魚屋のたわごと、ざれごと、ひとりごと

たわごと(戯言)と、ざれごと(戯言)って同じ漢字ですね。

腹の青いヒラメ
魚市場のセリに掛けられていた天然ヒラメの写真です。

魚を取り扱う業者の間ではこの写真のような腹の青いヒラメは敬遠されるものですし、私もこのようなヒラメは見かけても相手にしないのですが、今回はあまりにも見事な青色だったので写真を家族に見せて「腹の青いヒラメ、珍しいでしょ?」「このヒラメの腹はなぜ青いと思う?」と質問してみました。
すると、「泳いでいる場所とか?」「食べる餌の色?」「そういう種類?」など幾つかの答えが返ってきましたが全て外れ、子供たちも妻もヒラメの腹が何故青いのか判りませんでした。

近年、家庭で丸のままの魚を捌かない人が増え続けているせいで、魚屋でも魚は頭と内臓を取って下処理したものや切り身にしたものが販売の中心となっているのでこのような腹が青い魚を一般の買い物客が目にする機会は殆んど無くなってしまっています。
逆にこのような腹の青くなってしまった魚を陳列している魚屋がいたらそれはそれで好ましくない事なのですが、白い腹の新鮮な魚を陳列していても夜には腹が青くなる事はあります。

結論をいうと、ヒラメに限らず通常白いはずの魚の腹が青くなっているのは魚の鮮度が落ちてしまって、内蔵が溶け始めていることを意味します。
何故青くなるのか? 自分で検査して原因を特定したわけではないのではっきりとは断言できませんが、魚の内蔵で青い(又は緑色)部位といえば胆嚢ですから、胆嚢が溶けてしまって胆汁が流れ出た事が青色の原因だと考えられます。
魚の胆嚢は苦玉(にがだま)などとも呼ばれ、新鮮な魚でも捌くときにうっかり潰してしまうと青緑色の胆汁が流れ出て魚の身が緑色に染まります。

では、この写真のヒラメは古くて腐っているのかというと、漁師が市場のセリにかけたくらいですから前日に獲れたばかりのはずなのです。
よほど痛みやすいか発酵しやすい餌を食べたために、胃の内容物が腐蝕又は発酵して内蔵が溶け始めたのでしょうか。
もしかしたら魚が何処かにぶつかって胆嚢が破裂した可能性もあります。

それで食べられないのかというと、内蔵が触れている部分は腐っているのとは違う? 胆汁の? 強烈な臭いが染み付いていますから腹から頭にかけては食べられませんが、背中の身は臭いが移っていなければ食べることができます。
腹側の身は、青くなった部分よりも広範囲に臭いが移っていますから食べられるのは尻尾付近だけです。

結局このようなヒラメは ただ同然の価格になりますが、それでも誰も買わないときには廃棄されることになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年2018年の台風21号による高潮で関西空港の滑走路が冠水、そして風にあおられたタンカーが関空への連絡橋に衝突するというあり得ない被害の様子が連日テレビのニュースを賑わせて、やっと落ち着いたと思ったら今回の台風24号、さらに続いて発生した25号も同様の進路を取りそうなので再び関西空港の滑走路が冠水するのか気になるところです。

ところで、関西空港は何もない海上にずらりと杭?を打ち込み埋め立てられた人工島の上に建設されています。
海水で満たされている場所を囲って(海水を排水して)土砂を放り込んで埋めたのですから、地面の下は地下水というか海水まみれの緩く柔らかな地盤?となっていて、埋め立てた土砂の重さや空港設備の重さによって徐々に地盤が沈下します。
当然そんなことは承知の上で空港を建設したのですから地盤沈下への対策が取られているのですが、その方法が凄いのです。
空港の地下に巨大な空間がある!というか、初めから人工の島ですから埋め立てた地盤の上に超巨大な油圧ジャッキをずらりと並べてその上に滑走路を建造しています。
つまり、最初から想定されていた地盤の沈下によって滑走路が波打たないように巨大なジャッキを地盤沈下に合わせてコントロールしながら伸ばすことで滑走路を支えているのです。
ニュースでは関空の地盤沈下が今回の冠水の原因のように報道していましたが、空港建設当初からこのように地盤沈下は想定されていましたから、想定外だったのは今回の強力な台風による高潮の方だったのでしょう。
関西空港の管制塔
(写真は関西空港の管制塔、Googleマップのストリートビューからコピーしました)

私は関西空港の建設中に、奄美~関空までの関西エリア全体の空港設備の異常を関西空港でまとめて把握するためのソフトウェア開発に携わっていたので、この写真の管制塔とつながっている中央の建物に勤務していました。
当時、関空の地下を支えるジャッキの模型と説明文がこの建物の入り口付近に展示されていましたから、おそらく現在でも空港のどこかにその模型と説明が展示されているはずです。

さて、関西空港冠水のニュースを見ていると懐かしい記憶が甦ると同時に気になるのがこの巨大な地下空間のことです。

テレビの映像では滑走路全体が水没しているようでしたし、空港ターミナルビルにも浸水したようですからその下の巨大な地下空間と巨大なジャッキ群は水没しなかったのか? 海水は入ったはずだから、それだけの巨大空間の排水状況はどうなってるのか?など気になっているのですが、台風21号による関空の被害状況を解説する番組では私が見た限りではこの地下空間には全く触れられていませんでした。

