(グリーンの地球儀をクリックいただければ、ホームページへの誘い直行フライト便)

 
                 ※ ※ ※ ※

              ≪ 事務所 トピックス ≫

     ■当事務所の『ISOセミナー情報サイト』は更に静岡商工会議所運営
      のお問合せメール』専用の当事務所Webサイトとリンクしています。
                ここをクリック↓↓
      http://www.bs-shizuoka.jp/kigyo/078_takahashi.html
       (静岡商工会議所のビジネス支援サイト⇒ビジネスサイト@静岡)

     ■《英語版》ビジネスサイト@静岡 …在日企業活動の外国人経営者向け
                ここをクリック↓↓
     http://www.bs-shizuoka.jp/e-kigyo/e-078_takahashi.html

     ■下記の当事務所の公式サイトからお入り頂くのが、わかりやすいか
      と存じます。
                   (写真をクリック)
             http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/
   
                 高橋海事ISO労務事務所HPイメージ
 
                  ※ ※ ※ ※


       ▽▲▽ ■『骨粗鬆症の日本』?■元静岡銀行員 ▽▲▽


■『骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の日本』の表題は、6月24日Blogの
  中の『政党のBCM』の文章「…公安調査庁に代表される骨粗鬆症
 の様な日本政府の危機管理…」の「骨粗鬆症」にスッポットを当て、今
 週の表題とした。

        ⇒引用として、骨の中がスカスカの状態を比喩している。
 例えば、工場生産の海外移転などは、産業の「空洞化」を指している。

Yahoo!検索;(骨粗鬆症の意味)を参考に
                 ここをクリック↓↓
URL:⇒http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%AA%A8%E7%B2%97%E9%AC%86%E7%97%87%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%91%B3&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt 

 中でも9.の骨粗鬆症Q&A(詳細解説) が解り易く、題名通り詳しい。

                ※ ※ ※

■今年も暑い夏の前半がこの7月から始まるが、中下旬からは、地球
 の温暖化現象と相まって、参議院選挙の選挙カーのスピーカーが、けたた
 ましく鳴り響き、一層暑い思いをする事となる。

 よって、Blogも内容は別としても、体裁だけはサッパリと清涼感のあ
 るものにしたいと思う。

                ※ ※ ※

■政治・・・昨年9月以降、選ばれてしまった『安倍内閣』の9ヶ月間の
      「性急な誤りの所業」の審判を、7月29日に国民の意思を
      一票に託して、国民自身によって『政治を復元』させる事。

★『防衛省化』によって『日本国憲法』は、「骨粗鬆症」に陥ってし
  まった。理屈抜きに皆様方の家族・祖先を軸足に、冷静にご判断
 下さい。与党は数にものをいわせて憲法の症状悪化を図ろうとして
 いる。

 6月30日久間防衛省大臣は、こともあろうに被爆地、長崎で原爆投
 下の暴言を吐いてしまった、というよりも『投下』してしまった。

 この方は、大臣就任後、数々の省内不祥事の責任回避を、ゲームの
 不死鳥の如くリッセトして、辞任の「職責」の重さすら感じないとみえ、
 大臣の座に固執した。

 7月3日やっと辞任したが人格の無さ、引き際の悪さが記憶に新しい。

 ★★7月3日安倍内閣は『くのいち』(=小池元刺客)を送込み
                             『煙幕』を張った★★

   ≪注釈:『くノ一』⇒合せると女の漢字、女の忍者の事です≫

  ・・・野党は、女性党員を前面に出し、防衛論議で一歩も退くな。

 『防衛省』は、トップが『くのいち』になっても(今後の国際社会の中で
 生き抜く日本の、『戦前への転舵(てんだ=船のへさきを右へ向ける
 こと)』にならないことを望む。

 「制服組にとってやり易い」とか「隊員規律の腰砕け」などがあって
 はならない、『省内』のシビリアンコントロール「骨粗鬆症」を国民は許すまじ。

☆12月3日のBlogですが、7ヵ月後の近未来の現在と比較してご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、7月29日審判下さい。
                ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50392693.html


