2010年07月26日

ワンフェスにてでかふもチルノちゃんを凌辱してたら、相互アナニー入門の公式っぽいページが出来ていた。

そんなわけで、昨日はワンフェスに行ってきました。
一応仕事です。ええ、ちゃんとプレス入場しましたから。
もっとも、プレス入場開始は一般より一時間遅いため、まめしきおぜうさまの
限定先行販売を逃してしまいましたが……私の数人前で完売(ノ∀`)

2010_07_24_01
行き帰りの電車移動時間を
有効活用するために、
拙著『ふたりでできるもん』
持って行ったのですが、
それを利用して
でかふもチルノちゃんを
凌辱しました。

チルノちゃんのお尻は
非常に素晴らしい手触りでした(*´▽`)

っつか、熱り立った肉槍を、
チルノちゃんの可愛らしいお尻に
押し付けつつ、自著を用いて
凌辱すると言う
高度なプレイをした場面が、
こちらの写真です。

「きもちぃすぎて、あたい溶けるちゃうぅぅっっ!」とか、チルノちゃんは言ってました(*´▽`)

でかふものレミィとフランちゃんが出たら、物凄く場所を占有されることになっても、
絶対に購入する気で居ます。
が、その前に、チルノちゃんが再販売されたら、ひょっとしたら買うかもですわ。
ええ、人がたくさん居る中で、お尻をファックした責任を取って、
私の仕事場にて飼育、もとい保護しようかと。

さておき、なんか版元さんが『ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜』
公式っぽいページを作ってくれました、と。

http://karyog18.blog130.fc2.com/blog-entry-6.html

上記のところです。
良かった、ハブにされていたわけではなかったんだ、と安心しておりますw

前のアナニー入門の時と比べますと、アマゾンのランキングは少し微妙ってか、
現時点で最高29位、7日間100位以内という状況ですが、
充分に健闘している感じです。まことにあrがとうございます。
いや、だって100位以内に一度も入らない本もございますしね、と。

っつか、良く考えると、本の中に著者である私の性的嗜好ってか、
どんなプレイが好きかとか、どういう傾向があるかとかも、
思いきり盛り込まれて居るんだなぁ、と最近になって気付きましたわw
いや、こう……三日ぐらい入浴していない、少し香りのある肛孔を
ぺろぺろするのが大好きとか、レミィのコスプレした女装っ子に
雄膣ファックされたいってか、ふたなりおぜうさま&妹様にアヌスを犯されて
尻穴肉便器にされたいとか、ンなことを書いていたなぁ、ってw

そう言った、おろかな願望を語るような記述もございますが、
基本的には、真面目に相互アナニーってか肛門性交やアナルプレイをご紹介いたしております。
読者さんの「やる気」を削がない程度に、ちゃんとコンドームの重要性というか
セーファーセックスに関しても書いていますしね。
っつか、ばっちりと「コンドームを使おう」って見出しつきで、一項目割いてますし。
前のアナニー入門の時と同様、快楽への誘惑のみではなく、きちんとリスクに関しても触れてます。

ネット上の書店などショップさんでのお取り扱い状況や、私の最近および
今後の活動に関しては、過日20日のブログ記事にございます。   
Posted by k_hyaku at 20:35Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月24日

オトコのコ同士で排泄器官である尻穴を快楽受容器にしちまう入門書の発売日。

さて、そんなわけで本日が『ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜』の発売日です。
早売りが22日から行われているため、あんまり発売日という感じはしませんが、
とりあえず秋葉原など以外の場所でも売られるようになる日、と。

2010_07_24_01で、本日も写真を。
今回は、肉感みちのくバイブという
ディルドと並べて撮影しました。
非電動な張り形ですが、
どういうわけだか商品名はバイブです。

かなり大きさがあるため、
これがスムーズに挿入できるなら、
本物ペニスを肛孔に咥え込んで
尻穴ちんぽしごきを行うのも
余裕でしょう。


あ、拙著ですが、私は取次見本の残りを著者献本でいただきましたので、とっくにもう読みました。
……いや、まぁ書いたの私ですから、読まなくてもってなところでしょうが、
校正とか削りとか色々と入りましたしねw
誤植や表記ミスなど、微妙にございます。まことに申しわけありません。
たいがいの誤植につきましては、とりあえず読んでフツーに意味が通じる感じですが、
一箇所ちょいとアレなのが、と。

P118ページの上から9行目、「3ミリグラム」と書かれていますが、
ここは「0.1グラム程度」または「100ミリグラムぐらい」が正しいです。
書いている際に、何を思ったか違う数字を書いていたようで。
まことに申しわけありません。
とりあえず、結構あれなのはそこぐらい……のはずです。

