2017年04月18日

直枝政広 / ホプキンス・クリーク

ホプキンス・クリーク
驚いたのは、昨年も行われたいわき万本桜プロジェクトの中で、今年のゲストに直枝氏の演奏が行われるということだった。

運良く開演前にたどり着いた場所では、昨年の倍となる観衆に囲まれながら、くるり岸田氏がギブソンのアコースティックギターをかき鳴らしていた。

その演奏が終わるととともに、観衆は三分の一くらいになってしまったが(本当はそれ以上かもしれない)、少なくとも三倍は魅力的なブラウンノーズとのコラボレーショによる演奏が始まった。

2000年のこのソロアルバムは名盤の域であるが、南相馬市出身のブラウンノーズの味付け具合やヘロンのようなホーム・ガーデンレコーディングが行われたことなんかを理解するにつれて、「Hosono House」に比類する、パーソナルな手放せない作品となった。

ほとんどつぼみのままの万本桜の前で、声、ギターの鳴り、メロディが三位一体となって、日本のニールヤングとしか形容できない風貌で、この作品からの名曲たちや"Garden City Life""New Morning""あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう"が演じられていった。

本当に本当に最高のミュージシャンを見た。



k_hiko3 at 12:26│Comments(1)TrackBack(0)│ │japanese 90s〜 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 祥   2017年04月26日 13:32
ご無沙汰してます、K-hikoさん。
いわきで直枝さんとブラウンノーズ、楽しまれたんですね。
インスタグラムなどでその様子などを見ることができたのですが、K-hikoさんはあの雰囲気を楽しまれたのかなと思っていたところこの記事!(気付くの遅くてすみません!ネットサボリ気味でした)良かったでしょうねー。いいなあ、直枝さん、新潟は来てくださらないんですよ。遥か昔に一度来られたのですが行けなかった…。

ようやくTwitterの呪縛から逃れられるようになり(笑)、ブログをまた動かし始めようとしています。でもしばらく放置していたらパスワードは忘れるわ、やり方忘れちゃうわでダメダメです。またちょくちょく覗かせてもらいますねー。元気そうで良かったです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字