★自組織の脆弱さを棚上げにし、『能天気』な国民を後目にかけながら、
 戦前に回帰する様な軍国化の波を、今の平和憲法によって防ぐべきで
 ある。

 文民統制の形骸化こそが「骨粗鬆症」のそのものであり、軍事武力
 を手中に収めている制服・装備の中に潜む『人間の優越感・人間の
 傲慢さ』が『復活DNA』である。

 現在の制服組の方々に芽生えなくとも、本質的に『制服・装備の中
 に潜む復活DNA』をいつまでも、シビリアンコントロールの虚弱な体制で制
 御出来ない事を歴史が証明している。

 これは自衛隊に勤務されている個々の方々や、個別の問題ではなく、
 武力を持った時の人間集団の「闘争本能の性(さが)」の本質を私は
 否定しきれないと言っている。

 歴史が、史実が時代を超えて物語っているのは、皆様もご承知の
 はずで、大河ドラマを観ているうちはいいが、国家権力の任を担う
 者は、自身と重ね合わせて演じては駄目だ。

 たかだか60余年経ているだけで、経験不足の若輩安倍首相は、「
 拉致」でデビューした政治経験「零」の政治家だが、ドンキーホーテ宰相にい
 きなり後継の首相に結果として任命され、

  ⇒『拉致、不埒の区別がつかぬ政治家』を演じてしまった。

 演じついでに言うと、日本人政治家で彼ほどヒットラーに似ている政治
 家はいない。

 ちなみに顔写真の鼻の下にチョボヒゲを黒く塗れば、卍の総統政治劇
 を演じて、セリフはいつも決まって「私の内閣」、二言目には「私の
 ・・・」である。

 だが現実世界は、外遊時、夫人と手を繋ぎ、タカ派・右派気取りの
 安倍首相など組織的な職業軍人には、赤子の首を捻るようなもので
 ある。

 こんな日本に誰がした? YESマンの学識経験者集団による各検討会議
 など、傲慢にもほどがある。

 特に安倍首相を牛耳る自民党の取巻き連中の院政振りは、集団的
 独裁政治に等しく、ポンポンと法律を制定する様は、軽はずみだけで
 は済まされない。

 一般大衆受けの良かったドンキーホーテ宰相の出現の功罪は、もう少し先に
 待つとしても、燃えている火事は消さねばならないので、あえて申し
 上げる。

 ドンキーホーテ宰相の後継者選びの『10ヶ月間の実験結果』を与野党共に
 (院政の取巻き連中を除いて)政治家は学ぶべきである、それは・・・。

 ・・・まともな政治家は、・・・
 『政治や統治とは、(家康の弁の如くに)重き荷物を背負って慎重、
  厳密に判断・行動すべきもの』という事が解かったと思う。 
 
 『国民の怨念』(大戦・介護・年金問題など)を為政者は忘れまい、
  下手な大衆運動や群集心理を利用すまい、詭弁を弄すまい。

 只、前・現首相共に、広義の官僚機構から、悪の温床をあぶりだして
 しまった事が唯一の功績と言えようか、これとてまだ進行形ingだが。

☆6月11日のBlogですが、20日後の近未来の現在と比較してご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、7月29日審判下さい。
                 ここをクリック↓↓ 
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50841444.html

                ※ ※ ※

■外交・・・国民と言えども『今だから任せられない為政者、政治家』
      に内閣府直轄?の公安調査庁までもが、北朝鮮に飼い馴
      らされて、重度の「骨粗鬆症」に陥ってしまった事を国民
      が知らないとでも思っているのか。  

★『将軍様』を『志村ケンの馬鹿殿』と比喩してみた事があるだろうか?
  『地球儀を日本海側から見た事があるだろうか?』、…驚くべき
  事が判明する。
    
★日本列島そのものが、北朝鮮に対して軍事的には「骨粗鬆症」と
 も言える、核弾頭付きのミサイル攻撃に対しては、スカスカの防衛網?だが、
 そもそも我々の祖先が(まだご存命の元軍人もいる)、朝鮮半島侵略
 の歴史を繰り返してきた事実を、ゆめ忘れまい。

★また、国内には、公安・警察・自衛隊が把握し切れていない、北朝
 鮮工作員の動向は地下に潜ってしまったので、「将軍様の指示待ち」
 状態が確認できない。

 各地の民間電力会社の原子力発電施設の警備は、ライフル銃・自動小銃
 未満の「警棒」や「機械警備」では、工作員の進入を防止できまい。
 
 矛盾するが「骨粗鬆症」の、日本側のディフェンス・ラインも事前に確認し
 て置くことである。

☆1月7日のBlogですが、6ヶ月後の近未来の現在と比較してご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、7月29日審判下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50524174.html