全体的な内容は、人によって激しく拒否反応を示すってな感じですねぇ。
受け入れられる人と、そうではない人に分かれる系統の本でしょう。
まぁ、それはアナニー入門も同じでしたがねw
っつか、アナニー入門と同様に、著者によりアフターサービスは一応行います。
ついったーで適当に@飛ばしてご質問いただければ、お答えする形で、と。
もっとも、あえてぼかした点などは、ご質問いただいてもお答えできませんがね。

ちなみに、著者は曖昧なものが大好きです。
ええ、何かをかっちり定義づけるとかジャンル分けするよりも、グレーゾーンとか
曖昧な分類などのが好ましいと感じることが、良くあります。
ゲイ向け、腐男子向け、腐女子向けなど「どんな層に向けての本か」と聞かれたら、
まぁ「尻穴を用いた性的行為に興味ある人向けです(*´▽`)」と回答する感じですわw

実践に役立てる、読み物、創作の参考、ネタ的贈答品など、どのような目的であれ、
お手にとっていただいたり、話題としていただければ、充分ありがたいことですし。
書物の用途や価値は、お買い上げいただいた方、ご笑覧いただいた方が決めることですわ。
ご自由に、お好きなように、色々な事柄に用いていただければ幸いです。
もっとも、法と一般常識の許す範囲内で、ですがねw

そう言えば、版元であるオークス(オークラ出版)のサイトでは、全く拙著が紹介されていませんが、
これは現在ページを作成中だからです。別にハブられているわけではない……はず、です……。

あ、時にアナニー入門ですが、メディアックスの公式サイトでは8刷までしかアナウンスされていませんが、
実は9刷まで行われています。5月上旬頃にかけると連絡ありましたので、と。

また、ニュースサイトやブログなどで相互アナニー入門が、アナニー入門、サイニー入門に続く第三弾、
ってな感じにご紹介いただくこともございますが、サイニー入門に私は関わっていません。
っつか、メディアックスの「入門書書籍シリーズ」ではアナニー入門が第一弾、サイニー入門が第二弾で、
オークスの入門書書籍では相互アナニー入門が第一弾、
私の尻穴弄り書籍シリーズだとアナニー入門が第一弾、相互アナニー入門が第二弾、
ってな感じになります。ややこしいですねぇw

まぁ、私が「アナニー入門の第二弾な企画(相互アナニー入門)を、違う版元に持って行った」から、
ンな良くわからんことになったのですが、と。
いや、だって「企画通せるとしたらかなり先だから他持って行ってもおk」って言われましたから、
他へ持って行ったのですわ。ちゃんと許可いただいて、持って行きました。円満(*´▽`)

ネット上の書店などショップさんでのお取り扱い状況や、私の最近および
今後の活動に関しては、過日20日のブログ記事にございます。  
Posted by k_hyaku at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月23日

芥川龍之介の命日である明日7月24日に尻穴相互姦淫入門書が発売。

搬入して即販売される早売りが行われる秋葉原などでは、搬入日である昨日22日が
実質的な発売日でしたが、正式な発売日は明日24日です。
そんなわけで、拙著『ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜』は明日発売です。

2010_07_23_01
なにも画像がないのは寂しいので、
先日は本とプロガスムでしたが、
今回は本とエイナス2およびアナルパールを
撮影してみました。

っつか、こうしてみるとエイナス2って
やっぱり結構大きいですね。
これが問題無く入れば、フツーに相互アナニーってか
肛門性交にゃほぼ支障ない尻穴ですわ。



さておき、アマゾンさんでは昨日「一時的に在庫切れ」となり、またランキング100位以内に入り続けているなど、
早くも多数のご予約いただき、また秋葉原などのリアル書店でお買い上げいただき、まことにありがとうございます。
なお、アマゾンさんの在庫は本日復活しました。昨日の時点でアマゾンさんから初期注文いただいた分は、
全て予約で埋まってしまったそうですが、すぐに取次通して追加がとか版元さんから聞きました。

っつか、アキバblogさんに再度ご紹介いただきってか、搬入日の秋葉原の状況レポートを拝見し、
メロンブックスさんで積まれているとか知り、それがまるっと残って返本されたらなどと、
チキンハートな私は脅えておりますw
いや、前のアナニー入門の時もでしたが、自著発売前後は不安に苛まれて物凄く気分が不安定になる、チキン野郎ですし。
チキンってなスラングにゃ「男娼」って意味も含んでいますが、臆病者の方で、と。
もとい、他にも徒然なる一日さんをはじめとした、様々なブログやニュースサイトにて
ご紹介やレビューなど話題としていただきまして、まことにありがとうございます。