もしかすると、このような海上空港ですから高潮による冠水や水没も最初から想定されていて、この程度の被害では滑走路の地下には海水が入らないように設計されているのかも知れませんが、この巨大な地下空間のことが少し気になっているのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

魚を取り扱う業者や魚料理をする人達の間では常識的な事なのですが、魚の身には上下があります。
カンパチの入った箱
上の写真は箱詰めされて市場に並べられたカンパチです。
良く見ると左側の列の二尾は腹が手前を向いていますが、右側の列の二尾は腹が上を向いています。これは全ての魚が同じ面を上に向けるように並べられているのです。

このように、魚を並べるときには頭を左側に向けたときに腹が手前に来るように並べます。
和食の盛り付けでも、同様に魚の頭が左側を向くように盛り付けます。
このとき上側になる身を上身(うわみ)、下側になる身を下身(したみ)と呼びます。
カンパチ上身と下身
この上の写真はカンパチを3枚下ろしにした腹の身の内側です。
写真の上が上身、下が下身ですが、拡大して良く見ると身の色が違うことに気付くはずです。
活き締めしたときの血抜きが充分に行われていなかったのだと思われますが、血液が魚体の下側に降りてくるので、このように下身に血が集まって上身よりも赤くなることがあるのです。

小さな市場では大きなマグロをいくつかに分割した状態で競る事がありますが、そのとき魚屋さん達は上身なのか下身なのかを気にして買値を上げ下げすることがあります。 魚の状態にもよりますが、マグロのような大きな魚の場合には体重の重さで下身が割れて(肉離れの状態になって)いたり、前記のカンパチのように血が集まって、場合によっては血栓ができていたりすることがあるからです。
2018-09-04 05.50.15-1
魚屋の店先で氷の上に並べられたりパック詰めされたりしている魚を観察すると、小さすぎる小魚やパック詰め時の見栄えを気にして敢えて逆向きの魚を混ぜている等の例外を除いて、ほとんどの魚が左向きに並べられています。
惣菜屋さんや、料理屋さんで頭の付いた魚料理が出されるときにも同じように必ず魚は左を向いているはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ふと顔を上げると、前方に珍しい十文字の飛行機雲。
本当に珍しいのか? 気付かないだけで以外とよくある風景なのか? 
それはさておき、私の記憶では長い人生のなかで初めて見たように思えるので慌てて写真に収めました。
2018-09-22 12.39.55-1
子供たちに見せたら、「エヴァンゲリオンの使徒の爆発みたい!」って喜んでました。
使徒の爆発ってこんなだったっけ?
逆さまに見ると似てるような?


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

中学生の次男君が、「ヤギ(山羊)とヒツジ(羊)はどう違うの? 山に居るのがヤギで、平地に居るのがヒツジってだけの違い?」
と質問してきたので、「悪魔を呼び出す時に捧げるのがヤギで、神様に感謝して捧げるのがヒツジ」って教えました。(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる法案が今年の春に成立しました。
実際に施行されるのは2022年4月からの予定ですが、私が大丈夫か?と心配しているのが成人式についてです。
2022年の4月施行ですから、2022年に20歳になる人達は1月に成人式を済ませていることでしょう。
ところが、2023年に20歳になる人達は当然成人式をしていませんし、2023年に19歳になる人達も成人式をしていないでしょう。
もしも、この翌年に20歳と19歳になるグループが、翌年18歳になるグループと一緒に成人式を行うことになれば2023年にだけ例年の3倍の人達が一斉に成人式を行う事態になるかもしれません。
そのような事になれば、今年大騒ぎしたレンタル衣装『はれのひ』事件どころではなく日本中で晴れ着が不足する事も予想されますし、成人式の会場も例年通りでは無理があるでしょう。
業者や当事者やその家族まで2023年の成人式に関わるすべての人達が、その年だけ突然3倍に増える新成人のために頭を悩ませることになりそうです。

そんな事態を回避するにはどうすれば良いのか? について少し考えてみました。法律が施行されるのは4月ですから、先に書いたように、2022年に20歳になるグループは法律施行直前の1月に成人式を終えています。 そして2022年に18歳と19歳になるグループの成人式を2022年のうちに、真夏は振り袖が辛そうなので秋に行ってしまうのが良いと思えます。それでも例年の2倍の人数の成人式になりますが、3倍よりは良いでしょう。

そして翌2023年に新成人(新しく18歳になるグループ)のための成人式を例年通り行うのですが、18歳といえば大学受験や入学式がありますから今まで通り1月に成人式というのは無理がある事は明らかです。
そこで、前年の18歳と19歳のグループの成人式を行ったのと同じように秋に成人式を行い、その流れをそのまま新しい成人式の日程として定着させるのが良策ではないかと勝手に考えているのです。
そうなると、成人の日も秋に移動した方が合理的な気がするので、これもいずれ法改正する可能性は充分あると思えるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

室内に干した洗濯物に、なにやら恐ろしげな顔が見えるんだけど。ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ
DSC_1851

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