                ※ ※ ※

■経済・・・URLの中身をよく自社の問題として検討してほしい。
     『グローバル企業』を標榜していたが、実は「骨粗鬆症」に陥
      っていたりしていないか。

★『今だ健在?、エコノミック・アニマル ・・・環境とも関連するが、井戸の中
 の蛙(かわず)の日本人自身が、グローバル化の美名のもとに、「骨粗
 鬆症」になりつつあると感じるのは、私だけか。

 世界の各国の文化・文明を学ぶことなく、利潤追求に走り、世界各
 地に散っていく日本人、あるいは「安い労働力」を得る為に、組合を
 組織して、「研修生制度」の美名の下、外国人を国内に取込む日本企
 業の愚かさ、経営層に「何か」が欠落している。

☆12月10日のBlogですが、7ヶ月後の近未来の現在と比較してご覧
 下さい。
 何処が間違っているか皆様が自社を振返り、経営の舵取りを是正し
 て下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50423993.html

★『今だ健在?、エコノミック・アニマル◆・・・「受験勉強地獄」という、日本特
  有の偏見教育を受けて来た経営層の方々(=世界の異文化の教育
  を受けておられない方々)は、今だに儲け主義に世界の覇権を
  握らんと、世界の文化・文明に「骨粗鬆症」の風穴を開けんとす
  る主犯格の共謀認識が欠落しているから、始末が悪い。

☆6月15日のBlogで、近未来への指針としてご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様が自社を振返り、経営の舵取りを是正し
 て下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50880717.html

                ※ ※ ※

■社会/世相/福祉…一言で言い尽くせない。

★『防衛省化』を止めて、世界最大の死の商人(=武器の商人)の代弁
 者たる米国政府に気兼ねする事無く「バージョンアップした?ジェット戦闘
 機」を購入することを止めれば、福祉の保証、特に医療・介護の質を
 落とさずに済むと思うが、血税のあるべき予算化である、如何か。

 特に自衛隊隊員のご家族を含めた方々や、与野党の政治家のご家族
 を含めた方々にも、「高齢化人口層の日本国」=「日本民族の骨粗鬆
 症」症状を真摯に受け止めてお考え頂き、世帯主の隊員お父さんや、
 政治家のお父さんと家族で話し合う機会を持つ事です。

 表舞台に立つ、それらの方々は、お立場から、福祉・介護予算を増
 やし、投入して欲しい、介護に携わる高齢家族のためにも一刻の猶
 予も許されない。

 これは、私見ではなく「諦めの境地にいる高齢介護家族の代弁」だと
 思って欲しい、否、前にも言った『国民の怨念』である。

☆1月14日のBlogですが、6ヵ月後の近未来の現在と比較してご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、7月29日審判下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50526673.html

★日本民族が、最近、思考面で薄っぺらい『一億総電子馬鹿民族』
、になりつつあり、もしかして「骨粗鬆症」に感じるのは私だけか?
 そうならない為にも、もっと思慮深く、黙考・熟考して、考察した
 上で判断することが、求められている。
  
 これは大人の一人一人が、絶えず心がける生き方として実践すべき
 事であり、日本人を他民族に比べて決して優秀など言うまいが、
 あってほしい内面の美しい日本人らしさである。

 何処かの誰かが言う「美しい国日本」の前に、国会の強行採決を含め
 た、自分の所業から悔い改めずして、空念仏を唱えても誰も従わな
 いと思う。

 まずは、社会的不平不満を言う前に(私のこと?)、「骨粗鬆症」の
 日本人・大人の一人一人が、優しさ、思いやりの広い心がけや考え
 方を持って、今からでも遅くない実践すること。

☆2月4日のBlogですが、5ヵ月後の近未来の現在と比較してご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、即実践して下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50526691.html

 ※ント(コメント);2月4日のBlogこそが、『情報化社会に於ける骨粗鬆
        症の日本』の最大の主訴である。
        為政者、国家の要人は実現に動いて欲しい。

                ※ ※ ※

■教育・・・今の教育改革では「骨粗鬆症」の症状改善は無理である、
     これは、社会制度全体にメスが入らないと。
     教育門外漢の私が唱える『TV業界』と『ゲーム業界』に対す
     る国家権力介入は有効であり、後は実行有るのみだ。

