2007年02月24日

「ハゲタカ ゴールデン・パラシュート」

これ、まさかの最高水準の出来なのでは?
まったく知識のない世界なのに惹きこまれますなぁ。

ホライズンの鷲津の次のターゲットは債務超過に陥っている「サンデートイズ」だ。鷲津はメインバンクの三葉銀行以外の銀行が抱える債権を買い漁り、最大の債権者となる。
芝野も再建策を講じるがワンマン社長は聞く耳を持とうとしない。
鷲津は一族経営の「サンデートイズ」の経営陣の1人、息子に狙いを絞り経営陣の退陣の引き換えに多額の割り増し退職金を用意するという「ゴールデン・パラシュート」を打診する。

なんか今回で後半まで引っ張ると思われた芝野が鷲津に言ったことが明らかになりました。記者である三島のエピソードも含めてちょっと手垢がついた感じがするのですがそれも実力派が演じれば見ることができます。


今回のターゲットとなった「サンデートイズ」は玩具の老舗メーカーなのに社長が会社を私物化している。なんかよく聞く話ですよね。
一般的には有名な会社の実情は・・・というのは最近でもよくある話だし。
でも休日返上で自宅(社宅名義ですが)の庭の掃除を社員にやらせるなんてみんな辞めるだろう、普通。
社長を演じた冨士眞奈美さんは貫禄ある演技でした。図々しい姿が本当っぽく見えました。来週も「サンデートイズ」話は続くようで楽しみ。
でも鷲津が「働かないで株の配当だけで暮らせるよ」みたいなことを言った時ににやけた息子が次期社長って大丈夫なのだろうか。会社名義で買い物もあそこまではしないだろうし、社長も名ばかりだろうからいいけれど。

後半は鷲津にいつもしてやられていた芝野が巻き返しました。
かつて部下だった鷲津を心ならずも追い込んだのは自分の発言だったと知り驚くが、前回登場の西乃屋の息子の居場所を訪ねたことで決意を固めて、ホライズンを出し抜く。
ここでは松田龍平さんの演技が良かった。銀行を雨の日の傘に例える話はけっこう有名なのですが彼が言うとなんか新鮮に聞こえました。言うようには見えないからか。
それと鷲津と芝野の会話で「ねじの下請けの下請けの下請けはどれだけ働いてもそのメーカーの車には乗れない」みたいな会話や鷲津が三島の名刺を捨てられずに引き出しに溜めてしまう描写が印象に残りました。それにしてもあんなに引き出しがスッカスカのところがあるビジネスマンっているんでしょうか?

なのに芝野が鷲津を呼び止めるシーンや三島が鷲津を追いかけるシーンはいつも一緒のパターン。これは狙い?前者は別に良いとして後者の場合、有能な記者なら別の手を考えた方がいいのでは?と思ってしまいます。
あとすごく気になったのは、鷲津は自分の名前のはずなのに「津」の書き順間違ってますよね・・・。毎回気になるのは鷲津の部下のアラン。なんか再現ドラマみたいなっちゃってませんか?

<今回初登場のキャスト>
今回も豪華だったわ〜。
・冨士眞奈美さん(大河内瑞恵役・サンデートイズ社長)
・小林正寛さん(大河内伸彰役・瑞恵の長男・サンデートイズ専務)〔青年座〕所属の役者さん。近年ではドラマ「白い巨塔」の財前教授側の医局の安西役が印象的でした。(伊藤英明さんの先輩役)「仮面ライダーカブト」にも出ていました。今回は怯えながらも母を退陣させる息子を公演。
・岡本信人さん(百瀬敬一役・サンデートイズ専務)
・菅原大吉さん(大河内真也役・瑞恵の義弟・サンデートイズ常務)ちょっと頼りない暖かいおじさんを演じていることが多い気がします。ちょっと前までCM「ファブリーズ」に出演していました。奥様はピンクの電話の竹内都子さん。今回は決断する役員を演じています。
・渡辺哲さん(三島健一役・三島由香の父)前回ではまともに顔が映ってませんでしたので。渡辺哲さんの娘が栗山千明さんですか。強面の役者さんです。ベテラン刑事の役や工場主などの役が多いです。大河ドラマ「功名が辻」では一領具足の長を演じるなど本当にたくさんの作品に出演されていますが、私が1番印象に残っているのは映画「HANA−BI」で北野武さん演じる刑事が車を警察車輌に見えるように塗装するのを見守るスクラップ工場の主の役です。
・村松利史さん(木下役・サンデートイズ課長)着ぐるみを着させられた悲しき課長を演じていました。そのインパクトの強さでバラエティーにも出演されています。映画「刑務所の中」では山崎努さんの同房の1人を、映画「NANA」では不動産業者を演じていました。
・山本浩司さん(サンデートイズ社員役)記念パーティーでドリンクのカウンターにいた社員の役で草むしりもしていました。映画「どんてん生活」「ばかのハコ船」「リアリズムの宿」で知られる個性派俳優。最近は映画「酒井家のしあわせ」で友近さんの実家の仕事をしていない弟役、映画「それでもボクはやってない」では加瀬亮さんに暴言を吐く傍聴マニアを演じていました。



k_k2911 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)ドラマ(NHK) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字