本書は実践のご参考にしたいただくための入門書ではありますが、読み物的な意味でお楽しみいただいたり、
ネタ的に触れていただく、いやがらせ贈答品に用いるなど、どのような形であっても、
ご笑覧いただき、また話の種にしていただけるのは、著者として大歓迎であり嬉しい限りであります。

っつか、マジキチ、誰得、日本オワタ、アナニーちゃうわアナルセックスや、など色々と言われたり
ツッコミ入れられるのは、フツーに想定内ってか全く問題ねぇどころか、むしろ喜びでございますわw
実践参考だけが本の役割じゃござんせんしね。話題をご提供できたのなら、それも光栄なことですし、と。

あ、他のショップさんでのお取り扱い状況や、私の最近および今後の活動に関しては、
過日20日のブログ記事にございます。
っつか、発売日までに東方夜伽話へ新作を投稿したいとか、ついったーでは申しておりましたが、
やっぱり難しかったですわ(ノ∀`)
いや、ンな発売前後の気分不安定時期にゃ、そうそう二次創作作品書いたり出来ねぇ。集中力が普段より続かないですw  
Posted by k_hyaku at 21:11Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月20日

相互肛淫入門書の書店さんお取り扱い状況と、最近の活動。

そんなわけで『ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜』が、もうすぐ発売です。
早くもアキバblogさんではレビューいただいています。
はい、嬉しいお申し出を戴いたので、取次用見本の残部を版元に頼んで献本送りつけましたので、とw
拙著をレビューしていただき、まことにありがとうございます。

あ、著者献本も来ています。
届いたときに、とりあえずプロガスム(エネマグラ系のあれの中で最大のブツ)と並べて撮影しました。

futa_2010_0717_01
向かって左が拙著で、右がプロガスムです。
本の判型はA5判ですから、
こうしてみるとプロガスムの大きさが良く判りますね。

ええ、このプロガスムがスムーズに入って、
問題無く尻穴自涜が行えるなら、
本物ちんちんを咥え込んで
肛門性交も行えるでしょう、ってなぐらいの大きさ、と。




さて、現在のところショップさんでのお取り扱い状況は、

まんが王倶楽部さん→http://www.mangaoh.co.jp/catalog/227795/
とらのあなさん→http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0010/94/10/200010941029.html
Getchu.comさん→http://www.getchu.com/soft.phtml?id=687792

などでお取り扱いいただいています。
あと、もちろんアマゾンさんでもお取り扱いいただいていますが、アマゾンさんは未だ表紙画像が表示されていません。
まぁ、表紙はここに写真ありますし、他のショップさんでは表示されてますがね。

本の内容に関しましては、過日述べたとおり「相互アナニーの入門書」です。
はい、それ以上でもそれ以下でもない……はずです。
入門書とかハウツー本というと、技術的な事ばっかりと言う印象もございますが、
アナニー入門の時と同様、私が書くと心構えとか横道の雑学なども盛り込まれてる感じですw
っつか、ねぇ……「気持ち良いから、さぁやりましょう(*´▽`)」と言ったところで、
「そうだね。じゃあやるよ(*´▽`)」ってな風に、ほいほい出来る行為じゃぁねぇですし。
ハードルが高い行為であるならば、そのハードルを低くすべきでしょう。入門書なんですからw
「興味がある」ってな状態から「やっても良いな」と思えるように。お手伝いするのも入門書の役割だと私は思いますので、と。

今回の表紙や本文イラストなどは、

ゆうろさん(http://iuro.jp/
明誠助さん(http://aruio.mimoza.jp/
岡林べるさん(http://aimai.xii.jp/
シルエットさくらさん(http://haruka.saiin.net/~kuromitu/
ネムネムさん(http://syumatsusyorijou.sakura.ne.jp/
箕神北都さん(http://www015.upp.so-net.ne.jp/MTP/top.htm

こちらの6名の作家さんにご協力いただきました。まことにありがとうございます。

さて、最近の活動は……日常仕事ですねぇ。お盆進行近いですし。
ぼちぼちと例大祭SPの新刊を準備しつつ、東方夜伽話投稿用のを進めていたり、と。
商業で、また一冊入門書など書くとか、過日みたいに代原で掌編小説を書くなどは、
今のところ予定ありません。ええ、非署名や別名で記事書いたりはしてますが、
それらについてはお知らせしてもねぇ……色々と違いますしw

そのため、今のところ同人誌の最新刊は3月の例大祭で出した

例大祭7_012010年3月14日「第七回博麗神社例大祭」
新刊「Eyes of curse」
(サブタイトル:〜ホラーっぽいタイトルだけど単なる 尻穴エロです〜)