     もう少し言うと、文字・文章を読む力がなくなり、数十年
     放置していた間に、漫画・劇画といった、楽をする伝達手
     段が主力となり、TV・ゲームが加わり「日本民族」を「世界
     の民族」の中でも『体たらくな民族』にしてしまった。

     今、東南アジアで日本の漫画・劇画の人気が蔓延しつつある
     と言われるが、何か中国歴史のアヘン戦争の様に、日本から
     『馬鹿になる文化』を輸出している様な思いがする。

     多様な文化と言えばそれまでだが、7月2日外務大臣(=
     国家)までもが手を貸してしまった。本来、日本文学を
     各国語に翻訳して広めるのが、本当の姿だと言うのに。

     前述したとおり、外相を含めてこの国の為政者までもが
     「骨粗鬆症の人」を演じてしまったからだ。
     パフォーマンスはともかく、国家は漫画・劇画レベルに手を貸す
     べきではない、下手な人気取りは、他国から笑いもの
     になるだけである。
 
     某外相個人に止めて、ゆめ、外務省・文部省は動いたらば
     恥と思え。・・・試しにスウェーデンにノーベル賞分野に加えて、と
     交渉してみてはどうか・・・・・・みなくても判ることだ。
     この程度の事は民間に任せればよい。

     今の日本が如何に、思考面で薄っぺらい、言い方を変えれ
     ば『パフォーマンス受けだけに敏感な民族』に成り下がってしま
     ったかが、お解り頂けたかと思う。
     TV業界・ゲーム業界は罪深い。
     
     TV業界はトップ10の日本一年収1500余万円集団、マリナーズを持つ
     任天堂など世界の覇者ゲーム企業は数千億円の利益企業だ。
                 ここをクリック↓↓
     年収ランキング⇒http://shushokurankingu.seesaa.net/article/40893585.html     

     ・・・これって何?
            
        世界の他民族を含む国民を「骨粗鬆症」にして
        おきながら、自覚もなく、罪意識もなく、
        自組織だけが豊かに成り続けている。
        定年後も他企業とは比較にならないので、
        社会問題には真剣さが当然低くなる。
            
     世界第二位の富める国、日本の「骨粗鬆症」は、井戸の
     中の蛙よろしく、自国で解決に取り組むにしても
     『日本発の骨粗鬆症=漫画・劇画・ゲーム型ウイルス』の
     地球規模での蔓延を各国文化省は、阻止に向けて行動を
     起こすべきだと思う。
     感染源の国民多数が、自覚症状すらないので他国の賢人・
     見識ある方々は、自国民を守るしかない。その意味でも
     近隣諸国は、日本の漫画・劇画の輸入を禁止した方が良い。

     国内に話を戻すと・・・
     小学校入学前から殺戮ゲーム&リッセットに慣れ親しんだ『馬鹿
     な民族』が、『一億総電子馬鹿民族』へと変貌していく
     事の元を断ち切るには、『TV業界』と『ゲーム業界』を国
     家権力で(内閣府・総務省・文部省・経産省・法務省等と民間
     企業の大同団結などいろいろある)、何らかの制限を設け
     るなど、「教育改革」を国策として取り組む事だ。

     このまま放置すると『骨粗鬆症の日本』になりかねない。

☆1月21日のBlogですが、6ヵ月後の近未来の現在と比較してご覧下
 さい。
 自分で言うのも何ですが、かなりの力作・発想だと思っています。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、関係者の方々は即実践
 して下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50526682.html

☆6月18日のBlogですが、上記のBLOGと併せてご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様がご検証なさり、関係者の方々は即実践して下さい。
                 ここをクリック↓↓
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50883683.html

                ※ ※ ※

■環境…結構この分野は百家争鳴が多く、URLの主張に止めますが
    経営層にはお読み頂きたい、お願いに近い事を述べています。

★地球温暖化について

☆4月10日のBlogで、近未来への指針としてご覧下さい。
 何処が間違っているか皆様が自社を振返り、経営の舵取りを是正し
 て下さい。
                 ここをクリック↓↓ 
URL⇒http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/archives/50754433.html

