト:中高年脂肪・炭水化物の
                       生物の中身とは?

            ☆★☆★☆★☆★☆

■当事務所のHP/Blogに掲載されている文章・写真の無断転載を
禁じます。
     (Webサイト管理者は静岡県行政書士会・著作権相談員)
Copyright 2006‐2012 高橋海事ISO労務事務所 All rights reserved 
        
            ☆★☆★☆★☆★☆

(地球儀バナーをクリック頂ければ静岡・ISO・コンサルタント・ウワサ・クチコミ・Webサイトに)

■地元で安心の静岡商工会議所Webサイト『専門家相談』からアクセス下さい。
 ココをクリック↓↓
 URL:http://www.bep-shizuoka.jp/category11.html

■下記の広告やWebサイト、及び左ブライング余白の広告やWebサイト
 は、例え同業他社や関連業者であっても当事務所とは無関係ですので、
 一切責任を負いません■ 
最新記事
livedoor 天気
訪問者数

  • ライブドアブログ