・レミリア×フラン、フラン×レミリアのアナルもの。18禁。
・なんかホラーっぽい風味ですが、単なる尻穴えろ小説です。
・どうして、こんな内容になったのかは良くわからないというか、
なんとなくフランちゃんを怖がらせたくなったので、とw

※内容詳細は今度の例大祭についてとか。にあります。

・委託
とらのあな




こちらです。あと、自前の新刊ではないですが、6月のとらまつりで箕神北都さんが出した、

sam_hyo1『フランちゃんの肛魔狂』
まりあな海溝企画・発行/箕神北都さん個人誌

フランちゃん無双な感じの尻穴えろまんが本。
異変解決の再現体験という名目で、フランちゃんがペニス生やして紅魔郷各面ボス
(ルーミア、チルノ、美鈴、パチュリー、咲夜、レミリア)の
アヌスを次々にファックしてゆくという、心温まるほのぼのアナルえろ。
一応、フラレミでレミフラ前提というか、らぶらぶスカ姉妹本でもあります。

※内容詳細は下記に。


・委託
とらのあなさん
メロンブックスさん


こちらで、ネタ出しや原稿作業お手伝いしました。
っつか、そのうち小説版とか言って、同じストーリーで書くかも知れませんw

東方夜伽話への投稿につきましては、"昨年の"5月で止まってます(ノ∀`)

2009年5月投稿「男の子になった日 夜」(レミリアとフランがショタ化。レミフラ。男の子同士アナルもの。18禁。)
2009年5月投稿「悪魔の豚」(レミリアとフランがオリキャラ男を。逆含むアナルもの。18禁)
2009年4月投稿「男の子になった日 夕方」(レミリアがショタ化。レミ咲。アナルもの。18禁)

そのため、上記三作が最新、と。

ああ、4月ってかエイプリルフールに、東方夜伽話が「東方男伽話」という企画やった際、
一日で二本ほど無理矢理書き上げて投稿して、お祭りにゃ参加しましたがねw
ページが企画特設で、もう見れないっぽいからリンク張りませんが、
「穢された大銀杏 〜雄膣に変えられた排泄孔〜」という、人里の力士(オリキャラ男)が紅魔館へ出稽古に来て、
ショタ化したレミィに尻穴を犯されるってな、耳から脳味噌がこぼれ落ちそうな作品と、
「男の子になった日 その後」という、ショタ化したレミリアおぜうさまが朝勃ち利用して、
ベッドの上でオナニー(アナニー含む)をするってな作品の二本、と。

まともに夜伽話に投稿するのは……なるべく近いうちにしたいですね。
一応、書き途中ってか「もうすぐ上がりそう」なのはありますので、最悪でも今年中には。  
Posted by k_hyaku at 19:08Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月06日

ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜

考えたら、ブログでは言ってませんでしたが、二冊目の単行本が出ます。今月下旬にw
タイトルは『ふたりでできるもん〜オトコのコのための相互アナニー入門〜』です(*´▽`)
はい、ひとりでするアナニーの次は、ふたりでする相互アナニーってなわけで、と。
『ひとりでできるもん 〜オトコのコのためのアナニー入門〜』とは、
発行元が異なりますってか、違う出版社から出ます。
はい、今度の本はメディアックスではなくオークス(オークラ出版)が版元です。


カバーの見本は、このhuta_hyo1_4_2とおり。
既に原稿全部上がり削りとか校正も終えて、
7日水曜日が下版で、15日の取次見本、
22日の搬入、24日の発売をつばかりという状況ですわw
アマゾン他のネット書店などには、
まだページが出来ていないようです。





さて、本の内容は相互アナニーの入門書です。
相互アナニーとは「他者の操る指や舌やペニスや道具によって尻穴を弄られたり犯されたりしてお互い気持ち良くなる行為」
というか「アヌスを用いて他者と快感を与えあう行為全般」を指す言葉ですわ。 ひらたくいうと、アナルプレイとか肛門性交や尻穴ファックなどですね。
男同士でやっちゃっても、いわゆる同性愛行為とは異なるから相互アナニー、と。

追記。ブログ書いて数時間後に、まんが王倶楽部さんでの注文取り扱いがはじまりました。
前のアナニー入門の時も、アマゾンより早くってか最も早く開始していただき、まことに有り難いですわ。
他の書店さんでの取り扱い開始や本の内容に関してなどは、明日以降に随時。

7月20日追記:アマゾンさんでも取り扱い始まりました。  
Posted by k_hyaku at 20:00Comments(0)TrackBack(0)