■『 骨粗鬆症の日本 』にスッポットを当てフォーカスしてみたが「Blog」
  のベタ焼き版とのお叱りを受けるであろうか。

 下から逆に■環境■教育■社会/世相/福祉■経済■外交■政治
 の順序で重要・重大さがある。

 即ち、日本、日本民族を形成している要素なので、例えば、
 教育>政治 となる。

 他日のBlogは、非常に重要な事を述べたつもりなので最後まで飛ば
 さずに、読了して欲しい。

 過激にバッサリと言い切っているので、要注意人物位にしか見えない
 とすると、所詮、貴方はそのレベルかと思う。

 もっとも、B型・粘着気質の偏向人間と取れない事もないが、
 自己改造とカウンセリングを経て「客観的視点」を持ち合わせているつも
 りである。
 私への叱責は7月29日の一票にぶつけて欲しい。

                             ひぐらし戒元

            
        ※ ※ ※  最後に長々と一言  ※ ※ ※

 個社別に直ぐに特定の企業名が明確になる書き方で大変申し訳が無
 いが、いつも申し上げるように他意はなく、利害関係などもなく、
 そして中傷誹謗の意図も無いので、名誉毀損と判断される組織の方
 々には、事前にご了承賜りたくお願い申し上げます。

 また、特定の民族、国家や、特定の個人や男性・女性・年代・世代
 の方々、法人・団体・組織等に関係する特定の立場の方々を、誹謗・
 中傷したものではない事をお断りおきます。

 そして、先に研究発表された方があれば、著作権等で争うつもりは
 無いので引用等で抵触することが有れば、お詫び申し上げます。

 特に俸給者時代が、四半世紀を『静岡銀行員』であった事は事実
 ですが、Web検索エンジンSEO対策で特定の固有名詞化、即ち『元静岡
 銀行員』=『高橋義久』までに認知されており、創業間もない微力
 の個人事業主としては、この事は非常に有効です。

 Web検索エンジンSEOが、誤解を生み易く『両刃の剣』と言う事も
 忘れていません。

 その上で、今後も静銀OB、先輩・後輩諸氏には迷惑をかけて
 申し訳ないが、『元静岡銀行員』のWeb上での使用と節制を持
 ったつもりの表現行動が、静岡銀行の名誉毀損・信頼を損ねる
 等に該当するか、類似商標で同行から提訴されない限り、その
 行動を担保する静岡県行政書士会所属の著作権相談員・ISO情報
 セキュリティ審査員の身分を以って、例え『元』でも絶えず責務・職責
 ・立場を自覚しつつ、コンプライアンスを厳守していく所存です。

 従って静岡銀行出身に誇りを持っており、愛行心と感謝の念は
 今もあるが、逆説的には、現在、法的に静岡銀行とも一切関係
 がなく儀礼的対応以外、アライアンスなどの接触もない。

 行政書士会などの士業(家系も士族)の会所属は、強制会制度下での
 事業活動が法律で決められているまでの事。

 また、日本行政書士会連合会に入会登録時に政治連盟に加入したが、
 あくまで行政書士の事業活動上、法令制定・改正の強力な勢力だか
 ら、との説明を受けて加入を了解したまでで、自民党・民主党・社
 民党等の特定政党を支持した訳ではない。

 そうでなければ退会することも辞さない。したがって、私は特定組
 織の人間でもなく政治的にも、あえて言えば庶民派で、社会的活動
 は行っていない。

 またホームページ掲載の入会組織以外に、俗にいうバックは無いの
 で、『私に関する諜報活動は無駄』かと存じます。


 ブログ等でお気に触れる様な慇懃無礼な記述・言動があれば、再度
 お詫び申し上げます、お許し下さい。 

 いつものように、誤字脱字の多い事もあわせてお詫び申し上げます。
                             (文責/高橋義久)

                  ※ ※ ※ ※

当事務所のHP/Blogに掲載されている文章・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2006‐2007 高橋海事ISO労務事務所 All rights reserved

                   ※ ※ ※ ※
       
★☆★☆★☆★☆《9月7日(金)セミナー開催のご案内》★☆★☆★☆★
☆   
★ ≪ 『医療機関・福祉施設の質マネジメントシステム』マルチ・セミナー ≫

★ ◎【開催日時】9月7日(金)13時55分〜16時30分
☆ ◎【開催場所】静岡県文化財団『グランシップ』9階904号会議室
★ ◎【セミナー内容】『医療機関・福祉施設の質マネジメントシステム』
☆ ◎【副題】患者・入居者と家族が信頼を寄せる病院・施設の組織作り。

☆ ◎【内容】第吃堯─悵緡典ヾ悄κ〇禹楡澆ISO9001の奨め』

★            講師:国際経営システム規格研究所
☆                    代表 大和田 孝   ☆       

☆ ◎【内容】第局堯──悵緡典ヾ悄κ〇禹楡漾新弍勅圓琉戮スタッフ・
★             職員メンタル対策』
☆              講師:(財)21世紀職業財団
★                  産業カウンセラー 宮崎 清 様 
☆          
★ ◎【+0NE】IT企業の医療/福祉関連の電子システムのご紹介


☆ ◎【+TWO】医療法人化のご相談(主催者の業務)
★ 
☆ ◎【対象】事前にご予約される医療機関・福祉施設50先様
★       完全予約制です(個人開業医の方を除く一般人、
☆       同業者の方はお断りします)
☆ 
★ ◎【参加費用】5千円(ISO講師は日本の第一人者です)
☆        ご出席をご希望の方はメールか、お電話を下さい。
★        ご案内のハガキを差し上げます。
☆                   
★  【電話】054(351)7065/【FAX】054(352)6924
☆  【携帯】090(8337)6113/不通時は折返しご連絡します。
★   【お問合せ】       ここをクリック↓↓
☆        http://www.bs-shizuoka.jp/toiawase/t_078_takahashi.html

☆        (個人,同業者の方はお断りします)     

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         ≪ 乞う、ご期待!!! ≫
  ISOは、進化し続ける⇒BCM/ITサービスマネジメント等
  それぞれ12月5日/2008年3月7日セミナー開催予定です。
     
           ※ ※ ※ ※ ※ ※

■メジャー・ブログ 『 行政書士のお仕事♪ 』 に当事務所が選ばれました。
 今だ創業の苦しみの中にあるのに、こんな事ってあっていいの?
                 ここをクリック↓↓
 http://job-gyosei.busilog.com/cat311/post_25/?blog_id=1984563

◆何でも日本の★数ある行政書士事務所の内、30先の内の1つだという

                  ここをクリック↓↓
       人気blogランキング     http://blog.with2.net/link.php?401989              
               ここをクリック↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ


  ☆★☆★☆ ≪ 業務のご案内 ≫ ☆★☆★☆

  ■高橋海事ISO労務事務所 所長 高 橋 義 久

   ISOコンシェルジュ&ISOコンサルタント/行政書士/海事代理士

        concept:ISOの行政書士
        mission:広義のBCMで地球環境を救う

         高橋海事ISO労務事務所所長写真(経営革新塾)

●ISO(情報セキュリティ・品質・環境・安全衛生)審査員補/
 申請取次行政書士/静岡県行政書士会;著作権相談員/
 環境プランナーER/HACCPリーダー/第1種衛生管理者/
 産業カウンセラー/心理相談員/キャリアコンサルタント/RSTトレーナー/
 中小企業安全衛生指導員/1級小型船舶操縦者/
 アマチュア・特殊無線技士/元自主防災会会長/自主防災中核リーダー
 静岡県災害ボランティアコーディネーター/危険物乙4/防火管理者等…
 元静岡銀行員(48年入行:在籍32年間)/24年生れの団塊世代

 【補足説明】 資格マニアとの誤解と、元銀行屋に何が出来るか、
          の双方の弁解が面倒で、取扱う業務に関連する
          ものだけ掲載している。特にBCM等は、防災
          ハードのスキル無くしてシステムを語るなかれである。


●略歴: 静岡市(清水区)出身/S37年-S42年富山県(高岡市)に在住/
        S43年清水南高卒/S48年明治大学政経(経済)卒/
        S48年-H17年静岡銀行(グループ会社含)在籍/
        H17年6月個人創業現在に至る、静岡市(清水区)在住


●〒424−0943
 静岡県静岡市清水区港町1-6-4 フタバコーケンビル内
 電話:054(351)7065/FAX:054(352)6924
 携帯:090(8337)6113(不通時は折り返しご連絡します)

                ここをそれぞれクリック↓↓
●E-mail⇒t-kaiji-iso-roumu@mountain.ocn.ne.jp
 セミナー :http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/ 
 お問合せ⇒http://www.bs-shizuoka.jp/kigyo/078_takahashi.html
 Blog⇒ http://blog.livedoor.jp/k_higurasi/

■  ≪ 主なISO業務内容 ≫

 。稗咤惑Ь攫萋(品質・環境・安全衛生)サポート
 ■稗咤賄合化構築・改善
 事業継続経営(BCM・BCP)構築サポート
 ぞ霾鵐札ュリティ(ISO27001/プライバシーマーク)構築支援
 タ品安全ISO22000(水産/物流等)/HACCP認証支援
 Ε咼覺浜・指定管理者制度の支援業者のご紹介
 Ь綉に関連するハード・ソフト両面/構築の提携企業のご紹介
 

■  ≪ 主な行政書士等の業務 ≫

 )/誉瀘/定款等の会社設立書類の作成
 建設業・労働者派遣業・医療法人等の設立・許認可申請業務
 4覿繁〔嚇の書類作成
 ご超サポート:産業廃棄物処理業・4R許可申請/環境報告書作成
 チ蠡骸蠡魁殖稗埣作権・プログラム著作権登録
 ζ国管理(取扱分野は投資・経営に限ります)
 Яデの登記・登録、海技免状の更新手続
 船舶の安全管理規程/ISMの構築のサポート 
 労働安全衛生法に基づく職長教育/安全衛生教育等 
 メンタルヘルス、キャリア開発等
 その他官公署提出の許認可書類申請手続
 権利義務/事実証明等の書類作成(例.契約書の代理作成)
 元銀行員のスキルで公的金融機関への借入申込み

 ◆◇◆ 行政書士業務でみなさまのご要望に沿って頑張ります ◆◇◆


■ ISOコンサル業務や行政書士等のくわしい業務内容については、
  ホームページをご覧下さい。  ここをクリック↓↓ 
           http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/gyoumu/


■ メールでのお問合せをご希望の方は、下記のホームページから
  専用シートに入力なさって下さい。 ここをクリック↓↓
         http://www.bs-shizuoka.jp/kigyo/078_takahashi.html


■ 特に営業活動は、14項目のポリシーをもって取り組んでいます。
  その14項目とは、下記のホームページをご覧下さい。
                     ここをクリック↓↓
         http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/profile/policy/


■ 何かお困りのことでもお有りですか。
    お役に立ちたく存じます。
     ご一緒に取り組みましょう。

■ 電話・FAX・メールを頂くか、お気軽におこし下さい。
  ご用命をお待ちしております。   

■所在地
     エスパルス・ドリームプラザの100m南西方向、ユニクロの
     向かえ、道路を隔てたフタバコーケンビルの3Fです
      ⇒ 赤丸十字の所です。↓↓↓
事務所地図 
    ( 引用:Yahoo地図情報/アルプス社 )

■ 交通機関

  ○バスご利用  静鉄バス『三保』行き (JR清水駅《西口》から右手乗り場)
             波止場』下車⇒後方ユニクロの真向かい/所要10分
             /100円 
  ○タクシー    JR清水駅《東口》から3分/ワンメーター600余円 

  ○車の駐車場  当ビル隣の酒屋の小路を入り、10m左手
             駐車場の左空き箇所又は、ドリームプラザ等の
             有料駐車場がございます。

■ 清水港の『丸の内通り』/『ミニ横浜』・・・当事務所入り口付近
     事務所看板1 
     浪漫館(通り右手/南方向)
     事務所看板2
     エスパルス・ドリーム・プラザ/鈴与本社方向(左手/北方向)
         
■ 30×90cmの可愛いネオン・・・ひぐらし蝉の様にステンレス製でガッチリと                       
                高橋海事ISO労務事務所 看板写真

■ 静岡県海事センター応接室の一角を間借りして、『創業は地味にスタート』
        高橋海事ISO労務事務所内写真
             にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 環境ブログへ

        ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

●弁護士や訴訟はちょっと、という大学生や行政書士を目指す方々に
  ホームページを一つご紹介する。
   『行政書士のお仕事♪』というメジャーサイトで、
      「いきざま実態」が良く解るので、行政書士を志す方の
             ご参考に。 
          (ロゴをクリック)
          行政書士のお仕事♪
          行政書士のお仕事♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
     ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ
            


            ☆★☆★☆★☆★☆

●当事務所のHP/Blogに掲載されている文章・写真の無断転載を
禁じます。
Copyright 2006‐2007 高橋海事ISO労務事務所 All rights reserved
            ☆★☆★☆★☆★☆
http://blog.with2.net/link.php?401989


人気blogランキング